未知への挑戦

未知のプログラミング言語を導入してでも、成したかったエンジニア組織づくりへの挑戦

こんにちは。Fringe81 note チームの横山です。

今回は、Fringeのエンジニア組織づくりのお話です。

Fringeの技術開発本部長である関が挑んだ「壁のないエンジニア組織づくり」について、関に振り返ってもらいました。ぜひ、ご覧ください!
(関の紹介は以下の記事をご覧ください)

+++

プログラミング言語が境界性となり「技術の壁」が生まれる

こんにちは。Fringe81の関で

もっとみる

都合よく未来を歪曲することが危険への入り口。北極冒険家の哲学(後編)~冒険とリスク~

こんにちは。Fringe81 noteチームの横山です。

Fringe Explorer アンバサダーである北極冒険家 荻田泰永さんへのインタビュー(前編はこちら)。後編は「冒険とリスク」をテーマにお届けします。
1つの判断ミスが命の危険に直結する極限の世界で、大自然の驚異と向き合い続けてきた荻田さんの哲学は、我々ビジネスパーソンがリスクに向き合う際に大きな助けとなるはずです。ぜひご覧ください!

もっとみる

未来は変わらない。過去が変わり、未来が決まる。北極冒険家の哲学(前編)~未知への挑戦の意義とは~

こんにちは。Fringe81 noteチーム 横山です。

Fringeでは、時代が変わっても変化することがないFringeの本質的な価値観である「Be an Explorer(探検家たれ)」を体現するアクションとして、「未知への挑戦者」を増やす「Be an Explorerプロジェクト」を開始しました。

Fringe Explorer アンバサダーに就任した北極冒険家の荻田泰永さんへのインタビ

もっとみる

感謝の言葉で組織が強くなる瞬間~ドキュメンタリーに挑んだUnipos感動CMのウラ側~

こんにちは。Fringe81 noteチームです。

クリスマスも終わって、今年も残りわずかですね。
今回は、年の瀬に心がほっこり温まるお話を紹介したいと思います。

さっそくですが、皆さん、こちらのCMをご覧になったことはありますか?見てもらえていたらすごく嬉しいです。
見たことがない方は、まずはぜひ、ご覧ください。

このCMは、2019年11月に、Fringe81の子会社であるUniposが

もっとみる

呪われた作戦

絶対悪を名指しして「自分はそれには属していない」とする方法

はっきり言うと、私たちには絶対悪なるものは断言はできない。

それは神さまがいるかどうか?を証明できないのと同じこと。

絶対的なものは善だって悪だってわかりゃ苦労はないのだ。

私は哲学問答には興味はない。

ただ人間が人間を人間らしく扱うことができるかどうか?が問題だ。

絶対悪なんてこの世には存在しないものでも、言い掛かりをつけら

もっとみる
ありがとうございます。
11