36歳になって思うこと。

6月2日、僕は36歳になりました。

今、僕はとても幸せです。

目に見える地位や富や名声を、両手いっぱいに抱えているわけではありませんが、フリーランスの仕事を粛々とこなし、自分の裁量で、少しの贅沢ができる程度の暮らしは維持できています。

まずは、五体満足でフリーの仕事を頂けていることに心から感謝。多くは望みません。ミニマルな幸せが、とても肌に合います。

そして、今の僕は、繋がるべ

もっとみる
がんばります🙇
21

《第5回》緊急事態宣言が明けていく中で。

5月から、劇的に散歩するようになりました。

一度の散歩で1時間〜2時間はかけるので、たぶん4km〜8kmは歩いているかも。

駅一つくらい離れた公園や神社をポイントにして、てくてくと往復するのが、最近のお気に入り。

コロナ禍で、五感から六感に至るまで、感覚が一段階突き抜けて、研ぎ澄まされているように感じています。

天気の変化に敏感になったし、自分自身が自然の

もっとみる
ありがとうございます🙇
12

《第4回》『死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。』

※当コラムは僕自身の友人や家族の死に関連する体験と、友達から聞いた木村花さんの訃報に関するご冥福、花さんが飼っていた保護猫さん、そして、これからの社会について、色々と思いながら手探りで書いた文章です。※

15歳くらいの頃、村上春樹の『ノルウェイの森』を読んだ。

主人公のワタナベが愛する女性である直子は、主人公の親友である恋人のキズキの自死をきっかけに、少しずつ精神を病み、自ら命を絶ってしまう。

もっとみる
ありがたきしあわせ🙇
15

《第3回》満月から新月、変化していく自己、未来について思うこと。

※写真は、今月7日のウエサク満月です。

5月も後半戦。

本日23日は、僕の誕生星座である双子座の新月で、朝からすごく軽やかな節目を迎えた気分です。

一山超えた感じがめっちゃある。新しい時間軸の生き方に、ようやく、うまく切り替えることができたような気がします。

今月の満月(5月7日)→新月(5月23日)にかけてのサイクルは、今までの人生の中でも、全く経験し

もっとみる
明日もがんばります🙇
10

《第2回》『観音力カード』リーディング100名様達成、そして、これから。

『観音力カード』リーディング100名様達成

 先月から、Instagramのストーリーを使いながら、手探りで始めた『観音力カード』リーディング。

 利益を度外視した、利他的な行為を、淡々と行いたい。

 そのような動機で始めた取り組み。

 最初はお悩みの相談自体がこないのではないかと思い、始めるのも不安だったのですが、本日、述べ106名様のリーディングを無事に終了し、目標の100名様のリーデ

もっとみる
またお越しください🙇
14

《第1回》創作活動を本格的に再開することについて。

こんばんは、狭井悠(サイハルカ)です。

 本日は、このnoteをもって、決意表明を行います。

決意表明

 フリーランスライターとして活動して4期目、SEO(検索エンジン最適化)プロライターのキャリアを重ねてきましたが、本日、令和2年5月12日(火)より、作家としての創作活動を、本格的に再開していくことを、ここに宣言します。

 年内完成めどで、1本の長編作品の初稿を、まずは完成まで持っていき

もっとみる
ありがたきしあわせ🙇
13

書きたいことを書くための仕込みの時間、これからの執筆活動の決意について。

久しぶりにnoteを書く。

 この1年ほど、公私ともにあまりにもたくさんのことがあって、喜怒哀楽の感情の大波に揉まれる日々だった。

 そのため、SNSはTwitterやInstagramに日常の想いを吐露する程度しか使用しておらず、noteでの活動については、ほとんど絶筆気味になっていた。

 物書きとしてアウトプットで成果を出す前段階で、人間的にぶつかる色んな事柄に、ひとつひとつ答えを出して

もっとみる
おおきにです🙇
22

【連載詩集】No.44 誰かを愛するということは。

誰かを愛するということは

一緒にいる時間にときめいたり

これから何をするか楽しんだり

どんなことを話すのか考えたり

お互いの温もりを求め合ったり

そういうことではなくて

そういうことだけではなくて

『愛する人がいなくなってしまった世界まで

受け入れる覚悟を心の中に持つ』

ということではないのかな

誰かを愛するということは

そういうことではないかな、と

もちろん、

そういう

もっとみる
がんばります🙇
19

クリストファー・ノーラン監督、宇宙を題材にした映画作品、世界を知るための学問、「お前はどうしたいの?」という問いについて。

クリストファー・ノーラン監督について

 クリストファー・ノーラン監督って、改めて、めちゃくちゃ凄いなと『インターステラー(2014年)』を再鑑賞して思った。

 この映画、上映当時に観たときは「父と娘の愛と感動の物語なんだな(ハナホジ)」程度の感想だったのだけど、最近は相対性理論、量子力学、多元宇宙(マルチバース)、超ひも理論などを、あくまでも概念的な理解のみだけど個人的に勉強している中で再鑑賞

もっとみる
嬉しいです🙇
34

【プロフィール記事】

2019年5月22日現在、状況もめまぐるしく変化しているので、noteのプロフィール記事を更新しました。

フリーランスライター、狭井悠(Sai Haruka)とは?
https://note.mu/muratassu/n/n77956318f1a2

おおきにです🙇
9