元店長が親友だったオーナーへ差し伸べた手。助ける事で失われてしまった大切なものとは。

振り返ってみると始める前に数回会って話をして失敗した時の負担を伝えた記憶があります。それも一度では無く数回。自分のやりたい事や願った事を実行するのは成功と失敗が隣り合わせで攻める姿勢は尊敬したのも事実。私も何か力になれるのでは、そう思ったのも事実なのだ。ただ不安が消えない点が数点あった…トップ二人の気持ちが一緒では無い事、どのように経営していくのか計画性が無かった事、利益がどれぐらい出るのか試算し

もっとみる
好き、う、嬉しいです(´;ω;`)

ワクチン希釈研修を個人で開催したって話 その3(完結編)

その2では、

「東住吉区薬剤師会さんありがとう」
「注射針の長さについて」
「池下、発注ミスるってよ」

の3本をお届けしました。

ぜひ、ご覧ください。

研修日当日に中止の危機!?

 発注ミスというトラブルを何とか乗り越え、いよいよ研修日当日を迎えるのみ…だったのですが、
 なんと研修の前日、講師を務めていただく先生から

『もしかしたら来れないかも』

 という連絡をいただきます。(!?

もっとみる
ありがとうございます♪
5

持ち直し

こんばんは。黄昏の森森島です。
10日のめっけもん17時~ZAZAhouseです。

さて、前回のnoteで普段冷蔵庫の電源オフにしているのにも関わらず退っ引きならぬ事情で電源をつけてもた私だ。

廃棄で出たスイーツの鮮度管理。
外が微妙な気候の為、やってしまった失態。
何なら少し寒いくらい。

そんな悔しい気持ちに駆られながら夜勤終わり床に着く。

昼過ぎに目覚める。

窓を空ける。

寒いやな

もっとみる

ワクチン希釈研修を個人で開催したって話 その2

その1のあらすじは、

「会議室たけぇ」
「集客甘くみんなよ」
「池下、裏技つかうってよ」

 の3本でした。

 ぜひ、ご覧ください。

 今回の研修では、ヒト・モノ・カネという、ザ・3原則みたいなことで悩みました。
「こういうのはどこまで行っても、ついてまわるものなんだなぁ」
 と、変に感心したものです。

希釈研修に必要なもの

 さて、今回は第2弾ということで、コメントでもいただきました注

もっとみる

元コンビニ店長が感じた懐かしさと絶望の足音。損益をどれだけ意識できるのか?

友達がコンビニを始めて四年目になりました。

私に声が掛かった時には人不足でシフトに入り込む事になり発注も忙しかった事を思い出した。二人でお店を大きくしたいね、そんな事を話していたのも懐かしいですし、心のどこかで成功するのは難しいのではと感じていました。付き合いと言うか友達としての期間は短いが人の事を絶対に悪く言わない事やいつも笑顔だったので自分が力になれれば良いと思い友達のコンビニに飛び込んだが

もっとみる
好きありがとうございます(*^^*) 今後ともよろしくです☆
1

大好きだったコンビニで店長として働いてみて、昔思った事。

知り合いがコンビニを開業して一年経過した時に連絡が来た。

人が足りない事や発注が大変で休む時間もなく苦しい。一緒に仕事して助けてくれないか。何となくこんな事になると思っていたが、この友達とは付き合いは短いものの以前一緒の仕事をしていた時によく食事をしたり夢を語り合った仲だったので助けたい気持ちがとても強かったのだ。

また思い出した経緯も嬉しかった。ドリンク補充をしている時に私の顔が浮かんできて

もっとみる
好きありがとうございます(*^^*) 今後ともよろしくです☆
1

インタビュー:スマート在庫検知で効率化 在庫管理をもっと愉快にーユカイ工学

ものづくり事例新聞(仮称)第2回目のインタビューは、ユカイ工学さんです。ユカイ工学さんは、「ロボティクスで、世界をユカイに」を合言葉に、人とロボットが身近な世の中を目指しています。ユカイ工学さんといえば、ファミリーロボット「BOCCO emo」やしっぽクッション「Qoobo」などの家庭用ロボットが有名です。しかし、そんなユカイ工学さんの技術を活用してB2B向けのソリューションも展開されているそうな

もっとみる
ありがとうございます!
1

【改正民法対応版】(発注に対する)受諾拒否通知書

普段から取引関係にある商人間(法人・個人事業主間)では、その事業に関係する契約の申込み(発注)を受けたときは、遅滞なく受諾するか拒否するかを相手方に通知しなければ、受けた商人(法人・個人事業主)は、その申込み(発注)を受諾したものとみなされてしまいます。(根拠:商法第509条)

本書は、上記のように意に沿わない無理を押し付けるような申込み(発注)を受諾したものと取引先に主張されるリスクを排除する

もっとみる
ありがとうございます。

世界超限大戦 [437] ソロス VS トランプ

1942年10月2日 アイリッシュ海上
クイーン・メリー船内

ジョン・トランプ
「では、帰国次第、
国防研究委員会(NDRC)に
企画書を提出します。
また、同時平行して、
マイクロ波委員会の
予算を長官決済で投入し、
レイセオン社に
試作機の開発を
発注いたしますね」

ワット
「、、、完璧だ。
さすが、電磁波装置の
話になると
瞳が輝いてくるね」

ジョン・トランプ
「いえいえ、、、
頭山満

もっとみる
感謝です!
9