飯田昭人

北翔大学心理カウンセリング学科准教授。公認心理師、臨床心理士。警察心理職等を経て現職。北海道臨床心理士会常任理事(研修担当)。不登校・非行・発達障害や自殺、貧困などの子どもと家族の問題に関心がある。お問い合わせは iida.akihito@gmail.comまで。

コロナウイルス騒ぎにおける子どもや家族の心理面についての雑感その4~朝日新聞朝刊(2020/3/8)第23面道内版に掲載されたインタ…

本日(2020年3月8日)、朝日新聞朝刊(北海道版)の第23面に、コロナウイルスでの休校について、子どもや大人にどういう影響があるのかなどについてインタビューをしていた…

コロナウイルス騒ぎにおける子どもや家族の心理面についての雑感その3~自宅にいることが多くなる子どもたちへの心理的影響につい…

今のような介護制度になる前のとき、介護の本を読んでいたときの一文はおよそ次のようなものでした。「この介護がいつまで続くのかわかるのであれば、何年でも介護できる。…

コロナウイルス騒ぎにおける子どもや家族の心理面についての雑感その2惨事ストレスについて

1. 惨事ストレスとは  Wikipediaの最初のほうには「通常の対処行動規制がうまくいかないような問題や脅威(惨事: critical incident)に直面した人か、惨事の様子を見聞…

コロナウイルス騒ぎにおける子どもや家族の心理面についての雑感その1

1. 不安を感じるかどうかは個人差があります  私たち人間は敏感な人もいれば鈍感な人もいますし、全般的に不安や恐怖を感じやすい人もいれば、ある出来事に対して不安や…

2019/10/14北海道新聞朝刊に私のコメントが掲載されました

ちょっと前になりますが、10月14日(月・祝)の北海道新聞朝刊第13面に、道新が力を入れてきた「子どもを守ろう」シリーズの振り返りとして、2名の記者の記事と私の総括の…