米国銃規制問題

10/16号 小学生からの英語ニュース教材

★10/16発行(週刊)英語ニュース教材
こんにちは。私は横浜市の英語塾で講師をしながら、オリジナルの英語ニュース教材を、毎週、日本全国(一部海外を含む)にネット販売しています。

未来を担う生徒さん達が、最新のニュースを英語で楽しく読みながら英語力を付け、同時に世界情勢や文化について知識を深められるように、小学・中学・高校の3レベルの教材を作っています。(全てのプリントに、暗唱文のシートがついて

もっとみる
感謝です💞
2

コロナ禍でのアメリカ生活⑱「パンデミックによる人々のPanic Buyingの中に潜む問題とは?」

人々は州ごとの制限緩和をまだ信用していない

米国は5/4から州によって異なるが、コロナ禍による人々及びビジネスの規制緩和を実施し始めた。私の実感レベルは、まだまだこのパンデミックは収束とは程遠いし、自分自身が、次の感染数上昇の波を作る手伝いをしたくないということで、基本的には週に1度の食料品の買い出し以外は、不必要な外出及び人との接触は避けている。過去2か月間、毎朝6時起床、2時間自宅オフィスで

もっとみる
ありがとう!はっぴい!
2

本当は「銃依存症」も解決したいトランプさん

と、私は思っています。

トランプさんは「薬物依存」を大変嫌厭していると聞いています。記事にありますが、支援者でまずしい人々が依存の渦の中で埋没していくのは「ゆるしがたい」こととお考えのようでです。富を掴んだ人でさえ、すべてを台無しにする依存症を身近に経験したのですから、嫌厭するのは当然の事。

彼の心の中を除けば、「何かに依存し、自立できずに腐っていく状況」が兎にも角にも嫌いである、という事だろ

もっとみる
ありがとうございます! 好きな人と出会えますように!

0054-20171008【ビジネスパーソン必読の主要ニュース解説】

今週の振り返り、時事ポイントは以下のとおりです。

1.衆院選の動き 2.ラスベガス銃乱射事件と米国の銃規制問題 3.カタルーニャ独立問題 4.ノーベル賞2017 5.決算発表(イオン・良品計画・パソナ)

1.衆院選の動き

民進党の枝野幸男代表代行は10月2日に記者会見を開き、小池百合子氏が代表を務める新党「希望の党」に合流しないことを表明しました。

枝野氏は、民進党に所属していた左派系議員

もっとみる