起業育 ™ に教育オンラインサロンを開設しています。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

起業育 ™ に教育オンラインサロンを開設しています。

起業育 ™ 大野圭司

本日、44歳になりました!天命を全うするまで残り56年!!今朝、出勤中に妻から「お誕生日おめでとう。それだけだよ〜」という電話がうれしくて、車でうるうる。「慶子と最高にハッピーになれる1年にするね!」と伝えました。ふたりで一つの人生を歩んでいると思っています。

さて近況ですが、「起業育 ™」を2022年1月7日に商標出願しました。7月に特許庁へ登録予定です。起業育 ™ とは、「挑む、稼ぐ、世界を変える」という意志を持つ子どもたちを育む教育です。

起業育 ™ のロゴマーク

わたしが15歳で、周防大島町(旧東和町)の自治体経営に疑問をいだいてから29年が経ちました。コロナ騒動以降、世の中をより良くする役割を担うリーダーたちの意思決定に、憤りや違和感を感じ続けています。

ですが、この状況をつくっているのはわたしたち。わたしたちの意思決定の鏡現象です。意思決定権を持つリーダーを選ぶのも、リーダーになるべく立ち上がるのも、それを支援、応援するのもわたしたちです。だから、わたしたちの行動を変えることで、地域も社会も、そして未来を変えることができます。

でも、それがむずかしい。。

なぜなら、きちんとした人になる教育が優先され、個性と才能を爆発させる教育が後回しになっているからです。その教育で、わたしたちは大人になったからです。不登校児童生徒が19万人、N高等学校・S高等学校が2万人(国内最大の学校)になっているのは、きちんとレール優先教育を、多くの子どもたちが求めていないという証です。(ここに大きな市場があります。)

では、ジブンノオトができること。それは、この記事を読んで、「そうかも、わたしにできることあるかも。」と思った人と人をオンラインでつなぐことです。すぐには会えなくても、知恵と経験を共有することで、わたしたちの行動の品質を高めることができます。

そのために、起業育 ™教育オンラインサロンを開設しています。1年半で8名の小規模サロンですが、教育に高い関心を持ち、起業や副業を実践されている個性と才能にあふれたメンバーばかりです。(それがサロンの魅力です。)

サロンメンバーを紹介します。もしよかったら、オンラインで語り合い、学び合い、成長のきっかけを共有しませんか。アクセスをお待ちしています!

教育オンラインサロン「探究島」
https://kigyoiku.jp/online-salon

嵩山から周防大島の未来を望む


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ぶち(とても)うれしいです!
起業育 ™ 大野圭司
100年続くふるさとをつくる。瀬戸内のハワイで町立大学の創設を目指すキャリア教育デザイナー。周防大島(山口県)にUターンし株式会社ジブンノオトを創業。中小企業庁「起業家教育 協力起業家」。4児の父として小中高でPTA会長を歴任。趣味はトレーニング。妻と月1デートがモチベーション。