高校世界史

《フランス革命》

世界史Bの授業用に作成したプリントをもとに

【フランス革命】についてまとめました。

今回の範囲は「革命の背景〜1791年憲法」です。

では、本時の学習課題(めあて)はこちら↓

彼らは,フランスの何を変革しようとしたのか。

「変革」
社会,制度などをかえて新しいものにすること。

展開内容
(1)ブルボン王政
♦︎革命の背景
♦︎旧体制に対する不満
♦︎革命の原因
♦︎ルイ 16 世の財政

もっとみる

高校世界史の一歩先へ

次に紹介する本は皆、私が大学時代に読んだものです。

しかしながら高校生でも理解可能であり、世界史学習の一助になると考えます。

 

ラス・カサス『インディアスの破壊に関する簡潔な報告』(岩波文庫)

教科書でお馴染みの宣教師による報告書。'新大陸'侵略の異常さを知ることができます。同時に、アフリカからの黒人奴隷導入を支持していたり、プロテスタントを目の敵にしていたりと、人間ラス・カサスの精神的

もっとみる

清の皇帝の演習問題【大学受験】

次の文章を読んで、後に続く設問に答えなさい。

【皇帝】
 私は、8歳で皇帝に即位し、68歳まで皇帝でした。在位中、1673年に( ① )が起こりましたが、南懐仁に命じて大砲を作らせ、1681年に鎮圧しました。また、台湾を直轄領としました。浙江や福建といった沿岸部から台湾に移る人々がいたのですが、これを防ぐために、( ② )を発し、内陸に強制移住させました。
 朝も夜もとにかく働いたのですが、中で

もっとみる

古代インド・ヒンドゥー教の演習問題

ヒンドゥー教に関して、次の文章を読んで、問いに答えなさい。

 ヒンドゥー教は、色々な考え方・宗教が混ざっている。具体的には、( ① )教・仏教と合体し、地域の宗教とも合体し、寛容な宗教であることが、インドでの信者増加につながり、グプタ朝の頃には、ヒンドゥー教がインドに定着した。
 ヒンドゥー教には主な神が三柱いる。それぞれ、ブラフマー神、ビシュヌ神、( ② )神である。特定の聖典はないが、4ヴァ

もっとみる

ミケーネ発掘のシュリーマン、実は幕末の日本に来ています(1865年)。「日本の犬はおとなしい」と彼の初めての著書『シュリーマン旅行記: 清国・日本」で記しています。ちなみに彼は15か国の外国語を自由に操れたと言われますが、実は気になる女性の前で話を盛ったとも。

ありがとう。良い1日を‼️
7

ちなみに、考古学者のアーサーの方のEvansは「エヴァンズ」。私が好きなジャズ・ピアニストのBill Evansは「エヴァンス」。日本人の「中田さん」に「ナカタ」と「ナカダ」がいるようなもんか⁈

ありがとう。良い1日を‼️
1

トロヤ、ミケーネを発掘したシュリーマンが実業家として成功してから発掘事業に専念したアマチュア考古学者であるのに対し、エヴァンズはオックスフォード出のプロの考古学者。アマチュア学者の金星に、プロ学者が奮起するとこが面白い🐨

ありがとう。良い1日を‼️
2

【三位一体・世界史】 古代ギリシア史(1):エーゲ文明に魅せられた3人

①エヴァンズ (Arthur Evans)

クレタ文明のクノッソス宮殿を発掘したイギリスの考古学者。シュリーマンのミケーネ文明発掘の偉業に火をつけられて奮起。

②シュリーマン (Heinrich Schliemann)

トロヤ、ミケーネ、ティリンスを発掘したドイツの考古学者。彼の著書『古代への情熱』は、現代では「語学への情熱」を駆り立てる本として紹介されることが多い。

③ヴェントリス(Mi

もっとみる
ありがとう。良い1日を‼️
6

英語ネタばかりでも飽きるので、これから時々、歴史ネタを入れていくつもりです。まずは世界史。3人の人物を各テーマごとに取り上げます。題して【三位一体・世界史】。古代ギリシアから順次アップしますので、世界史の復習に読んでみてください!

嬉しいです❗️ありがとう‼️
4

世界史リンク工房(大学受験世界史解説)

今日は、私が普段書いております「世界史リンク工房」についてのCMです。大学受験世界史にかんする総合サイトで、東大、一橋の過去問解説を中心に、早慶や東京外国語大学、上智大学のTEAP利用入試の世界史過去問解説、共通テスト(旧センター試験)のほか、各種テーマ史、地域史の解説などを掲載しています。
http://history-link-bottega.com/

何年かこつこつ書き続けていましたが、こ

もっとみる