地球環境未来ノート

公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES:アイジェス)の公式noteです。IGESは持続可能な世界への移行を目指す国際的な研究機関です。気候変動、地球温暖化、生物多様性や持続可能な消費と生産、そしてSDGsなどについて研究成果の紹介や研究の種などを投稿していきます。
    • もっと知りたい世界の森林最前線

      • 6本

      世界の持続可能性を考える上で、気候変動の緩和や適応、生物多様性や地域社会の生計の維持に重要な役割を果たす森林の重要性への認識が広がりつつあります。「もっと知りたい世界の森林最前線」では、地球環境戦略研究機関(IGES)生物多様性と森林領域に所属する研究員が、主に森林に携わる方向けに、世界のニュースや論文などを日本語でご紹介します。

    • おしえて地球温暖化

      • 2本

      IGESの甲斐沼美紀子研究顧問による、地球温暖化の解説シリーズです。 気候変動への注目が高まるにつれて、専門家にとって「あたりまえ」だと思っていたことへの質問や、思わず専門家も唸ってしまうような、良い質問をいただく機会が増えています。また、中学生・高校生向けの教科書の作成にも関与する中で、温暖化の科学をひも解いて、如何に平易なことばで分かりやすく伝えられるかを考えてきました。中学生・高校生とのやり取りを通じて、彼ら・彼女らからの質問ややり取りの中に、温暖化問題を自分事として考えてもらうヒントがあるのではないかと思い、こうした質問にお答えする機会として、この解説シリーズを作ることになりました。

変わりゆく企業意識:オフセットからネットゼロへ

皆さん、カーボン・オフセットという言葉をご存知でしょうか。カーボン・オフセットとは、カーボン(炭素)をクレジットとして取引することによって、クレジットを購入した…

COP26速報:世界が持続可能な土地利用への転換を誓約!

先日閉幕したCOP26では、森林や自然生態系は気候変動国際交渉の議題ではなかったものの、議長国・英国の強いイニシアティブによって「世界リーダーズ・サミット(World Lea…

「森林に関するニューヨーク宣言(NYDF)」新たな目標の背景とポイント

現在、パリ協定が掲げる1.5度目標達成に向け、森林保全への国際的関心が急速に高まっています。2030年までに森林減少および劣化を終わらせることは、1.5度目標達成のために…

森林に関するニューヨーク宣言をマンガで学ぼう:「森林にフォーカスを」公開

2014年9月に国連事務総長主催の気候サミットで採択された「森林に関するニューヨーク宣言 (NYDF: New York Declaration on Forests)」は、天然林の減少を終わらせ、森林を…

COP26:「FACT対話」が森林保全への新しい道を示す?!

「もっと知りたい世界の森林最前線」では、地球環境戦略研究機関(IGES)研究員が、森林に関わる日本の皆さんに知っていただきたい世界のニュースや論文などを紹介します。…

「もっと知りたい世界の森林最前線」について

世界の持続可能性を考える上で、気候変動の緩和や適応、生物多様性や地域社会の生計の維持に重要な役割を果たす森林の重要性への認識が広がりつつあります。また、意識変容…