カレンダーストーリーズ

29
記事

『カレンダーストーリーズ』最終月   13月「パズルの獣」【掌編小説】

その獣はジグソーパズルが大好きだった。小さな手でピースを掴んでつなぎ合わせていくんだ。もちろん獣だからね。わかってなんかいないよ。ぐちゃぐちゃだよ。ひとつひとつ根気よくくっつけて、ピースとピースを探し当てる。エサの時間も忘れて没頭するんだからね、大したものだよ。

 そうだなあ、普段は百ピースとか、多くても三百ピースくらいのやつを与えてやるんだけどね。その日のわたしは少し意地悪な気分だった。仕事も

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』ウラ5月 「若葉が薄氷の上で」         【小説】作:藤井 硫

“もし、今君が歩いているところが薄氷の上だったらどうだい?もう少し慎重に歩くだろうね。 今、僕達が立っている所はコンクリートだけど、しかし、薄氷と何ら違いはないんだよ ”

1

 深夜一時半。毎日繰り返す他愛ない会話が終わり、彼女との電話を切って僕の一日が終わる。四時間程睡眠を取り、朝六時半には目が覚め、七時半には家を出て、八時十五分には始業開始のチャイムが鳴る。終業のチャイムが鳴ってもタイム

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』オモテ5月「風船売り」            【掌編小説】作:丘本さちを

見上げれば吸い込まれそうな青い空だった。こんな天気の良い日曜日には、風船売りがやってくるかもしれない。僕は期待に胸を膨らませていた。

 風船売りはもちろん風船を売るのが仕事だ。でもそれは表向きの話。風船売りの風船には、街中で囁かれた言葉が詰まっている。良い言葉も悪い言葉も、真実も嘘も噂話も。僕の弟は風船売りの風船につかまったまま、どこかへ飛んでいってしまった。お父さんもお母さんも早く手を離しなさ

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』ウラ4月 「人木(花→葉)」         【イラスト】作:ヒフミ ヨイ

ウラ4月「人木(花→葉)」作:ヒフミ ヨイ

cover design・仲井希代子(ケシュ ハモニウム × ケシュ#203)

*『カレンダーストーリーズ』とは…"丘本さちを"と"毎月のゲスト"が文章やイラスト、音楽などで月々のストーリーを綴っていく連載企画です。第一月曜日は「オモテ○月」として丘本の短編小説が、第三月曜日は「ウラ○月」としてゲストの物語が更新されます。

※2016年 10月の更

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』オモテ4月「猫に乗る」            【掌編小説】作:丘本さちを

大きく吸い込んだ息をゆっくりと吐き出すと、私の体はだんだんと小さくなっていく。風船が萎んでいくみたいに。部屋の天井がゆっくりと高くなり、テーブルの脚が視界に入ってくる。緑色のカーペットの毛並みは草原のようにどこまでも続いているし、開けっ放しの掃き出し窓から春の砂まじりの風が吹き込んでくる。

 四月の空はどこかマゼンタの差す柔らかな青空だ。

 リオネルの白い毛に包まれた前脚が目の前に現れる。この

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』ウラ3月 「彼岸問答」            【掌編小説】作:小泉清美

むせ返るような若葉の香に、時折混じるきな臭さは、まるで頚木のようだ。
 徐々に強さを増すそれは、この身から歩む気力を奪うようで、私はついに立ち止まった。

 強く閉ざした双眸の力を緩めると、眼前の暗闇はまぶたの向こうより差す春の陽に一掃される。
 まぶたの中の白き世界にしばらく佇んだあと、私は意を決し、そろりと目を開いた。

 すると再び、私の視界は黒で埋まる。

 我が前に広がるのは、うららかな

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』オモテ3月「三月の神隠し」          【掌編小説】作:丘本さちを

三月になると私は神隠しに遇う。季節の変わり目は空気が入り交じるから、冬のシベリア気団と春の揚子江気団の間に挟まれて、私の体は世界の裏側へと滑り込んでしまうのだ。

 季節の間の世界はとても静かだ。あまり風も吹かないし、音も響かない。空には小動物のようにうずくまった雲がぽつりぽつりと浮かんでいるだけ。口笛を鳴らせばどこまでも響いていく。半日もすれば地球を一周して頭の後ろから聞こえてくるくらいだ。

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』ウラ2月 「ハルノハナ」           【音楽】唄:林村ゆかり 詞:丘本さちを 曲:yamaguchi akihisa

「ハルノハナ」

(JTBミュージックからのCDリリースに伴い、歌詞の掲載を取りやめいたしました)

ウラ2月「ハルノハナ」/唄:林村ゆかり 詞:丘本さちを 曲:yamaguchi akihisa

cover design・仲井希代子(ケシュ ハモニウム × ケシュ#203)

*『カレンダーストーリーズ』とは…"丘本さちを"と"毎月のゲスト"が文章やイラスト、音楽などで月々のストーリーを綴って

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』オモテ2月「ガラスの凍る丘で」        【掌編小説】作:丘本さちを

初めて見る町の夜景が僕の旅情を掻き立てた。兄の住む家は小高い丘の上にあって、冷たい向かい風に逆らいながら僕は坂道を登っていった。

 六年ぶりということになる、兄に会うのは。

 十も歳の離れた兄は、母親と起こした諍いがこじれて家を出て行った。その頃の僕はまだ小学生で、兄と母の激しい口論を怯えながら聞いていた。暴力が振るわれることは無かったが、それに近い傷をお互いが負っていた。そしてもちろん僕も傷

もっとみる

『カレンダーストーリーズ』ウラ1月 「夜の散歩で彼は」         【短編小説】作:三畑幾良

ヨハンの話をしよう。

 父に連れられて我が家にやってきた彼に私が出会い、当時ページが擦りきれるまで読みふけっていた小説の作者にあやかってヨハンという名をつけた時、私は十五歳だった。

 生後三ヶ月の彼は既に、聡明なジャーマン・シェパード・ドッグの性質を見せていて、父や私が教えたことはすぐに覚えた。「座れ」や「伏せ」もトイレの位置も、あっという間に習得した。

 しかし「お手」を教えようとした時だ

もっとみる