ケシュ ハモニウム

謎の集団ケシュ ハモニウムの公式アカウントです。只今丘本さちをと毎月のゲストが文章やイラスト、音楽などで月々のストーリーを綴っていく連載企画『カレンダーストーリーズ』を連載中!刊行本『往復書簡 傑作選』と『続 往復書簡 傑作選』もよろしくお願いします!

『カレンダーストーリーズ』最終月   13月「パズルの獣」【掌編小説】

その獣はジグソーパズルが大好きだった。小さな手でピースを掴んでつなぎ合わせていくんだ。もちろん獣だからね。わかってなんかいないよ。ぐちゃぐちゃだよ。ひとつひとつ…

『カレンダーストーリーズ』ウラ5月 「若葉が薄氷の上で」         【小説】作:藤井 硫

“もし、今君が歩いているところが薄氷の上だったらどうだい?もう少し慎重に歩くだろうね。 今、僕達が立っている所はコンクリートだけど、しかし、薄氷と何ら違いはない…

『カレンダーストーリーズ』オモテ5月「風船売り」            【掌編小説】作:丘本さちを

見上げれば吸い込まれそうな青い空だった。こんな天気の良い日曜日には、風船売りがやってくるかもしれない。僕は期待に胸を膨らませていた。  風船売りはもちろん風船を…

『カレンダーストーリーズ』ウラ4月 「人木(花→葉)」         【イラスト】作:ヒフミ ヨイ

ウラ4月「人木(花→葉)」作:ヒフミ ヨイ cover design・仲井希代子(ケシュ ハモニウム × ケシュ#203) *『カレンダーストーリーズ』とは…"丘本さちを"と"毎…

『カレンダーストーリーズ』オモテ4月「猫に乗る」            【掌編小説】作:丘本さちを

大きく吸い込んだ息をゆっくりと吐き出すと、私の体はだんだんと小さくなっていく。風船が萎んでいくみたいに。部屋の天井がゆっくりと高くなり、テーブルの脚が視界に入っ…

『カレンダーストーリーズ』ウラ3月 「彼岸問答」            【掌編小説】作:小泉清美

むせ返るような若葉の香に、時折混じるきな臭さは、まるで頚木のようだ。  徐々に強さを増すそれは、この身から歩む気力を奪うようで、私はついに立ち止まった。  強く…