CCIE

SRv6のFunctionとは?

SRv6はIPv6のアドレスで表現され、Locator:Function(a:b:c::1)という形で表されると前回説明しました。

LocatorはIPv6の経路として利用されるのでイメージが付きやすいですが、Functionとは何か今一わかりにくいのではないでしょうか。

1.SRv6のFunctionとは

RFCのSRv6 Network Programming draftにはFuncti

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!

SRv6のSID配布方法って?

SRv6のSIDはどのように配布されているのでしょうか。
SR-MPLSでは、IGPを拡張してラベル(SID)を配布していましたが、SRv6ではどのようにSIDを配布しているのでしょう?

1.SRv6のSIDとは?

SRv6のSIDはIPv6のアドレスで表されます。
SR-MPLSではSIDはラベルでしたが、SRv6の場合はIPv6のアドレスで表されています。

SRv6のSIDはLocato

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!
3

Inter-AS Option Cとは

今回はBGPでASが異なる場合にもMPLS通信をさせたい場合の記事です。
PE間でラベル通信をさせたいが、ASが異なる場合は通常OSPFのエリアも異なり、MPLSのラベルをPE間で交換できません。

こんな時に登場するのがInter-AS Option Cです。

1.Inter-AS Option Cの構成

Inter-ASとは、異なるAS間接続のことを指します。
異なるAS間でもラベルを交換

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!

SRの弱点とは?

Segment Routingが唯一MPLSに負けているところがあります。
それは何でしょうか?

実は、Segment Routingの場合、ルータ単体では帯域保証ができません。
MPLSの場合は、MPLS-TEを実行する際にRSVP-TEを利用してすべてのルータで帯域を確保してTEを実行していました。

しかしながら、SRの場合は、送信元のルータがOSPFの最短コストでパスを計算してTEを実行

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!

SRのmicroloop avoidanceとは?

Segment RoutingはTI-LFAを用いて障害時に高速な切り替えが可能です。
しかしながら、ルーティングのコンバージェンスはルータの処理時間やSPF計算のタイミングにより一時的なループ状態を引き起こす場合があります。

Remote-LFAが必要なバックアップパス構成でTI-LFA発動後に送信元ルータだけがコンバージェンスが収束したが、隣のルータはまだコンバージェンスが完了していない場合

もっとみる
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。
2

SRv6とSRの違いとは?

Segment RoutingにはデータプレーンとしてMPLSとSRv6が選べます。

MPLSはSIDをラベルとして表現して利用していました。SRv6はSIDをIPv6の拡張ヘッダとして表現して利用しています。

このIPv6の拡張ヘッダーとSegment Routing Headert(SRH)と呼びます。
SRと比較してSRv6には様々なメリットがありますので今回はこれを紹介します。

1.

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!
1

SRv6って使われてるの?導入会社はどこ?

今日は、SRv6の導入状況についての記事を書きます。
Segment Routingも導入が始まったばかりなのに、もう次のSRv6を導入してるところなんてあるのでしょうか?

1.日本での導入会社

日本ではソフトバンクとLINEがSRv6を導入しています。

では、なぜこの2社が率先してSRv6の導入を促進しているのでしょうか。
SRv6はネットワーク側のメリットもあるのですが、アプリケーション

もっとみる
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。
1

Inter-AS Option A、Bとは

異なるAS間同士でBGP/MPLS-VPNを接続する場合のPE間の経路広告については、以下のようなパターンがあります。

1.Inter-AS Option A

 片方のBGPのASが65000、もう片方が65001のようなASが異なる場合、EBGPでの接続となります。
この状態で、BGP間の接続をIP単位で通信させる事をInter-AS Option Aといいます。
IP単位なので、サブIF等

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!

Inter-AS Option Cとは

今回はBGPでASが異なる場合にもMPLS通信をさせたい場合の記事です。
PE間でラベル通信をさせたいが、ASが異なる場合は通常OSPFのエリアも異なり、MPLSのラベルをPE間で交換できません。

こんな時に登場するのがInter-AS Option Cです。

1.Inter-AS Option Cの構成

Inter-ASとは、異なるAS間接続のことを指します。
異なるAS間でもラベルを交換

もっとみる
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。

SR-PCE

Segment Routingを考案する際の要件に、アプリケーション側でネットワークをコントロールするものがありました。

これまでのネットワークは、事前に設計されたネットワークにより構成されていました。
各アプリは、この事前に設計されたネットワークを通ることしかできなかった。
事前に利用するアプリを決めて、最優先のものをQoS設定して優先制御して通していました。

ただ、これだと「事前」に決めな

もっとみる
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。