踊り念仏

【記事紹介】○っちゃってる!?恍惚を生み出す踊りのチカラ

「音楽」がテーマではないところから「音楽」を感じ取る試みの連載から

「ontomo」さん、楽しい試みがたくさんあって読み飽きないですね。時間の消費に注意!

今日は本の紹介の紹介ってことになりますが、この記事を読むだけでも相当に面白いです。どんなところにも「音楽」は存在している。まるでジョン・ケージのような話ですが。

とはいえ、これは結構音楽からは近い距離の話です。「踊り」が鍵となっているので

もっとみる
うれしいです!
6

パスタとヒアデス星団

パスタありがとう
レトルトのカルボナーラソース、チーズ、粉チーズ、かぼす、皆んなありがとう。ボーノ

こんなやつでもいいじゃないか幸せならいいじゃないかと、ええじゃないかええじゃないか、頬まで暖かく幸せで本当にありがとう。ボーノ

ボーノボーノ!
ええじゃないかええじゃないか

ええじゃないか騒動を調べたら150年くらい前だった。150年前を今見ることができる、そのくらい離れた星を探したら。牡牛座

もっとみる
ほんとにあざっす
7

2019年2月28日(木)

2月は早い。もう終わりだ。

さて、娘と風呂に入る時、念仏ごっこをするのが最近の流行りだ。きちんと手を合わせて、目を瞑り「なんまんだ~」と唱えると、娘も真似して「なんまんだ~」と唱える。私の実家が真宗系なので「なんまんだ~」だ。

だが、いつも必ず悪ふざけがはじまって、娘が途中から「かいのだけ~」と変な経を唱え、妙な踊りをはじめるのだ。

ちゃんと心を込めて唱えなさい! まったく!

しかし「かい

もっとみる

一遍パイセンまじやばい

お遍路を経て、菩薩道を歩む決意を自然と固められた、友人のカイさんから衝撃的な本を紹介してもらった。

「この本に出てくる一遍さんを、常に横田くんを重ねながら、思い浮かべて読んでてさー。これは紹介すべきやと思って。」

強烈なエネルギーをもった「踊り念仏」で室町時代の世を駆け抜けたということしか知らない一遍上人だったが、捨聖(すてひじり)と呼ばれたことを記憶の片隅で覚えていて、どんな人なのかはよく知

もっとみる
今もらった暖かい気持ちを必ず誰かにも届けます!
14

国宝 一遍聖繪

《一遍聖繪》とは、時宗の宗祖、一遍上人(1239-1289)の行状を描いた鎌倉時代の絵巻。国内最古の絹本著色絵巻で、国宝に指定された名品である。今回の展覧会は、これを所蔵する時宗総本山清浄光寺の遊行寺宝物館が、その全十二巻を一般公開したもの。一巻の全長がおよそ10メートルだから、全巻を合わせると、およそ130メートル。それらが決して広いとは言えない会場に一挙に展示された。

「南無阿弥陀仏」。一遍

もっとみる

今日のドライブのお供はこちら。
タイトルだけみるとヤバイ人だ笑
#レキシ #踊り念仏 #ドライブミュージック