見出し画像

百物語57話目「クリスマスに七夕の話」(実話怪談)

メリークリスマス!

♪さ~さのは~、さ~らさら~

昨日はクリスマスねたを無事に投稿できましたが、

クリスマスネタは後一本しかなくて、それは夜に投稿するので、今回は七夕の話です。季節行事つながりということで。

実家地域の七夕は旧暦でやります。8月7日ね。でも福岡に出てきたら、7月でやるので、いつも笹飾りセットを買い損ねてしまいます。

実家には七夕用の小さな社があって、そのまわりに夏野菜を供えて、七夕飾りをつけた笹を飾っていました。

その笹の自力調達に、私は鎌片手に山に入ってたりしたものです。福岡だとプラスティックの小さな笹もどきを買ってくるんですけどね。

結構、きっちり七夕はやっていて、七夕が終わると、笹は飾りをつけたまま川に流しに行きます。

ある朝、早起きした妹とお父さんがおかしなものを見たと告げました。

空を七夕飾りのついた笹が飛んでいたと言うのです。

そこで、私、少々知識がありましたものですから、(浅知恵)

「そうか! 川に流すのは、水が蒸発するに乗じて笹を空にあげ、織姫と彦星に届けるためなんだ!」

と物理現象として納得してました。

そして、見たかったなあと真剣に悔しがりました。

その父も今年六月に亡くなり、妹は当時小さすぎて覚えておらず、真偽は分からないまま――。

でも、私のイメージの中には、ぷかぷかと空を渡っていく七夕飾りの笹が、それを見上げる父と妹の姿が、いつまでも残っているのです。

このお話を気に入ってもらえましたら、ぜひ、NovelJam作品「帰りゃんせ」を投げ銭代わりにご購入願います。私の書いた怪談物語です。216円!!

キンドル版など各電子書籍サイトからの販売リンクも上記にあります!

そして、チャット小説も始めました!

よろしければ、スキ(♡)を押していただけるととても励みになります!!
スキは非会員でも押すことができます!

この記事が参加している募集

推薦図書

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
またきてねー!
12
ゲームのシナリオライター。怖い話も書籍に載ってるよ!TLの電子書籍をカドカワさんから出してるよ!BL電子書籍は講談社さんから出してるよ!youtube動画シナリオも書いてるよ!90万再生超えてるのが2作あるよ!

こちらでもピックアップされています

NovelJam「帰りゃんせ」販促チャレンジ企画「百物語」
NovelJam「帰りゃんせ」販促チャレンジ企画「百物語」
  • 101本

NovelJamによって生み出された私の怪談小説「帰りゃんせ」を販促するために、グランプリまでに百物語を完成させるマガジンです。なんとか完成させてグランプリで怪異を起こすぞー!

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。