見出し画像

もしも地球が1.5mだったら、飲むことのできる水は?

暑中お見舞い申し上げます。

毎日暑い日が続きますが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
私はおかげ様でどうにか元気にやっております。
毎日たくさん水分を取るのが元気の秘訣のように思います。

熱中症予防に適度な水分補給を忘れずに!


地球が1.5メートルだったら、飲むことのできる水は?


ところで、タイトルの
「地球が1.5mだとしたら、飲むことのできる水は、どれくらい」
か、ご存じですか?


地球の直径が1.5m(小柄な女性の身長くらい)だとすると

地球にある(雲や氷や水蒸気も含む)の水全部は、2リットル
ペットボトル一本分ですね。

そのうち真水60ミリリットルコップ1/3くらい。


そして気になる、生物が飲むことのできる「水」
何と小さなスプーン一杯なんですって。

ビックリですよね。

だからといって、もったいないから、と水分補給をやめたりはしないで。
大切な水を、無駄にせず、ありがたくいただきましょう。


江戸時代の循環社会は理想郷か

この「水の話」を聞いたのは数年前なのですが、考えてしまいました。
最近の異常気象は、人間の文明が作り出したもの。
この夏も去年もこんなに暑いのは、巡り巡って私たち人間が悪いんです。

高度文明ってそんなに必要なんでしょうか。

日本の江戸時代は、ごみの出ない時代で、全て循環してたんだそう。
けれど、衛生状態は今よりずっと悪くて、疫病も多く寿命も短かかった。
どっちがいいんでしょうね。

とはいえ、とっぷりこの便利な社会で生きてる私たち。
突然文明がなくなったら、生きて行けるでしょうか。

私はアメリカのドラマのウォーキングデッドが大好き。
ご存じの方も多いと思いますが、ゾンビが大発生して、文明が崩壊しちゃう話です。

もしも自分があの世界にいたら、生きていたいって思うかなぁ?
(いやそれ以前にすぐにやられて即退場!な可能性が高いですが)

文明崩壊後の社会。今のネットも電話も何もインフラのない社会。

原始時代の人間なら、ただ「生きること」のみが「生きる意味」かもしれないけれど、私たちははたして、そういう時代に戻ることができるでしょうか。


おまけ:去年の暑中お見舞いイラスト。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
陽菜ひよ子 / イラストレーター&文筆家&漫画家

もし、この記事を読んで「面白い」「役に立った」と感じたら、ぜひサポートをお願い致します。頂いたご支援は、今後もこのような記事を書くために、大切に使わせていただきます。

ありがとうございます♡
21
「ナゴヤ愛 」(秀和システム)好評発売中。2006年ダイヤモンド社・2015年PHP研究所より出版。中日新聞AD FiLEコラム連載中。主なイラスト仕事はNHK番組・新聞・書籍・広告・自治体、イラスト講師など。ひよことプリンとネコが好き。http://www.hiyoko.tv/