13年連続全国1位の営業パーソン!その秘密は?

13年連続全国1位の営業パーソン!その秘密は?

突然ですがあなたは「ジョー・ジラード」という営業パーソンを ご存知でしょうか? 日本でも知られるようになったのは、ここ10数年です。 いまだに知らない人も多いと思います。 ジョー・ジラードは、アメリカの自動車メーカー・シボレーの 営業パーソンでした。 そして彼を有名にしたのは、 1日平均6台、15年間で13,001台の新車を販売した 驚異の実績です。 これはギネス記録で、12年連続世界ナンバー1営業パーソンとして認定 されています。 1年や2年ならば、大口のお客様がいれ

3
高校野球新潟大会、ベスト16が出揃う

高校野球新潟大会、ベスト16が出揃う

 学校の夏休みに入って数日。昨日の昼に一旦帰省しました。こういった記事を書く気も起き始めたので、いよいよ「積み残し」の解消に向かっていけるでしょうか(^^;;  74チーム84校(加盟85校)が出場して第103回全国高等学校野球選手権新潟大会が10日に開幕して1週間余、今日でベスト16が出揃いました。ちょうどいいタイミングなので、まずはベスト8を懸けて20日に行われる4回戦の組み合わせと会場をご紹介します。(開始時刻:第1試合9時、第2試合11時半、☆=公立) ▽新発田市

3
みしまの温泉旅館「喜芳」

みしまの温泉旅館「喜芳」

今回の取材の後、昼ご飯を食べに「喜芳(きほう)」へ訪れました。 立派な建物に入っていき、靴をしまうとフロントへ。 温泉を利用する場合は入館料を払って館内着をもらいますが、今回は食事のみの利用のため、靴箱のカギを渡してリストバンドをもらいます。 あたたかい雰囲気のある廊下を進んでいくと売店やお食事ができる部屋などがあります。 たくさんお話を聞かせていただき、気づけば時刻は2時過ぎ。 メニューを見てそれぞれ食べたいものを選び注文します。 二人で話しながらしばらく待っていると

背水の陣〜石垣島に想いを馳せながら新潟へ〜

背水の陣〜石垣島に想いを馳せながら新潟へ〜

こんにちは、たおです。 久しぶりに自分のことについて書いてみようと思います。 いまは新潟(正確には長岡駅)に向かっている新幹線の中。久しぶりの新幹線に心を躍らせながら、身の引き締まる思いで新幹線に乗り込みました。 心を躍らせているのは小学校低学年の頃は、東京駅に新幹線をみるためだけに入場チケットを買うくらい好きだった子供心をくすぐられたからだと思います。 今回新潟に行くことはその頃と意味合いは違うけれど、同じワクワクした気持ちと合わせて、いろんな感情が混ざっています。

20
【お茶屋】ここが大変だよ事業承継~3.産地じゃないお茶屋にできること~

【お茶屋】ここが大変だよ事業承継~3.産地じゃないお茶屋にできること~

事業承継シリーズ3回目! 今年(2021年)10月に事業承継(代表就任)します。 前回に続き、お茶屋に入ってから事業承継に至るまでのお話をしていきます。 私の中でのお茶産地あるある 「お茶を気軽に、お茶で豊かに」をモットーに、様々なイベントに参加しました。 試飲して頂いたお客さんに言われるのが、 「こんな美味しいお茶初めて!」 嬉しく思い、 「お家でもこの美味しさを味わって下さい」 と返すと、 「うち静岡に親戚がいて飲みきれないくらいお茶を送られてくるんだよね。」 と

5
みしまののこぎり「中長鋸製販」

みしまののこぎり「中長鋸製販」

こんにちは!mmです。 私たちは小雨の降る7月11日、長岡市旧三島町を訪れました。 行ってきた場所は「中長鋸製販(なかちょうのこぎりせいはん)」さんです。 今回このお店のことを調べるにあたり、中長鋸製販の3代目 東賢一郎さんに取材をさせていただきました! Q.なぜこのお仕事に就かれたのですか? A.(鋸が売れていた当時)儲かっていた父親の姿を見てやろうと決めましたQ.この職業をやっていて楽しいことややりがいはありますか? A.鋸の注文が入ったとき、リピートしてくれる人がい

〈自己紹介〉 大学院で研究しながら、地域おこし協力隊で働いてます。

〈自己紹介〉 大学院で研究しながら、地域おこし協力隊で働いてます。

はじめまして、いのプロ2期生の三浦尚悟です。 私は現在、長岡造形大学大学院で研究を行いながら、長岡市の地域おこし協力隊として働く、いのプロというプロジェクトに参加しています。 今回は、noto初投稿なので簡単な自己紹介をしたいと思います。 自己紹介名前:三浦 尚悟 名前の通り、和尚のように悟った性格かもしれないです。 同じ「しょうご」である、劇団ひとり(川島 省吾)がテレビに出ていると、とても応援したくなります。 「楽しそうな自分」 年齢:1998年生まれ 6月8日

24
【お茶屋】ここが大変だよ事業承継~2.日本茶の価値を上げる~

【お茶屋】ここが大変だよ事業承継~2.日本茶の価値を上げる~

事業承継シリーズ2回目! 今年(2021年)10月に事業承継(代表就任)します。 前回に続き、お茶屋に入ってから事業承継に至るまでのお話をしていきます。 「お茶を気軽に、お茶で豊かに」継いだ直後、お茶生産者さんでのバイト体験や日本茶インストラクター試験受験で知ったお茶の魅力。 美味しくて、健康的で、ホッと癒される、 お茶を飲みながら談笑する家族の姿は、古き良き一家団らんの象徴です。 サラリーマン時代はペットボトル緑茶を愛飲していた私ですが(実家がお茶屋のくせしてw)

19
河井継之助という人

河井継之助という人

河井継之助。知らない人はとりあえずウィキペディアを見てみよう! 幼いころから作法やしきたりに従わず我が道を貫き通す。俊才。ちょっととっつきにくい雰囲気。このあたりは司馬遼太郎の小説を強くおすすめする。 河井を描いた短編もある。最初に登場する「英雄児」というのがそう。峠を書く前の作品らしい。 破天荒っていうのかな、俺が河井の何にかっこよさを感じるのかよくわかんないんだけど、たぶん「物怖じしない」感じがすべてなんだろうなと。その意味ではやはり司馬遼太郎が描いた高杉晋作なんか

1
リアル旅:京都編

リアル旅:京都編

今回は週明けの大阪出張で前乗りして(消毒やマスクの着用を徹底の上)、遂にリアルな旅で京都に行ってきました。 1番の目的は、この時期最盛期を迎える紫陽花が堪能できる、京都・西山にある柳谷観音・楊谷寺。 多分、多くの方が『どこ?』って思われたかもしれませんね。正直僕も色々調べるまでこちらのお寺の事は知りませんでした笑 柳谷観音・楊谷寺柳谷観音・楊谷寺は、京都駅から見て左下、大阪寄りの長岡京エリアにあるお寺。最寄駅は三つほどあるけれどその三つどれからも遠くて、その距離歩くとだいた

1