荒川央 (あらかわ ひろし)

1991年 京都大学理学部卒業 1996年 京都大学理学博士 (分子生物学、免疫学) バーゼル免疫学研究所 (バーゼル)、ハインリッヒ・ペッテ研究所 (ハンブルク)、ヘルムホルツ研究所 (ミュンヘン)、マックスプランク研究所 (ミュンヘン) を経て分子腫瘍学研究所 (ミラノ)所属

荒川央 (あらかわ ひろし)

1991年 京都大学理学部卒業 1996年 京都大学理学博士 (分子生物学、免疫学) バーゼル免疫学研究所 (バーゼル)、ハインリッヒ・ペッテ研究所 (ハンブルク)、ヘルムホルツ研究所 (ミュンヘン)、マックスプランク研究所 (ミュンヘン) を経て分子腫瘍学研究所 (ミラノ)所属

    マガジン

    • コロナワクチンが危険な理由

      コロナワクチンが危険な理由

    • 初めての方に(コロナワクチンが危険な理由)

      ブログ内から比較的読みやすい記事を抜粋しました。よろしければ、導入としてまずはこれらの記事から目を通してみてください。

      • コロナワクチンが危険な理由

        コロナワクチンが危険な理由

      • 初めての方に(コロナワクチンが危険な理由)

        ブログ内から比較的読みやすい記事を抜粋しました。よろしければ、導入としてまずはこれらの記事から目を通してみてください。

    最近の記事

    固定された記事

    コロナワクチンが危険な理由 (まずはこの記事を読んでください。 重要な事項はここにまとめています。)

    「コロナワクチンが危険な理由」 ※この記事は2021年6月8日に書いた最初の記事で、コロナワクチンの危険性に関する総括的な内容となっています。記事内の情報にアップデートがあった場合等には随時修正しますが、その際は修正した箇所に日時を明記し、理由や詳細はコメント欄にて補足しています。 1)遺伝子ワクチンである コロナワクチンはDNAワクチンまたはRNAワクチンで、コロナウイルスの遺伝子をワクチンとして使っています。遺伝子ワクチンは現在まだ研究途上の実験段階で、人間用に大規模

    スキ
    16,742
      • コロナワクチンと男性不妊: Andrologyに掲載された論文から

        コロナワクチンと不妊については昨年にも関連記事を書きました。コロナワクチンの脂質ナノ粒子が最も蓄積する場所の1つが卵巣です。卵巣に運ばれたワクチンがスパイクタンパクを発現すると、卵巣が免疫系の攻撃対象になります。スパイクタンパクが結合する受容体ACE2 (アンジオテンシン変換酵素-2) は精子の運動性や卵の成熟に働くホルモンを作るため、スパイクタンパクによるACE2の阻害も不妊症をもたらす可能性があります。このように、コロナワクチン接種がもたらす女性の不妊への影響は以前より懸

        スキ
        562
        • 小児用のファイザーコロナワクチンの感染および重症化予防効果は低い: Lancetに掲載された論文から

          当初ファイザー社のコロナワクチン有効率は95%という触れ込みでした。この数値を信頼してワクチンを接種された方も多いのではないでしょうか。現在も厚生労働省のwebサイトには当然のように、ファイザー社の新型コロナワクチンの「発症予防効果は16歳以上では約95%」と表記されています。 ワクチンの有効性に関しても、「2回のワクチンを接種したので、もうコロナにかからない!」「2回のワクチン接種を済ませたので、もう打たなくても良い!」と思われていた方も多かったと思います。日本でコロナワ

          スキ
          917
          • コロナワクチンと急性肺塞栓症: J Clin Medに掲載された論文から

            コロナワクチン接種後に胸の痛みを訴える人が居られます。コロナワクチンの後遺症として心臓が原因の心筋炎や心膜炎が分かってきましたが、胸の痛みに加えて息苦しさがあるならば、あるいは肺が原因かもしれません。 肺血栓塞栓症は、身体の血流によって体内から運ばれてきた血栓によって肺動脈が閉塞する疾患です。多くの場合、血栓の全部または一部が、血流に乗って下大静脈・右心房・右心室を経由し、肺へ流れつき、肺動脈が詰まると肺塞栓症となります。肺動脈が詰まるとその先の肺胞には血液が流れず、ガス交

            スキ
            878

          マガジン

          すべて見る
          • コロナワクチンが危険な理由

            • 73本

            コロナワクチンが危険な理由

          • 初めての方に(コロナワクチンが危険な理由)

            • 11本

            ブログ内から比較的読みやすい記事を抜粋しました。よろしければ、導入としてまずはこれらの記事から目を通してみてください。

          • コロナワクチンが危険な理由

            • 73本

            コロナワクチンが危険な理由

          • 初めての方に(コロナワクチンが危険な理由)

            • 11本

            ブログ内から比較的読みやすい記事を抜粋しました。よろしければ、導入としてまずはこれらの記事から目を通してみてください。

          記事

          すべて見る
            • コロナワクチンの有効性は接種8ヶ月後にはマイナスに転じる: Lancetに掲載された論文から

              厚生労働省によるコロナワクチンデータの改竄が発覚しました。ワクチン接種済みの人でも正確な接種日が不明な場合、未接種者として計上していたのです。指摘を受けてデータを修正したのは2022年4月の第3週以降です。修正後のデータでは、ワクチン2回接種した人10万人当たりのコロナ陽性者数が、ワクチン未接種者10万人当たりのコロナ陽性者数よりも多くなりました。ワクチンを接種した方が未接種よりも感染しやすくなるという事はあり得るのでしょうか? コロナワクチンは、接種後に免疫がどの程度の期

              スキ
              1,767
              • コロナワクチンとクロイツフェルト・ヤコブ病: Turk J Intensive Careに掲載された論文から

                2021年9月にプリオン病についての記事を3つ掲載しました (「コロナワクチンによるプリオン病と神経変性の可能性について」「スパイクタンパクとプリオンモチーフ」「プリオンとパーキンソン病」) 。スパイクタンパクがプリオンとして働く危険性は当時から指摘されていましたが、コロナワクチン接種後のプリオン病が現実に報告されるようになってきました。 クロイツフェルト・ヤコブ病 (CJD : Creutzfeldt-Jakob disease) は、1920年代初頭にドイツの神経病理学

                スキ
                1,210
                • コロナウイルス進化論 (オミクロン以外も変異考察)

                  以前「オミクロン変異考察」の記事で、新型コロナウイルスオミクロン変異株の変異の入り方は中立進化の法則に従っていないというお話をしました。その後、私は新型コロナウイルスのオミクロンを含む代表的な7つの変異株についてより詳細な解析を行いました。結果わかったのは、S変異が極端に少ないのはオミクロンだけではなく他の変異株でも同様だという事です。この特徴はとりわけ変異株のスパイクタンパクに共通しています。遺伝子解析の上では、新型コロナウイルス変異株は揃って進化の法則に従っていません。つ

                  スキ
                  1,385
                  • コロナワクチン接種後の皮膚血管炎について: Lancet Rheumatologyに掲載された論文から

                    コロナワクチンは様々な作用機序で血管を傷害します。スパイクタンパクが直接血管内皮を傷付けて血栓の原因となる事もあれば、スパイクタンパクが自己抗体の産生を誘発し、自己免疫疾患として血管を傷害する事もあります。アストラゼネカDNAワクチン接種後に、血小板に対する自己抗体を生じ、「ワクチン誘発性免疫性血小板減少症 (VITT: Vaccine-induced Immune Thrombotic Thrombocytopenia) 」に繋がった例を以前紹介しました。VITTは「播種性

                    スキ
                    1,062
                    • コロナワクチンと肝炎 (2), T細胞依存性自己攻撃による新しいタイプの肝炎か: J Hepatolに掲載された論文から

                      前回に続いてコロナワクチンと肝炎のお話になります。コロナワクチン接種後の肝炎の発症については複数の論文が報告されています。今回紹介するのは、コロナワクチンに関連した新しいタイプの免疫疾患についてです。 論文中の症例では、患者はファイザーコロナワクチンの初回接種後に急性肝炎の症状を呈しました。それにも関わらずワクチンの2回目の接種を受け、その後に重症肝炎を発症しました。この患者の症例は、典型的な自己免疫疾患による肝炎とは異なったものでした。コロナワクチンによって誘発された免疫

                      スキ
                      1,242
                      • コロナワクチンと肝炎 (1): J Hepatolに掲載された論文から

                        肝炎は、肝臓に炎症が起こり発熱、黄疸、全身倦怠感などの症状を来たす疾患の総称です。コロナワクチン接種後の肝炎の症例を紹介します。ワクチン接種後に発症する自己免疫疾患の作用機序には複数あり、今回紹介するのはその1つのケースですが、コロナワクチン接種後に肝炎を発症したケースレポートがいくつか発表されています。 著者のTunらはモデルナワクチン初回接種後に肝炎を発症したケースを報告し、もはや偶然ではないと結論づけています。 肝炎の症例は、他に医学的問題のない健康な男性に発生しま

                        スキ
                        1,151
                        • コロナワクチンと眼の障害: Ocular Immunology and Inflammationに掲載された総説論文から

                          コロナワクチン接種後の眼の異常が報告されています。眼は光を感じるための神経系のセンサーであり、構成するパーツは多岐に渡ります。眼球、網膜、角膜、ぶどう膜、神経系、血管など様々な要素が眼のトラブルに関わります。 Ng (注釈:筆者の名前がNg) らは、コロナワクチン接種後の眼の有害事象についての総説論文を発表しました。Ngらの総説論文は、コロナワクチン接種に関連する眼科的所見を報告した論文合計23報から、顔面神経麻痺/ベル麻痺、外転神経麻痺、AMN、上眼静脈血栓症、角膜移植片

                          スキ
                          1,350
                          • お知らせその2  電子書籍版について

                            花伝社から「コロナワクチンが危険な理由: 免疫学者の警告」の電子書籍版 (Kindle版) が発売される事になりました。Amazonで購入可能です。 https://www.amazon.co.jp/dp/B09YL8TZNR また、書籍は書店や他所のオンラインショップで在庫切れ等で入手が難しい場合も、花伝社のHPからは基本的に常に購入可能 (送料無料) との事です。 https://kadensha.thebase.in/items/59969114https://kad

                            スキ
                            920
                            • フーリン切断部位の謎: Frontiers in Virologyに掲載された論文から

                              以前の記事内でも書きましたが、私がこれまで「コロナウイルス自体」についてあまり話してこなかった理由の1つは、このブログの本来の趣旨が「コロナワクチン」が危険な理由を伝える事だったからです。そして、このウイルスにまつわる事に不自然な点が多すぎるからなのです。しかしながら、この不自然さを置き去りにしたままコロナワクチンの是非について語る事はやはり難しく、今回はこの新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) の謎について、もう少し触れていこうと思います。 さて、コロナウイルスの

                              スキ
                              1,518
                              • 巨人の肩の上で

                                「巨人の肩の上にのる矮人 (わいじん)」。意味は「先人の積み重ねた発見に基づいて何かを発見すること」です。「巨人の肩の上に立つ」「巨人の肩に座る」「巨人の肩に登る」「巨人の肩に乗る小人」などの形でも使われます。科学者アイザック・ニュートンが1676年にロバート・フックに宛てた書簡で用いました。 矮人とは背の低い人の事です。「巨人の肩の上」というのは、何かの発明や発見があった場合、そうしたものは単独で存在するものでも一個人が成し得たことでもなく、膨大な過去の蓄積という「巨人」

                                スキ
                                1,776
                                • お知らせ

                                  私のブログが書籍化し、花伝社から出版していただける事になりました。 http://www.kadensha.net/books/2022/202203coronavaccinegakikennariyuu.html 昨年末に書籍化のお話しをいただき、今年に入ってから準備を進めてきました。 本の構成は以下のようになっています。 コロナワクチンが危険な理由 1章 もう一度、ワクチンの「常識」について考えてみる 2章 もう一度、感染症対策について考えてみる 3章 コロナワクチ

                                  スキ
                                  2,440
                                  • コロナワクチンによる血栓性血小板減少症と播種性血管内凝固症候群: NEJMに掲載された論文から

                                    これまではファイザー、モデルナなどのRNAコロナワクチンについてお話しする事が多かったのですが、今回はアストラゼネカなどのDNAワクチンについてお話ししようと思います。 アストラゼネカのDNAコロナワクチンはスパイクタンパクをコードするアデノウイルスベクターによるものです。2021年2月末頃からアストラゼネカのコロナワクチン接種後に血小板減少症を伴う異常血栓事象が報告されるようになりました。 ワクチン接種後の塞栓および血栓事象は「ワクチン誘発性免疫性血小板減少症 (VIT

                                    スキ
                                    1,498