佐藤謙太(ちば食べる通信)

両親の実家の岩手でトンネルが開通、街の流れが変わり、街づくりに興味を持った高校時代。「ジャパニーズドリーム」に感化され、起業に興味を。食を通じて、地元千葉、岩手への恩返しを開始。6歳の息子と奥さんの3人家族。ちば食べる通信編集長 https://chibataberu.com/
  • 商品の画像

    ちば食べる通信 Tシャツ(2021年バージョン①)

    カラーは白、サイズはSから4Lまでご準備いたします。 複数のサイズをご注文いただくことも可能ですので、メッセージいただければと思います。
    2,500円
    chibataberu
  • 商品の画像

    ちば食べる通信 | 山武市梶さんが育てる「いちご」 | 2021年1月号

    山武市の梶茂樹さんを特集した2021年1月号です。 食材は「いちご」どうやっていちごは育つのか、知らないいちごのことを知ると、もっとおいしく、そしてその価値を感じていただけると思います。 A4カラー20P
    800円
    chibataberu
  • 商品の画像

    ちば食べる通信【創刊号】 多古町の萩原さんが育てる多古米

    ちば食べる通信の創刊号です。 幻の米と言われる、多古米。 農家を継ぐ人が減る中、なぜ萩原さんは継いだのか。 また、なぜ萩原さんが作る多古米はおいしいのか。 その秘密と魅力に迫ります。
    800円
    chibataberu
  • もっとみる

プレスリリースに載せた文章|ちば食べる通信7月号は船橋市松本新吾さんの「ホンビノス貝」が約2キロも付いてくる!生産者と食…

船橋のホンビノス貝は、とんでもなく旨かった!漁師のこだわりがその旨さを産むということを知ってほしい。今回は、ちば食べる通信初めての魚介に挑戦です! 「知って食べ…

7月号はホンビノス貝。僕らがやりたいのは生産者と食べる人の間を埋めること

ちば食べる通信の7月号は船橋市の松本新吾さんのホンビノス貝です。 毎回こだわりの生産者さんの食べ物をお届けしていますが、毎回「おいしいってスゴいなー」と思ってい…

5月号の発送を終えて、誌面づくりで大事にしていること

5月号の旭市 奈良さんのきゅうりの発送が終わりました。 今回の発送は、僕は最初と最後だけで、あとは奈良さんご夫妻がやってくださいました。 取材から、色々な準備、宣…

ちば食べる通信5月号〜読者さんへの手紙〜「土づくり」

毎月、冊子と一緒にお手紙を作成してお送りしています。 冊子は、印刷もあるので、発送の少し前には入稿してますが、手紙については、結構直前まで何を書こうか、その時に…

どうやって食べてもらうか、入ってもらうか最初がとにかく難しいので、色々と考えてみたので、特に千葉県の企業の方に相談したい…

僕が大学生の頃、松戸の牛角は2時間待ちが当たり前だった。地下1階のお店に行列ができていて、なんだろうなと思い入った。 そして、その数年後に、僕は牛角に仕事に関わる…

小さい頃になりたかったものになっているかもしれない

小さな頃って、将来の夢を書くことが結構あったと思う。 実際に自分がなりたかったものを思い出してみると、 小学生の時は新聞記者 中学生は商社マン 高校生はAD(多分、こ…