SRE

SREになるための一歩

今の時代はクラウドテクノロジーが必然になってきています。それと共にクラウドを理解しているSREの力が必要となるでしょう。自分もSREになるのを夢見て勉強を始めてきました。

そのためにA Cloud Guru (https://acloud.guru)という学習プラットフォームの1年間のサブスクリプションを買いました。今からこのプラットフォームの良さを伝えたいと思っています。

その前に言っておき

もっとみる

Infra news #16 2019 11/11~11/15

キャリア系のメールアドレスが使えなくなるそうです。

メルペイさんの事例。アーキが綺麗。毎回思いますが教科書のようお手本にしたいですね。

セキュリティ商品を作っている会社でもあるんですね。

GAになりました。

Github ActionsがGA。

その他公式より。

CloudFormationへのImport機能。

Security Framework

日本語の記事が出たので再掲。

もっとみる

NTTデータとスリーシェイクが“絶妙なバランス”で協業を続ける理由【大手×ベンチャー企業対談】

こんにちは。スリーシェイクです!
日本を代表するIT企業、NTTデータ。金融機関や官公庁、一般企業、店舗などの主要インフラを構築し、社会全体の成長に貢献し続けています。当社は2016年より、NTTデータ・グループのNTTデータ・フィナンシャルコアとの協業をスタート。この3年間で3件を超えるプロジェクトに参画してきました。
今回、NTTデータ・フィナンシャルコア第四事業部課長代理 吉澤稔(よしざわ・

もっとみる

ポストモーテムとは

ポストモーテム(Postmortem)とは想定外のインシデントが発生した後に書かれる内部向けの報告書である。ポストモーテムの目的は組織的な学習であり、インシデントの細部を明らかにするために非難のない文化を重視する。ポストモーテムは、インシデントとそのインパクト、その緩和や解消のために行われたアクション、根本原因(群)、インシデントの再発を避けるためのフォローアップのアクションを記録するために書かれ

もっとみる

上場企業からスタートアップへ!すべてを一新したら、次世代インフラの輪郭と自らのポテンシャルが見えてきた【転職ストーリー】

こんにちは。スリーシェイクです!今回は、2019年9月に入社した竹森幸輝(たけもり・こうき)を紹介します。
大手NIer(ネットワークインテグレータ)に新卒入社し、フロントSE・ソフトウェア開発者を経験、幅広い技術を身につけてきた竹森。未踏の領域だったパブリッククラウド事業に携わりたい一心で、転職活動へ踏み切ったと言います。
数ある企業の中で、彼が当社にジョインした決め手は一体何だったのでしょうか

もっとみる

エラーバジェットとは

エラーバジェット(Error Budgets)とはエラーに対する予算であり、SLOに基づき算出される損失可能な信頼性である。サービスの計測された稼働時間がSLOを超えている、換言すればエラーバジェットがまだ残っている状態であれば、チームは新しいリリースをプッシュ(デプロイ)できる。エラーバジェットはプロダクトマネージャーによって規定される客観的なメトリクスであり、SREとプロダクト開発者の緊張を取

もっとみる

Infra news #15 2019 10/28~11/01

日本はまだのようです。

AWS SSOがMFAアプリを使用した多要素認証に対応しました。

http://datadoghq.com/blog/opentelemetry-instrumentation/|datadoghq.com/blog/opentelemetry-instrumentation/

datadogのopentelemetryに対しての取組。

Sysdig製のコンテナスキ

もっとみる

【シリーズ企画】わたしが考えるティール組織とは?「個性と技術力が融合したクリエイティブな組織」

こんにちは。スリーシェイクです!
当社が今年1月より採用している「ティール組織(自走型組織)」。 “全員が主役で、お互いを尊敬し合うチーム”を目指し、試行錯誤しながらベストな形を模索しています。
メンバーはこのティール組織をどのように捉え、日々業務に取り組んでいるのでしょうか?今回はSRE事業を担う香田昌俊(こうだ・まさとし)を直撃します!

自走が基本。だから社歴に関係なく、実力を発揮できる

もっとみる

Infra news #14 2019 10/21~10/25

これで2系はメンテナンスアップデートのみになります。

PCI DSSにおけるGKE

Githubでの認証

gRPCの解析ツール

goのGCのフィールド

sysdigさんのistio監視について。見るべき項目が挙げられています。

こういうtemplateの使い方を知らなかったので。circle ciみたいな記法を使っていますね。

異常値検知ができるようになりました。流行りですかね。

もっとみる

Infra news #13 2019 10/15~10/18

ガートナーからでている、DevSecOpsを成功させるための10箇条です。

istio 1.3のリリースノートです。mixer lessがexperimentalで入りました。性能がこれであがると嬉しいですね!

これでお腹の健康が向上されると嬉しいですね!いつか、簡単に精度の良い検査が受けられると嬉しいですね。

いままで1.0でなかったのが驚きです。

この季節にはいい感じのBotですね。ヘ

もっとみる