私見卓見

東京大学大学院准教授 高木聡一郎さんの投稿が日経朝刊「私見卓見」に掲載されました。

日経COMEMOのキーオピニオンリーダーとして活躍中の、東京大学大学院准教授 高木聡一郎さんの記事が、本日7月30日(木)の日本経済新聞朝刊に掲載されました。

テーマは「スマートシティのアカウンタビリティ問題」です。

▼本日公開された紙面はこちらです。

日経COMEMOでは、日経新聞の担当者がCOMEMOに載っている投稿を選び、再編集して日本経済新聞本紙「私見卓見」で紹介する連動企画を行って

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
13

フローレンス前田晃平さんの投稿が日経朝刊「私見卓見」に掲載されました。

日経COMEMOのキーオピニオンリーダーとして活躍中の、NPO法人フローレンスの前田晃平さんの記事が、本日7月15日(水)の日本経済新聞朝刊に掲載されました。

テーマは「保育から性犯罪を排除するには」です。

▼本日公開された紙面はこちらです。

日経COMEMOでは、日経新聞の担当者がCOMEMOに載っている投稿を選び、再編集して日本経済新聞本紙「私見卓見」で紹介する連動企画を行っています。

もっとみる
これからも日経COMEMOをよろしくお願い致します!
25

家事の時間と減らすためにできること

妻の家事の時間は、国立社会保障・人口問題研究所の第6回全国家庭動向調査(http://www.ipss.go.jp/ps-katei/j/NSFJ6/Mhoukoku/Mhoukoku.pdf)によれば、第6回時点で

・1日当たり平日は263分、休日は284分

夫は、

・1日当たり平日は37分、休日は66分

であり、第4回の調査と比べて休日も平日も妻の家事時間は減少しています。ただ、育児の

もっとみる
ありがとうございます!スキ!
4

【私見】逼迫する物流業界は今後どうなる?

物流業界が逼迫しているということで、今後の物流業界がどうなるのか考えてみました。最初は、物流業界の解決策中心で、今後の行方は最後の方に書いてあります。

まず物流業界のこれまでと今を見てみます。

国土交通省の報道発表資料「平成30年度 宅配便取扱実績について
」によれば、

平成30年度の宅配便取扱個数は、43億701万個であった(うちトラック運送は、42億6,061万個、航空等利用運送は464

もっとみる
ありがとうございます!スキ!
8

【私見】日本の留学生はどうやったら増えるのか、調べてみた。

9月入学の議論について、9月入学にすれば国際化が進み留学生数が増えるという主張があります。それについて、過去の留学生数や日本人が留学しない理由を調べてみました。

NAFSA(https://www.nafsa.org/policy-and-advocacy/policy-resources/trends-us-study-abroad

上によれば、アメリカの外国人留学生の数は2017-201

もっとみる
ありがとうございます!スキ!
17

財政赤字を家計の赤字に例えてはダメ

財務省は、政府の財政赤字の大きさを、家計簿に例えて説明していますが、これはミスリーディングだから、やめるべきです。
家計簿の赤字を減らそうと外食をやめれば、赤の他人であるレストランが困るだけで、家計簿の赤字は簡単に減らす事ができますが、政府が財政赤字を減らそうと増税すれば、赤の他人ではない国民が困る事になります。しかも、景気が悪化して税収も思ったほど伸びないかも知れません。
国の財政赤字を例えると

もっとみる

年金改革は専業主婦の優遇廃止で

年金改革が議論されています。「中小企業の短時間労働者も厚生年金に加入させよう」「75歳まで年金保険料を納めて75歳から年金を受け取れば毎回の受取額が増える制度を作ろう」といった事が検討されているようです。
しかし、こうした改革は一時しのぎです。年金財政は一時的には改善するでしょうが、将来は年金を受け取る人が増えたり多額の年金を受け取る人が出てきたりするので、結局現状並みに戻ってしまうからです。

もっとみる

「年金が2割減る」は間違い

厚生労働省が年金の財政検証を発表し、「年金が2割減る」と話題になっています。しかし、年金が2割減るわけではないので、過度な心配は無用です。
2割減るのは、所得代替率という数値です。これは、高齢者の年金が現役世代の所得の何%か、という割り算の結果です。要するに現役に対する「割り負け度合い」ですね。これが約30年間で約2割減る、というわけです。
厚生労働省は、6通りのケースを試算していますが、もっとも

もっとみる

歴史は繰り返すのか

世界的な経済新聞である英フィナンシャル・タイムズ(FT)は米国の経営者団体が掲げた「脱・株主第一主義」について社説を掲載しました。

米国の経営者団体ビジネス・ラウンドテーブルが公表した声明文では「顧客や従業員、取引先、地域社会といった利害関係者に広く配慮し、長期に企業価値を高める」とステークホルダー配慮の姿勢が示されています。

このようなステークホルダー配慮の姿勢は英国では2006年会社法17

もっとみる
ありがとう!
21

統合報告書に必要なのは独自性

最近テレビ欄で見つけ、毎週見るようになった以下の番組があります。

ある製品で圧倒的なシェアを持つ企業を毎週1社を取り上げて、その歴史やその製品の開発秘話を聞くというものです。取り上げる製品は様々で、当然開発・拡販に至る経緯は異なります。しかしそれぞれ時機を捉え、社会に受け入れられるものだったからこそ、現在の姿に至っていると確信させられます。

タイトルにある統合報告書はまさにそのようなストーリー

もっとみる
Thank you very much!
17