想像と洞察と妄想

良く知らんが GESARAなるものが巷では噂になっているらしい 突然にトランプさんの緊急放送があるとか 電通やフジテレビや創価が不動産を売却しなければならないほど苦しいとか これね私なりに分析してみるとですよ 全く違った解釈もできないのだろうか?と思うわけです 緊急放送はあるかもしれんが それは福島第一が大変なことになってしまいみなさん国外に退避してくださいと言うような類の方があり得そうだと思う でもって多分出たら一生帰ってこれないだろうな 逃げた先で難民確

スキ
3

竹五郎さんとマナティー〜FUKUSHIMA TRILOGY Ⅰ(epilogue)

〈前回のあらすじ〉  敬光学園にやってきたフランス車の女は、黒尾からの会社を引き継いだ取締役だった。彼女は黒尾から届いた一冊の本を諒に手渡した。それは海に身を投げようとした柳瀬結子が持っていた直の本だった。それを見たかおりは、直のことを心の温かい人だと言った。 エピローグ・鈍感は鈍感なりに、愚直に生きるしかない  それからかおりは、しばらくその紙片を持ったまま、何かを思案していた。 「どうした?」 「ううん」  僕が俯いたかおりの顔を覗き込むと、かおりは口角を上げて笑

スキ
5

竹五郎さんとマナティー〜FUKUSHIMA TRILOGY Ⅰ(75)

〈前回のあらすじ〉  正常な放送を取り戻しつつあるテレビやラジオから、千葉県の港で水族館のトラックが発見される事件が報道された。諒とかおりはそれが黒尾の仕業だと確信した。黒尾は恐らく竹さんと共にマナティーを含む海獣たちを救ったのではなかろうか。黒尾はウルトラマンになったのだ。 75・掛け算の九九≒竹さんの靴  ひと月が経ち、ふた月が経ち、冷たい風はゆっくりと春の麗らかさを運んできた。その頃には、ところどころに仮設住宅も建ち始めた。誰の心にも不安や悔恨は残ったままだったが、

スキ
6

■ケネディ大統領暗殺の裏のウラ■ハイチ大統領暗殺。米軍訓練受けた容疑者?

最新国際分析 :ハイチ大統領暗殺容疑者は、米軍で訓練を受けていた。トルコ通貨危機。商取引一部停止 https://www.facebook.com/100004930356786/videos/443728307142477/ ーー 先週、オリバーストーンは、カンヌ映画祭で、ケネディ暗殺に関する新しいドキュメンタリー「JFK Revisited:Through theLookingGlass」を初公開しました。 7月12日月曜日に「JFK:Revisited」が初公開され

スキ
4

竹五郎さんとマナティー〜FUKUSHIMA TRILOGY Ⅰ(74)

〈前回のあらすじ〉  諒とかおりは敬光学園に留まり、そこで炊き出しなどのボランティア活動に勤しんだ。そうすることでかおりの父親や竹さんがいない不安を誤魔化すことができたからだ。そんな混乱の中、竹さんが忘れ物を取りに戻ったように半纏を着て、帰還した。 74・黒尾は、ウルトラマンになったのだ。  避難命令が出たというのに一人で水族館に戻った竹さんが、その後水族館で何をしていたのか、黒尾とどこで出会い、どこで別れたのか尋ねたが、竹さんは「よかった、よかった」と言うばかりで、その

スキ
4

竹五郎さんとマナティー〜FUKUSHIMA TRILOGY Ⅰ(73)

〈前回のあらすじ〉  竹さんが避難してきていると思っていた敬光学園に、竹さんの姿はなかった。一度水族館から避難したものの、隣町から水族館に引き返してしまったそうだ。それを知った黒尾は、一人で水族館に向かった。かおりのヒーローになれと諒に言い残して。 73・生きるための輝きを放つ  余震はいつまでもやまず、被災者たちに安堵の時を与えてくれなかった。昼夜を問わず敬光学園には次々と被災者が詰めかけ、最早十分な寝食を与えられる場所ではなくなっていた。  すでに敬光学園が蓄えてい

スキ
5

竹五郎さんとマナティー〜FUKUSHIMA TRILOGY Ⅰ(72)

〈前回のあらすじ〉  諒たちはかおりの家に向かったが、かおりの古い家はほとんど全壊していた。そして、そこにかおりの父親の姿はなかった。かおりはこのまま父親が見つからなければいいと思っている自分に嫌気が差し、歯を食いしばっていた。 72・ヒーロー  敬光学園は山の中腹にあることから津波の影響は受けていなかったが、地震で周辺の山肌がいくらか崩れたりしていた。それでも、建物には大きな損傷はなかった。  忘年会が開催されたときに竹さんが焼きそばの露店を切り盛りした講堂は、被災者

スキ
4

竹五郎さんとマナティー〜FUKUSHIMA TRILOGY Ⅰ(71)

〈前回のあらすじ〉  ようやく家にたどり着いた諒は母親が不在であるものの、家で身動きがとれていなかったり、絶命していないことにひとまず安堵した。避難所となった近所の公民館へ行くと母親が炊き出しのボランティアをしていることに諒たちは驚いた。それも、直のピーコートを着て。 71・今の私、嫌い  それから僕らは再び黒尾のワンボックスカーに乗り込んで、かおりの自宅に行ってみた。かおりの家は僕の家よりも海抜は低かったが、幸い津波の被害は受けていなかった。しかし、木造の古い借家だった

スキ
2

国道6号/福島第一原発20キロ圏内をゆく(動画)

・富岡町の帰還困難区域の手前 ・大熊町から双葉町の沿線の様子

スキ
1

竹五郎さんとマナティー〜FUKUSHIMA TRILOGY Ⅰ(70)

〈前回のあらすじ〉  諒たちはようやく福島に戻ってきた。日暮れ前、黒尾はワンボックスカーを廃墟と化したガスステーションに乗り入れた。そこで諒は災害に乗じて盗みを働く人間の勝手さを目の当たりにして嘆いた。しかし、黒尾は本当に愚かなのは奪ったまま還元しないことだと戒めた。そして、人間には理性があり、知恵もあり、それを失わない限り、野獣には成り下がらないとも言った。 70・動けば、変わる  幼少の頃から暮らしてきた僕の家がある住宅街は、海岸から離れていたし、市街地よりも小高い台

スキ
2