源義仲

いろいろ行くのは良いけれど頭の整理が追いつきません。。。
けど行けるときでないと行けないのも事実。そして行けば行くほど本当に繋がるのか怪しくなる。
とりあえず近場の源氏巡りをすればいい。。。のかな?

いろいろ行くのは良いけれど頭の整理が追いつきません。。。 けど行けるときでないと行けないのも事実。そして行けば行くほど本当に繋がるのか怪しくなる。 とりあえず近場の源氏巡りをすればいい。。。のかな?

スキ
1
大蔵館の戦い

大蔵館の戦い

〇久寿二(1155)年 8月16日 〇埼玉県嵐山町 大蔵館 〇 源義賢(義仲の父)・秩父重隆(義仲の祖父か?)    対   源義平(義仲のいとこ・源頼朝の兄) 〇 都で活躍していた義仲の父・源義賢は、家臣のトラブルに巻き込まれて職を失った。義賢の兄弟は全国各地に領地を持って暮らしていたため、義賢も武蔵国で大武士団を形成しつつあった秩父氏と結び、武蔵国北部(埼玉県)~上野国西部に移住した。ところが、相模国(神奈川県)~武蔵国南部(東京都)に勢力を持つ源義朝が、弟の義賢に

スキ
4
木曽郡の義仲伝承地

木曽郡の義仲伝承地

【義仲とのかかわり】  義仲は2歳の時、父を討たれた。父の所領があった埼玉県から木曽郡の中原兼遠のもとに母と共に身を寄せたという。中原兼遠にはのちに樋口兼光・今井兼平と名乗る息子たちがいて、共に育ったという。(平家物語)  巴も中原兼遠の娘だという。(源平盛衰記)  義仲の元服前は平家物語にも具体的な記述がなく、木曽郡のこる様々な伝承が義仲の少年・青年時代の手がかりである。   ■中原兼遠に関わる伝承地義仲の養父。木曽に所領を持つ人物であったことしかわからない。名字か

スキ
4
六動

六動

六動太郎光景 林六郎光明の郎党。 六動太郎光景の名が燧合戦で見える。 六道寺は港津を備えた交通の要所として古くから開けていた。「越中志徴」によると村名はかつて六動寺という大寺があったことに由来するという。「源平盛衰記」によれば、寿永二年(1183)五月、源義仲が兵五万余騎を率い「六動寺の国府」に屯したという。

4 その他の子孫

4 その他の子孫

清水義高以外の子孫の伝承を集めました ① 義 基(4か所)義仲の次男と言われる。また、義高と混同されている場合もある。 ② 義 重(2か所)義仲の末子と言われている。 ③ その他の子孫(6か所)■まとめまだまだしられていない子孫伝承が全国に残っているかもしれません。「義仲の子孫の伝承が地元にある!」という方は、是非義仲館にお知らせください。

スキ
1
3 清水義高の伝承

3 清水義高の伝承

 清水義高は木曽義仲の長男です。  ドラマや小説ではわかりやすさから木曽義高と書かれることもあります。 義高を有名にしたのは、義仲と頼朝の対立のために鎌倉に送られたことからです。また、義高にまつわる伝承は意外にも広く分布しています。 ■ 義高と大姫のエピソード 清水義高と大姫のエピソードは平家物語ではあっさりと書かれており、後日談は鎌倉幕府の歴史書・吾妻鏡にこれまたあっさりとまとめられています。それらをまとめると、このようなストーリーが浮かび上がります。  義仲と頼朝の間

スキ
2
2 その他女性と子供

2 その他女性と子供

葵・唐糸はじめ山吹以外の女性たちと子供の伝承を集めました。 ① 唐糸(3か所)諏訪大社と関係があるとみられる女性。御伽草子「唐糸物語」に登場する。 手塚光盛の娘として登場するが「義仲の妻」とも伝承されており、諏訪大明神絵詞の「金刺盛澄の娘」をさすのかもしれない。 ② 葵(2か所)源平盛衰記に登場する女武者。長野県内に残る江戸時代の古書などによると、長野市の武将・栗田判官範覚の娘だという。倶利伽羅合戦で討死する。 ③ そのほかの女性と子供(8か所)

5 戦火にあった寺社

5 戦火にあった寺社

義仲の戦で運悪く戦火にあってしまった寺社を集めました。 ①長野県 (5か所) ②岐阜県 (3か所) ③富山県 (3か所) ④石川県 (3か所) ⑤岡山県 (1か所) ④京都府 (1か所)

山吹と子供の伝承

山吹と子供の伝承

義仲館にある「伝承地案内板」の女性たちと子供の伝承の分布図のもとになった各地に残る伝承へのリンクです。 こちらの地図は伝承マップと同じ場所にポイントがつけてあります。「分布図のもとになった伝承を知りたい」という時に使ってください。 伝承を一覧で見たい場合は、下へスクロールしてください。 ① 山吹 ② 山吹の子