Hiroki Yoshida

行政のデジタルトランスフォーメーションに従事。未来予測、ガジェット、テック企業の動向などにも関心あり。 プライベートでは音楽、映画、ファッションなどサブカルチャー好き。 東大公共政策大学院、シンガポール国立大学MBA,MPM、ケネディスクールフェロー修了。
    • デジタルソサエティ by Hiroki Yoshida
      デジタルソサエティ by Hiroki Yoshida
      • 26本

      社会のデジタル化に関わる記事を追加していきます。

    • サブカルチャーマガジン by Hiroki Yoshida
      サブカルチャーマガジン by Hiroki Yoshida
      • 7本

      サブカルチャー関係の記事をまとめていきます。

    • 書評 by Hiroki Yoshida
      書評 by Hiroki Yoshida
      • 4本

      自分が読んだ本の書評をまとめていきます。

固定された記事

Government as a Serviceが示す新しい行政の可能性(α版)

様々な日常のモノの消費は、オンラインで定額課金で受けられるようになってきており、これらをXのサービス化、"X as a Service"と呼ぶ。例えば、CDやビデオは、SpotifyやNe…

卒業する情報プロジェクト室のメンバーへ

2021年の3月31日でデジタル化推進マネージャーが3名卒業した。 2017年の経産省DXの立ち上げ期から5年間、一緒に走り、経産省に止まらず、様々なコミュニティを越境してGo…

TCLを終えて(2)

前回は箇条書きの形でTCLで学んだことを挙げてみたが今回は個人の姿勢として学んだことを文章でまとめてみたい。 自分を知る そもそも自分の大切にしている価値というの…

TCLを終えて(1)

多摩美クリエイティブリーダーシッププログラム(TCL)を修了しました。 毎週土曜朝から1日かかりの授業はハードでしたが、非常に多くの学びがあった3ヶ月でした。 もとも…

正しい怒りを持つこと

最近自分の中で沸々と湧いている怒りを感じる。現在の仕事に従事している中で、自分があるべきだと思っている姿と現実のギャップに対する怒りだ。このことを通じて怒りとは…

課題解決における意思と行動の関係性

今日は省内の予算コンテストのフィードバック、先週日曜はハッカソン の審査員を行わせていただく機会があった。改めて思うのは抽象的な言葉やコンセプトよりも、よりリア…