coworking

2019年秋のハウスホクサイまとめ | HouseHokusai

あけましておめでとうございます!台風の被害をはじめとして、色々とありました、この秋は。でもたくさんの人が訪れるシーズンでもありました。

2019年秋のシーズナルレポート。ハウスホクサイの10月〜12月を振り返ります!

10月6日 トルコ帰りの藤代夫妻が、マグカップ持ってきてくれました!密かに続く、マグカップフロムザ・ワールド。かなり藤代夫妻に持ってきてもらってます!

同日 小布施出身の作業療

もっとみる
おぶせで、ぜひコワーキングしましょ!
5

沖縄がコワーケーションを始める日

去る11月7〜8日に(もう2週間以上も経ってしまった!)、沖縄の那覇市と宜野湾市でコワーキングとコワーケーション(コワーキング+バケーション)をテーマに講演してきたので、その概要をざっと記録しておきたい。

※なお、今回の講演では、当日、会場に来られた方だけにしかお伝えしていない情報がありますが、それはもちろんここでは書きません。「ざっと」というのは、そういう理由だからです。なので、なにやら回りく

もっとみる
有難うございます!よろしければフォローください!
8

2019年夏のハウスホクサイまとめ | HouseHokusai

秋になり、にぎやかになってきた小布施。2019年7月〜9月のハウスホクサイの夏を振り返ります!この夏は、ふらっと嬉しい人が立ち寄ってくれたり、いろいろなつながりが、ハウスホクサイに関わった人同士で生まれ始めていて、すごくいい時期でした。

7月2日 6/30-7/2まで、多拠点居住サービス(Co-Living)のADDress(アドレス)さんが経営合宿にいらしてくださいました!ハウスホクサイも拠点

もっとみる
わたしも好きです!
7

ウッドデッキをヘリンボーンで | HouseHokusai

小布施町でコワーキングスペース『ハウスホクサイ』を運営しております。管理人の塩澤です。このたび、ハウスホクサイにウッドデッキを作りましたので、簡単なビフォーアフターをまとめました。

ハウスホクサイ、内装はけっこう手入れを進めていたのですが、外観にまだなかなかコミットできていませんでした。入口側の広いスペースが、こんなかんじでさみしくなっていました。

そこで、デザイナー/デュアラーのまるさんと相

もっとみる
わたしも好きです!
3

本当のシェアリングエコノミーは、これからだ。(Reprise)

Platform Cooperativism (プラットフォーム協同組合主義)のためのノート#1(再掲)

シェアリングエコノミーが健全に機能するには協同組合(Cooperative、Coop)、もしくは協同組合的な組織が相応しいのではないかと、かねがね思っている。

そんな折、ネットを活用したプラットフォーム協同組合主義(Platform Cooperativism)の提唱者であるTrebor

もっとみる
有難うございます!スキこそ継続の妙薬!
12

カフーツ伊藤@NOW!〜コワーキング&コワーケーション+コリビングのプロデュースとオウンドメディアの企画・制作しています。お気軽にお問い合わせください〜

こんにちは、カフーツ伊藤です。これは自己紹介用ノートです。

<主な仕事>

・コワーキング&コワーケーション+コリビング・プロデューサー
・各社ウェブメディアの企画、執筆、翻訳、編集の受託。
・クライアント企業のオウンドメディアの企画、制作、運営。
・起業家を支援するWebビジネス・コンサルタント。
・「WORKS by トイロハ - ちょっとミライの働き方情報」エグゼクティブ・エディター。

もっとみる
スキ、有難うございます!
13

子供連れで仕事するヨーロッパの託児施設つきコワーキング

※この記事は、ニュースレター「ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報 — Issue #24」から、一部編集して転載したものです。
※ Photo by Dakota Corbin on Unsplash

今日の参考記事はこちら。

働くママ(もちろんパパも)がどんどん増えていく時代、仕事と育児の両方を実現できるコワーキングスペースが、ヨーロッパに増えてきている。

以下、ざっくりサ

もっとみる
有難うございます!よろしければフォローください!
12

ホテルチェーンの巨人Accorグループはいかにしてヨーロッパのコワーキング市場を支配するか

※この記事は、ニュースレター「ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報 — Issue #20」から、一部編集して転載したものです。
※ Photo by Darren Nunis on Unsplash

今日の参考記事はこちら。

「ホテル+コワーキング」の典型的なコラボがヨーロッパで始まる。フランスの大手ホテルチェーンAccorが、今後3年の間にヨーロッパの1,200ヶ所のホテル内

もっとみる
有難うございます!他のもぜひ読んでください!
3

「移働」の時代に、Coworking + Coliving がじわじわ来る。

言ってみれば、これからの働き方について

※この記事は、2017年3月11日付けでMediumに書いた記事を一部編集して転載したものです。
※注釈のない限り数字は当時のものです。

コワーキングに関わってきて、早いものでそろそろ7年になる。この間、いろんなヒトと会い、いろんなトコロに行き、いろんな場面に遭遇し、またいろんなコトをしてきた。

有難いことに沢山の仲間に恵まれ、心強いネットワークもでき

もっとみる
有難うございます!よろしければフォローください!
5

会社のオフィスでは仕事したくない〜コワーキングに月500ドルを支払うワーカーたち

※この記事は、ニュースレター「ちょっと先行く海外コワーキング&コリビング最新情報 — Issue #22」から、一部編集して転載しています。
※ Photo by CoWomen on Unsplash

今日の参考記事はこちら。

女性専用のコワーキングThe Wingが最初のスペースを開業したとき、Nik Aliyeはすぐさまメンバーになった。彼女は当時27歳でニューヨークのソーホーにあるオフ

もっとみる
スキ、有難うございます!
3