竹刀

コトタマTalk【シノノメ】

シノノメとは、「篠の目」の事であるが、「東雲」とも書く。
東の雲と書いて「シノノメ」とは容易には読めない。
読めない地名は民族ルーツの謎が秘められている。
篠(シノ)とは、「ササダケ」とも読むそうです。
「ササ」は、「笹」であり、広義では「竹」である。
ヤマト民族のルーツは、シナイに繋がることから、「竹刀」と読ませてることと深い関係がある。
シノノメ「東雲」

篠(シノ)

ササダケ(

もっとみる
スキをありがとうございます。感謝です
2

互いに一歩も譲らぬ真剣勝負・・・。
散歩道で鉢合わせたのは、リアル竹刀の静かな戦いでした。切っ先が触れ合ったまま、動かない両者。

「小手!小手!面!どぉぉおおお!」

声が聞こえてきたのは、こちらが痺れを切らし、現場を離れてだいぶ経った頃だった。どちらか勝ったんだろうか。

スキってなんて良い言葉なの!
10

また、竹刀を折ってしまった。💦

次男坊も折れたか。また三男坊を買うしかないか。😅😌👨😊

いやもしくは、鉄の棒、いや木の棒なりを拾って来るかでもしなければ、幾らでも費用が掛かってしまうな。
(汗)(笑)

路地裏にて、恥を知る

僕は裏路地が好きなんです。下町にあるような「こんなとろこに、、、」的な路地裏が好きなんです。

僕は郊外に住んでるので、近くの路地裏はもう把握してるので、新しい路地裏を開拓したくなったんです。普段は路地裏を探して歩くというよりかは、たまたま見つけた路地裏の方がテンションは上がるんですが、路地裏を知りたい欲望が抑えきれなくて隣の駅に向かいました。

寂れた商店街をワクワクして歩いてると、僕の優れた路

もっとみる

明日から

肩がガチガチにこっている。

かつてはパソコンに向かう時間が多く、ひどい肩こりとそれによる頭痛に悩まされていました。

今は昔ほどではないにせよ、スマホを見る時間が増えたせいか目の疲労感がプラスされ、肩のこりは癒えるどころかずっとガチガチの状態。

常に肩がこっていることに慣れてはきましたが、やはり頭痛も併発するため辛いのが本音です。

なんとかストレッチやマッサージで和らげようと努力していますが

もっとみる
ありがとうございます🐱
4

ネクタイを巻いた掌底で鼻っ柱を。ーー秋の月、風の夜(20)



背中に二人の気配をとらえ、手がかりを与えず牽制する。次のひとりに四郎はなぜか、妙にのろくさした突きを入れた。
角刈りのそいつは、急に速度の落ちた竹刀を捉えて叩きおとした。床に叩きつけられた竹刀の、「パン!」と乾いた音が響く。

相手の右手が伸びきるのを待っていた四郎が、もとの圧倒的な速さで右手首をつかんだ。
恐怖のあまり「ひっ!」と叫んで手首をひっぱられた男は、ズドドっとたたらをふんだ。

もっとみる
やったー! スキいただきます!
4

んだぁこのアイサツは!?ーー秋の月、風の夜(19)



「おーい?お友達の作家のおっさんだよなあー?んだぁこのアイサツは!」と、リーダーらしいのが大声を発した。
認識票のアクセサリーやら、鼻ピアスやら、うんざりするような飾りがついている、ちょんちょんしたあごひげ。
さっきの電話はこの男だ。単なる仲介と言いながら、実質やはり、いかついのを十数人連れてきたのは、こいつだ。

全員が立って囲むが、かなり遠巻きだ。キレのある動きで五人目の始末にかかってい

もっとみる
やったー! スキいただきます!
5