流動比率

流動比率がなにかを家計簿で例えてみる

むかちんです♪

今回も前回に引き続き
財務指標である流動比率について
解説したいと思います。

なんとなーく
流動比率のイメージが沸いていただければ。

流動比率は

企業経営における短期的な支払能力を
判断するための指標

前回お伝えしました。

算式はこちら。

流動資産 ÷ 流動負債 × 100

流動比率は

200%以上が望ましいと言われています。

この200%以上が

どういう状

もっとみる

流動比率の意味とは企業経営における短期的な支払能力を判断するもの

むかちんのなんとな~く学べる会計ノート

むかちんです。

今回は財務指標のうち
支払能力を判断する指標を紹介します。

今回紹介するのは
流動比率です。

流動比率とは
企業経営における短期的な支払能力を判断する指標です。

算式はこちら。

流動資産 ÷  流動負債 × 100



流動資産と流動負債、さてなんだ?

という方に♪
おさらいをしましょう。
簡単にいうと

流動資産は1

もっとみる

単なる申告から土台づくりへ頭の体操!短期、中長期的な財務状況を理解することで、将来への改善・戦略を考えるための会計スキルアップ!

貸借対照表をよーくよーく見ると、会社がどのような資金状況で経営を行ってきたのか、会社の身体の状態がわかります。 駒井伸俊先生|ビジネスコンサルタント・税理士・中小企業診断士

平均1%の経済成長、売り上げがほとんど変わらない時代に、設備投資が適切でなかったり、新たな人員や広告宣伝が適切でなかったり・・・

売上だけを追っていける時代ではなくなったからこそ、環境変化に対応できない企業が市場から消えて

もっとみる