かやまん(佳山光徳)

京都市伏見区の醍醐界隈で不動産屋プラスホームを経営してます。 自分にとってのnoteの新しい使い方を見出そうと毎日noteを宣言し、noteを書く事で小心者の自分自身の挑戦を促し、自分のお尻を叩く決意をしました。見てる人が少しでも勇気が湧いてきてもらえたら嬉しいです。

かやまん(佳山光徳)

京都市伏見区の醍醐界隈で不動産屋プラスホームを経営してます。 自分にとってのnoteの新しい使い方を見出そうと毎日noteを宣言し、noteを書く事で小心者の自分自身の挑戦を促し、自分のお尻を叩く決意をしました。見てる人が少しでも勇気が湧いてきてもらえたら嬉しいです。

    最近の記事

    応援したいものを応援する理由

    京都市伏見区の醍醐という街でプラスホームという不動産屋をやりながら、その地元を盛り上げるためにマルシェを開催したり、いろんな人たちにとって面白い居場所になればといいなと「プラスなスペース」という場所を併設して、いろんなイベントを開催したりしてもらったりしてます。 そんなボク、かやまですが、今日は友達のご夫婦の応援をさせてください。 以前に応援するという事について書いたことがあります。 いろんな人たちに出会い、関係性を深めていくことでたくさんの応援したい人が増えていく一方

    スキ
    15
      • 同じことをやって通報された男と感謝された男

        京都市伏見区醍醐エリアで「プラスホーム」を日本一変な不動産屋にすると宣言した男かやまです。 プラスホームを起こして約8年。 かつて不動産屋に勤めていたとは言え、ボクは10年ほど業界を離れていました。そのブランクを埋めずに不動産屋プラスホームを起ち上げました。 不動産業という怪物たちが渦巻く世界で10年ほどブランクのあるボクが立ち向かうためには人と違うことをやらなければと勘違いをし、今まで色んなことをやっては撃沈してきました。 「人と違う事を探すのではなく自分のやりたいことや

        スキ
        30
        • SNSは故郷になる

          京都市伏見区の醍醐エリアで日本で一番変な不動産屋を目指すプラスホームのかやまです。 いきなりですが訳あってボクには実家というものがないんです。 実家どころ京都生まれの京都育ちですが家を転々としていたので、故郷みたいな概念もないんですね。 まあそれについては、それほどどうという事は無いんですが、正直言うと故郷がある人に対して「羨ましいなあ」という気持ちを強く持ってます。 それを「コンプレックス」と呼ぶのなら、その「コンプレックス」のおかげで今住み、仕事をしている京都市伏見

          スキ
          19
          • プラスなフェスよ永遠なれ

            昨日、「プラスなフェス」というイベントを開催しました。 開催するにあたってどういう風にするのかイメージはありました。 改めて思い返したのはかつて友人たちが開催し、その多幸感を存分に感じた「しなやかフェス」というイベントでした。 ただ、それをコピーするのではなく、自分の中でもう少しどうしたいのか。それを考えてみる必要がありました。 ボクが起こしたいのは収穫祭ではなく、「地元京都市伏見区の醍醐エリアという街と全国を繋げたい。」ということ。 そう考えると開催のイメージがぼんやり

            スキ
            37

            4月16日(土)プラスなフェス開催!

            久しぶりのnoteです。 そしてげんきんなかやまのイベント開催の告知noteです。 昨年末にお店を移転し、あっという間に3か月以上が経ち、その間色々なことをやってきました。本業の不動産業の方もおかげさまで忙しく振り返る余裕もなく日が経っていきました。 そして気づけば、オープン前に「4月16日にプラスなフェスというイベントを開催する!」と宣言していたその日が目の前に来てしまいました。 そもそも「プラスなフェス」とは何か? その前に少しだけボクの話をさせてください。 ボクは

            スキ
            47

            イトーちゃんという名の・・・

            昨年末、私かやまはクラウドファンディングに挑戦しました。 おかげさまで134名の方々にご支援いただき、目標金額の113%を達成することができました。 その中でこの「noteでお礼のメッセージを言う」というリターンがありました。今回はそのリターンの提供。とはいえ、ただnoteでお礼を言っても面白くないので、かやまなりにその方への想いを書かせてもらってます。 最後の今回はイトーちゃんという名の・・・ ちょっと前のnoteにも書いたが、ボクはたまに友人について文章を書く。理

            スキ
            23

            山田さんという似た匂い

            昨年末、私かやまはクラウドファンディングに挑戦しました。 おかげさまで134名の方々にご支援いただき、目標金額の113%を達成することができました。 その中でこの「noteでお礼のメッセージを言う」というリターンがありました。今回はそのリターンを提供させてください。 が、ただnoteでお礼を言っても面白くないので、かやまなりにその方への想いを書かせてください。 今回は「山田さん」という似た匂い。 山田さんと出会ったのは、地元、京都市伏見区醍醐の市民活動センター。

            スキ
            10

            ゆかりんという名の同志

            昨年末、私かやまはクラウドファンディングに挑戦しました。 おかげさまで134名の方々にご支援いただき、目標金額の113%を達成することができました。 その中でこの「noteでお礼のメッセージを言う」というリターンがありました。今回はそのリターンを提供させてください。 が、noteでただお礼を言っても面白くないので、かやまなりにその方への想いを書かせてください。 今回は「ゆかりん」という名の同志。 彼女は栃木でご主人と一緒にバー「FOODING BAR R」を経営され

            スキ
            13

            人と向き合うこと

            今、ある取り組みをしている。 ボクは年末に自分のお店「プラスホーム」を面白い不動産屋にするため、移転させた。そのための改装費用の一部を捻出するため、クラウドファンディングに挑戦した。 おかげさまで全国(一部海外在住の方も)で134人の方々にご支援いただき、無事金額目標を達成することができた。 その支援してくれた方々一人一人にお礼の手紙、もしくはメールを出した。 マメだなぁとか、丁寧な人ですねと言ってくれる方もいるが、マメでも丁寧でもなく、何かしなきゃ自分が気持ち悪いっ

            スキ
            13

            クラファン無事達成!そして二度としない決意。

            ずっと宣伝し続けたボクのクラウドファンディングが終わりました。 おかげさまで無事達成することが出来ました。 noteでも書いてましたが、正直かなり苦戦すると思ってました。 ほとんどの方には「誰やねんこいつ」であること。 ほとんどの方には「そこどこやねん」であること。 ほとんどの方には「知らんがな」であること。 そもそも地元相手のビジネスなのに地元にはクラファンもSNSも根付いてないこと。 苦戦する理由を挙げればキリがなかった。 が、終わってみれば達成できた。

            スキ
            9

            姫路のヒデさんがなんとなく好きだという話

            毎日noteをやめると言ったらとたんにここぞとばかりにサボりがちなかやまです。 前にも書きましたが、毎日書くよりも時々書くほうが何を書こうか悩んじゃいます。書くことがたくさんあるわけじゃないけど、ボクはあまりこれを書こうと決めて書くタイプじゃないので、毎日のほうが何も考えずに書ける。逆にたまにとなると、なんか勝手に自分でハードルを上げてしまうんですよね。 そんなハードルを飛び越えて今日書こうと思ったのはこの間嬉しかったことがあったからです。 先日、友人のヒデさんという姫

            スキ
            30

            無事クラウドファンディングがサクセスしました!

            京都市伏見区の醍醐というエリアでアナタのいきつけの不動産屋プラスホームを営業するかやまです。 11月の中旬ごろからこのnoteの中でも散々クラウドファンディングの事ばかり書いてきました。 が、おかげさまで昨日の12月22日。無事サクセスしました! サクセスと言えば、ボクの中ではYAZAWAです。 ある世界ではボクはKAYAMAと呼ばれてます。 YAZAWAとKAYAMA… すいません(笑) そんなことは置いといて、このサクセスはご支援くださった方々はもちろん、応

            スキ
            10

            新プラスホームいよいよオープン!

            本日12月20日(月)AM10時に新プラスホームがオープンしました。 移転登記(会社の住所変更)の申請がその日を迎えないと出来ず、その申請が完了しないと(ここから数日かかる)、色んな手続きが出来ないので、朝開くと同時に法務局(本局)入りし、手続きを済ませ、出たのが9時半。そこからプラスホームまで30分ほどかかる距離があるため、間に合うかドキドキしながら(今朝のめざまし占いは最下位)無事、時間通りの初日オープンを迎えました。 正直言うとお店の移転、そして新しいことを始めるの

            スキ
            11

            毎日noteやめます!

            京都市伏見区の醍醐というエリアで不動産屋プラスホームを営業してるかやまです。 「家を買う人、買わない人関係なく人が気軽に立ち寄れるいきつけの不動産屋」を目指してただいまクラウドファンディングに挑戦中です! 自分への挑戦から9月30日毎日noteを宣言し約2か月続けました。 この辺で毎日noteをやめます! もっともっと続けてる人がいるのは十分わかっているいるのですが、ボクが目指したのはnoteを続ける事じゃなく、noteを続けた先を見つけるというもの。 ここのところ

            スキ
            18

            自分の娘を見続けて決意した新しいビジネス

            京都市伏見区の醍醐エリアで不動産屋プラスホームを営業しているかやまです。「家を買う買わない関係なく気軽に人が立ち寄れるいきつけの不動産屋」を目指し、ただ今クラウドファンディングに挑戦してます! ぜひ、一度ご覧ください! ボクには大学生の娘がいます。 新型コロナ禍が本格化した昨年、大学受験を経験しました。 ボクは親として見守る事しかできませんでしたが、なかなか苦しい受験生の期間でした。 期間中、大学受験のやり方が変わるとのウワサは数えきれないほど流れてきました。 延

            スキ
            20

            声をあげる事が実現に近づける

            京都市伏見区の醍醐というエリアで不動産屋プラスホームを営業してるかやまです。「家を買う人、買わない人関係なく人が気軽に立ち寄れるいきつけの不動産屋」を目指し、ただ今クラウドファンディング挑戦中です!ぜひ一度見てみてください!! ボクはいつの頃からか自分に本当にやりたい事があれば、まず言ってみる事から始めるようになった。 いつの頃からか、ということはもともとは言えない人だった。 やるぞ!やりたい!と宣言して、結果出来なければこんな恥ずかしい事はない。そう思って、自分の胸の

            スキ
            12