作家デビュー七周年

2013年に第四回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、同年8月30日に受賞作「天涯の楽土」が刊行されてデビュー、そしてまる7年が経過しました。この9月には金椛国春秋シリーズも9巻目を数えて、同シリーズのコミック版「後宮に星は宿る」一巻が同月刊行されます。

長いようであっという間でした。デビュー後の2年間は書き下ろしが没、別の書き下ろしがボツ。企画は通らず、三年目に出してもらった単行本やシリーズも

もっとみる
ありがとうございます😊
22

金椛国春秋(9) 臥竜は漠北に起つ

金椛国春秋シリーズ最新巻、発売になりました‼️

表紙が嬉しいスリーショットです😃 

遊圭もすっかり成長しましたね。物語では約八年の歳月が流れています。そろそろ二十歳になるかならないか、というあたりです。裏設定的に山羊座なので、年末年始の前後が誕生日。しかし作者はちゃんと数えたことがなくて(⌒-⌒; )数え年だし。

ところで、表紙の玄月が奏でているのは箜篌(くご)という西方由来の竪琴です。正

もっとみる
ありがとうございます😊
7

「蒼天の王土」刊行記念・隼鷹徒然(4)

「天涯の楽土」取材旅行 2013年5月

2日目: その1、熊本県 阿蘇くじゅう国立公園

野性時代フロンティア文学賞を受賞し、受賞作品が出版されることになり、篠原は慌てました。デビュー作となる「天涯の楽土」は、書籍資料と、YouTube映像とグーグルマップをもとに想像力だけで書き上げた物語です。

現代でも、舞台となる阿蘇や北九州にはたくさんの人が暮らしていて、日本中から旅行客が訪れます。二千年

もっとみる
ありがとうございます😊
14

「蒼天の王土」刊行記念・隼鷹徒然(3)

「天涯の楽土」取材旅行 2013年5月

1日目: 山口県、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム

砂に埋もれた弥生の里

松江の帰省を終えて、東広島泊&経由でなろう友Fさんの愛車で土井ヶ浜へ。というか国道? 林道じゃん。単線だし、路側帯は削れてるし本当に国道?ナビ嬢まじでこれ国道?(涙目)な国道435号線。林道とか廃道じゃね?(赤い矢印のどこか)

😭間違ったかと悩んでもUターンできないし、対面通

もっとみる
ありがとうございます😊
7

篠原悠希について

南半球の島国ニュージーランド在住の小説家です。

英語圏の海外に住んでいるのに、得意ジャンルはアジア(日本、中華、中央アジア、西アジア)が舞台の歴史・時代・青春・ファンタジーです。

以下、既刊書籍

2013年3月 第四回野性時代フロンティア文学賞を受賞。

9月 受賞作「天涯の楽土」を刊行 角川書店・日本古代(弥生時代)の冒険ファンタジー

2015年 11月

「座敷わらしとシェアハウス」角

もっとみる
ありがとうございます😊
12

「蒼天の王土」刊行記念・隼鷹徒然(2)

天涯の楽土・蒼天の王土 制作日記

目次

《天涯の楽土》

2013年5月 (野性時代フロンティア文学賞授賞式)

山口、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム→(門司)→熊本、阿蘇くじゅう国立公園・阿蘇神社→佐賀、吉野ヶ里歴史公園

《蒼天の王土》

2013年11月(角川三賞受賞パーティー&懇親会)

静岡県、伊豆下田半島→登呂遺跡・登呂博物館→富士山登山→新潟県、糸魚川・ジオパーク・長者ヶ原考古

もっとみる
ありがとうございます😊
11

○今日は 倉本由布 先生のお誕生日です おめでとうございます 今年は尖った芸術性!

※この記事は2018年11月24日に書かれたものです。

倉本由布○夢に会えたら むすめ髪結い夢暦は断然熱い
■高等学校在学中に「サマーグリーン/夏の終わりに・・・」が、
干合年だった84年(木子)の
第3回コバルトノベル大賞(84-0401/草丑)に佳作入選。
これは当時史上最年少の16歳で受賞。
その後、雑誌「Cobalt」にて作家活動をスタートし、
高校三年生時のDNA「車」の半会年に
「恋

もっとみる
○わ~い、あなたもハレになる♪
1

おまけの小話 伝説は未来まで

結が伸介と結ばれた後、旅に同行したメンバーとの間でひと悶着があったが皆納得して二人を祝福する。

そして江渡の殿様の計らいにより二人は結の故郷の村で穏やかな暮らしをして生涯を過ごす。

その後結が亡くなった後も彼女を崇める信者達の信仰は変わることなく彼女の育った村に小さな神社が建てられる。

そして彼女のことを結姫(むすびひめ)と呼ぶようになりいつしか人々の間ではくくり姫と呼ばれるようになっていき

もっとみる
帽子屋「おや、有難うございます」

noteオリジナル番外編 賢者と呼ばれた少女と星読みの一族の男

これは邪神を討伐した後の出来事である。神子達の前から姿を消した刹那は一人森の中に佇む時の神殿まで帰ってきた。

「流石は、賢者と呼ばれるだけのことはありますね。神子様達を導き見事邪神を討伐されました」

「……」

時の神殿に入ろうとした時背後からかけられた男の声に、彼女は何も言わず振り返る。

「これにより邪神の脅威はなくなり、人々は安心して暮らせるようになりました。賢者様感謝いたします」

もっとみる
アリス「押してくれてありがとう」
1

番外編 本編第十章 主と護衛兵その二 譲れない想いに

それぞれが思い思いに時を過ごすこととなり弥三郎は宿として借りている部屋の机に向かい、この前買ったかんざしをどうやって神子に渡そうかと考えていた。

「失礼します。弥三郎様少々よろしいでしょうか」

「あ、亜人。丁度良かった。このかんざしを神子様に渡そうと思うんだけど、どうやって渡したらいいと思う」

控え目に戸が叩かれ亜人が入室してきたため笑顔で彼に相談する。

「……」

「?」

神妙な面持ち

もっとみる
帽子屋「おや、有難うございます」
2