平安末期

六動

六動太郎光景 林六郎光明の郎党。 六動太郎光景の名が燧合戦で見える。 六道寺は港津を備えた交通の要所として古くから開けていた。「越中志徴」によると村名はかつて六動寺という大寺があったことに由来するという。「源平盛衰記」によれば、寿永二年(1183)五月、源義仲が兵五万余騎を率い「六動寺の国府」に屯したという。

今井子孫伝承

日本歴史地名体系に収録されているものを中心に、今井兼平の子孫の伝承を集めました。 〇長野県立科町 兼平の子・与惣 〇神奈川県秦野市 兼平の子 〇岐阜県国府町今村 兼平の子孫 〇岐阜県多治見市諏訪町 今井一族 〇群馬県渋川市 〇群馬県多野郡上野 今井兼平の郎等 〇新潟県長岡市 今井兼平の子孫 〇山形県鶴岡市 今井兼平の子孫

スキ
1

今井兼平おもしろ伝承・ゆかりの寺社

今井兼平は木曽義仲の一番の家臣です。 そのせいか、今井兼平にも面白いエピソードが含まれた伝承がたくさんあります。 「なぜそこに…」と突っ込みたくなるようなものも。 〇長野県朝日村「兼平うがいの泉」 〇長野県塩尻市「義仲と兼平が一緒に馬を洗った清水」 なぜか2か所ある。 〇長野県飯山市「兼平の矢あたり石」 なぜか二か所ある。 〇富山県小矢部市「兼平の湯」 〇東京都赤坂 「今井の首洗い池」 ■兼平ゆかりの寺社(「今井」note 居住地伝承と一部重複します)

スキ
3

斎藤実盛

福井県出身、埼玉県に本拠地を持つ武士。 能「実盛」、歌舞伎・浄瑠璃「実盛物語」といった古典芸能の世界で存在感を放つ武士。幼い日に父を殺された義仲を保護し信濃へ送った。その後平家に仕え義仲の軍勢と戦い命を落とした。 ■実盛の出身地 坂井郡丸岡町長畝、敦賀市縄間、加賀市長井町など諸説あるが、鯖江市南井の斎藤家はその後裔と伝えられる。 「帰鴈記」には「南井の里は斎藤別当が古郷なり、屋敷の跡今もあり、此所に正瑞院といふ禅寺かすかに残れり、是実盛が菩提所なりとて、幾とせの星霜を

池田

池田次郎忠康 富山県小矢部市今石動町 北陸(越中)武士 倶利伽羅合戦の時、義仲が鳥居を見つけ、地元に住む池田次郎に「いかなる神をまつっているのか?」と聞いたという。

下田

北陸合戦で林・富樫に次いでよく登場する。源平盛衰記には「ひきた」とルビがあり、疋田氏をさすとみられる。

入善

入善小太郎安家 富山県下新川郡入善町入膳 北陸(越中)武士 宮崎党 入善小太郎は宮崎太郎の嫡子。東大寺領入善庄は五〇〇年ほどにわたって営まれた。燧合戦、平家を追い落とす安宅の戦いで平家の侍高橋判官長綱と組みあった。その首をめぐって叔父の南保二郎と功を争い、義仲が見事な裁きを見せたエピソードがある。

賀茂島

賀茂島七郎 富山県高岡市鴨島町 北陸(越中)武士 燧合戦、平家を追い落とす安宅での戦いに名が見える。

吉田

吉田四郎 富山県小矢部市・南砺市 北陸(越中)武士 燧合戦で名が見える

千国

千国太郎真高 新潟県糸魚川市? 北陸(越後)武士か 燧合戦で名が見える。千国街道越えは信州と糸魚川を結ぶ道であったため、その周辺の武士とみられるが詳細は不明。