Hiroki Yoshida

行政のデジタルトランスフォーメーションに従事。未来予測、ガジェット、テック企業の動向などにも関心あり。 プライベートでは音楽、映画、ファッションなどサブカルチャー好き。 東大公共政策大学院、シンガポール国立大学MBA,MPM、ケネディスクールフェロー修了。
固定された記事

Government as a Serviceが示す新しい行政の可能性(α版)

様々な日常のモノの消費は、オンラインで定額課金で受けられるようになってきており、これらをXのサービス化、"X as a Service"と呼ぶ。例えば、CDやビデオは、SpotifyやNe...

留学と今の仕事への繋がり

2017年7月に留学から日本に帰国してあっという間に3年弱が経とうとしているが、今の自分があるのはあの留学の2年間があったからだと思う。自分は交換留学も含めてシンガポ...

OpenData2.0をCivicTechがもたらした2020年

まだ2020年を振り返るには4半期も終わってなくて早すぎるのだが、確実にタイトルのことが言えると思う。 政府においてもこれまでオープンデータの取組はなされてきたが、...

行政デジタルサービスを整備する上で政府・自治体がやるべきことは何なのか

民間のデジタルサービスが普及し、皆スマホでアクセスする時代になる中、ユーザーエクスペリエンスを考えた場合、行政手続も民間企業が提供するプラットフォーム上で、でき...

パラサイトとジョーカーに見る喜劇性

程度問題はあれ、どんな国にも貧富の格差はある。日本も例外ではない。 この問題について映画でモチーフにしていたのがパラサイトとジョーカーだ。 この2作品を通じて韓国...

メディア記事で見る経産省DXの取組

これまでの経産省DXの取組について色々と記事になっているものを集約してみました。今後も随時追加していきたいと思います。 Govtechって? 法人インフォ PowerApps ハ...