1948_私はプラズマという概念を知らなかった

1.固体・液体・氣体はむしろマイナー存在

①:私は、理科の授業で習いました。水は、凍らしたら固体になるし、普段は液体の状態で、沸騰させると氣体に変わると。馴染みの物質は、ほぼ固体・液体・氣体のどれかの状態であると幼少期に解釈したため、固体・液体・氣体で世界がほとんど世界が構成されているという信念体系を作ったことになります。水の沸点は100度と教えられました。実際に実験もしたと思います。この教えら

もっとみる
キタ――♪ o(゚∀゚o) (o゚∀゚o) (o゚∀゚)o キタ――♪
7

N氏とO氏、ホームにて【掌編小説】

夜。地下鉄のプラットフォーム。

時刻は午後の十一時をまわっていて、ひと気がない。

スーツを着た四十代のサラリーマンN氏とO氏が、お互いに顔を見合わせて驚く。

N氏「あー、どうも」

O氏「あー、どうもどうも」

N氏「お久しぶりです」

O氏「こちらこそ、お久しぶりです」

N氏「何年ぶりになりますか?」

O氏「五年ぶり……くらいですか?」

N氏「え? そんなに経ちますか?」

O氏「あ

もっとみる

故郷に海ができる【掌編小説】

 あなたゴルフする? あたしはしない。でも穴のことなら分かる。ほらグリーンに空いているまあるい穴。あれって不思議な大きさよね。大きすぎもせず、小さすぎもせず。他の何にも似ていない穴。すごく的確な空洞。

 パパが開けた穴もちょうどそれと同じくらいの大きさの穴だった。
園芸用のスコップを持っていきなり庭の畑を掘り始めたの。畑っていっても趣味(というかパパの暇つぶし)の家庭菜園用だから、全然猫の額みた

もっとみる

昔の家【掌編小説】

そう言えば昔こんなことがあってね。

あなたが生まれる前、この家に引っ越してきたばかりの頃。

知らない男の人がピンポン鳴らすのよ。

最初は新聞屋かと思って、追い返そうとしたんだけど、様子が変なの。

ちょっと障害があるっていうのかな。

言葉も覚束なくて、何を言っても要領を得ないの。

気味が悪いけど「どうしたんですか?」って聞いたらね。

その人、昔この家に住んでいたっていうのよ。

あっと

もっとみる

悪魔【掌編小説】

悪魔はレンブラントの肖像画に出てくるような立派な身なりをしていた。

まるで中世の昔からそこにいるようだった。

イタリアの小さな村の十字路に、何百年も立ち続けているのだろうか。

村人達は悪魔を一瞥もせずに目の前を通り過ぎていく。

ただ一人、村の画家だけが悪魔の姿を認め、それを絵に描いた。

絵を見た村人達はその不吉さにおののき、画家の首を撥ねた。

悪魔は今でも村の十字路に立っている。

第25回文学フリマ東京に出店します。

思い立って2年ぶりに文学フリマに出店します。
新刊『不可思議な掌編集(ハナシ)』と既刊の往復書簡シリーズの販売になります。

Eテレ『100分de名著』のアニメーションを担当している
ケシュ#203(http://www.kesyu.com/room203/index.html
のビジュアルブック『にっぽんトワイライトばなし』も同じブースで再販売します。

お時間のある方はぜひ足をお運びください

もっとみる

大晦日の夜【掌編小説】

大晦日の夜。

こたつに大人達が集まって年を越そうとしている。

まだ子供だった、兄、私、弟は、除夜の鐘を聞こうと意気込んでいたものの、早々に寝床で布団をかぶってしまった。

眠い目をこすりながら小便に立った私は、障子の向こうで親戚の誰かが父と母にこう言ったのを聞いた。

「子供の内で、誰が一番かわいいか?」

父は田舎のオヤジらしく「長男だ」と言った。

母は優しい声で「やはり末の子がかわいい」

もっとみる

部屋の写真【掌編小説】

彼の部屋にはおびただしい数の写真が貼られている。
本当におびただしい数だ。

貼られているというより、幾重にもかさなった写真の下に壁が塗り込められている、と言ったほうがいい。

彼は写真家を目指しているのだ。

彼には大きな情熱があった。

しかし、その情熱の器の中に才能は満たされてはいなかった。

それでも彼は毎日写真を撮って部屋に貼り続けた。

何十年かが経った。

彼は写真家にはなれなかった

もっとみる

ポラロイド【掌編小説】

 ベッドの上にはまだ男の跡が残っていた。シーツの皺や、汗の湿り気が朝方までここにいた男の存在を示していた。起き上がって下着を身につけ、窓から無遠慮に入ってくる夏の光線を鈍い頭でずっと見ていた。
 床には憶えの無いポラロイドカメラが転がっていた。きっと男が忘れていったのだった。手に取ってシャッターを切るとフラッシュが焚かれた。薄暗い部屋が写真一枚分の時間、白くなった。吐き出されたフィルムに、昨夜の名

もっとみる

ペンギンの夢【掌編小説】

眠りに落ちると私はまた夢の中でペンギンに生まれ変わっていた。

南氷洋の水は密度の濃い碧色で、分厚い雲のような氷の下を私は仲間達と泳ぐのだ。

ペンギンは悩める哲学者である。

その悩みとは詰まるところ「鳥であるのに飛べない」という一言に尽きる。

ペンギンたちはそのアイディンティティの欠如、コンプレックスと向き合う煩悶、絶望と希望の輪廻に身をシロクロさせながら、氷の海を泳ぎ続けるのである。

もっとみる