書き下ろし小説

注目の書き手・世田谷ピンポンズ特別寄稿「サンライツ青葉台」

注目の書き手・世田谷ピンポンズ特別寄稿「サンライツ青葉台」

さまざまな街、そしてそこで生まれた思い出。どこか郷愁を感じる文章や音楽を発信しているフォークシンガーの世田谷ピンポンズ。又吉直樹とのコラボなどでも話題になった彼が「上京」をテーマに、書き下ろしエッセイを寄稿。 文/世田谷ピンポンズ 「ちん」  ひとけのない食堂にサトウのご飯を温め終えたレンジの音が鳴り響く。食堂は入寮するちょうど数ヶ月前に廃止され、今は機能していない。一応、キッチンは自由に使っていいらしかったが、料理をするような寮生を見かけることなど全くない。勝手が分か

スキ
12
【医療ミステリー】裏切りのメス―第56回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第56回―

【前回までのあらすじ】  チーム小倉のリーダー・下川亨と、妻・佐久間君代は、一連の事件の犯人はチームの吉元竜馬ではないかと、疑い始める。小倉明俊になりすまし、医師として返り咲いた吉元は、自身のなりすましを知る人物を排除しようとしている、と考えた。もう一人のチームメイト・湯本利晴は、なりすましの事情をしらないため、下川と佐久間は2人で事件の真相を探ることにした。二人は事件に巻き込まれたと思われる白木みさおの供養をしてから、弔い合戦へと進む決意を固めた。   陰謀渦巻く病院ビジネ

スキ
450
【医療ミステリー】裏切りのメス―第53回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第53回―

【前回までのあらすじ】  チーム小倉のリーダー下川亨と妻・佐久間君代が狙われた事件で、チームの湯本利晴は現場にあった空のワインボトルを回収していた。前職の伝手を使って科捜研に調査に出したのだ。一方、一番の疑いをかけていた尾方肇にはアリバイがあった。兄貴分の木村恭二郎の出所祝いパーティに出席していたのだという。犯人探しは振り出しに戻ってしまった。  陰謀渦巻く病院ビジネスを舞台とした【医療ミステリー】連載。毎週火曜日更新! -著者プロフィール- ●田中幾太郎/ジャーナリスト

スキ
541
【医療ミステリー】裏切りのメス―第52回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第52回―

【前回までのあらすじ】 一酸化炭素中毒で命を狙われたチーム小倉のリーダー下川亨と妻・佐久間君代。事件のあらましを推測していくうちに、医療用麻薬で眠らされ、小型発電機を使った犯行ではないかと憶測した。事故で処理される可能性が高いことから警察に被害届は出さず、自らで調査することにしたチーム小倉。まず、一番疑いのある尾方肇のアリバイから調べることとなった。  陰謀渦巻く病院ビジネスを舞台とした【医療ミステリー】連載。毎週火曜日更新! -著者プロフィール- ●田中幾太郎/ジャーナリ

スキ
561
【医療ミステリー】裏切りのメス―第44回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第44回―

【前回までのあらすじ】  尾方肇と対峙することを決めた「チーム小倉」のリーダー下川亨は、メンバー全員で集まり今回の事件の顛末と尾方と直接会う方針を話し合った。メンバーは口を閉ざしたが、元刑事の湯本利晴が面識ある尾方とのアポイントを取り付ける、と請け負う。尾方との直接対決が迫っていた。  陰謀渦巻く病院ビジネスを舞台とした【医療ミステリー】連載。毎週火曜日更新! -著者プロフィール- ●田中幾太郎/ジャーナリスト 1958年、東京都生まれ。『週刊現代』記者を経てフリー。医療、

スキ
673
【医療ミステリー】裏切りのメス―第43回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第43回―

【前回までのあらすじ】 「チーム小倉」のリーダー下川亨は、妻でありメンバーの佐久間君代に、警察は蒔田直也と白木みさおの死が事故死であるという方針で捜査していることを話した。そして、自ら調査に動くことを告げる。チームの湯本利晴の捜査も進捗が上手くいかず、下川は自ら尾方と直接会うことを考えていた。  陰謀渦巻く病院ビジネスを舞台とした【医療ミステリー】連載。毎週火曜日更新! -著者プロフィール- ●田中幾太郎/ジャーナリスト 1958年、東京都生まれ。『週刊現代』記者を経てフリ

スキ
688
【医療ミステリー】裏切りのメス―第42回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第42回―

【前回までのあらすじ】 捜査が縮小される……。元刑事の湯本利晴から警察の方針を聞いた下川亨は、憤懣やるかたない思いでそれを聞いていた。心の中では、殺人であることに疑いの余地はないと確信していたからだ。 さまざまなトリックを下川と湯本は考え、湯本が独自に調査に動くこととなった。  陰謀渦巻く病院ビジネスを舞台とした【医療ミステリー】連載。毎週火曜日更新! -著者プロフィール- ●田中幾太郎/ジャーナリスト 1958年、東京都生まれ。『週刊現代』記者を経てフリー。医療、企業問題

スキ
707
【医療ミステリー】裏切りのメス―第40回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第40回―

【前回までのあらすじ】 刑期を8ヶ月も前にして仮釈放を受け、外に出ていた尾方肇。暴力団関係者の場合、仮釈放を受けることは難しいが、尾方は恋人のリン・ジャイーと獄中結婚し、彼女の義母を利用して仮釈放を得ていた。果たして、「チーム小倉」のメンバー2人の死と尾方は関係しているのか。様々な疑念がのリーダー下川亨の頭をよぎるが、いまだ真相は闇につつまれていた。  陰謀渦巻く病院ビジネスを舞台とした【医療ミステリー】連載。毎週火曜日更新! -著者プロフィール- ●田中幾太郎/ジャーナリ

スキ
716
【医療ミステリー】裏切りのメス―第39回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第39回―

【前回までのあらすじ】 「チーム小倉」のリーダー下川亨が危惧した通り、尾方肇は刑期を8ヶ月も前にして仮釈放を受け、外に出ていた。ますます、「チーム小倉」のメンバー・蒔田直也と白木みさおを殺害したのは尾方ではないかと、疑念を深める下川だった。  陰謀渦巻く病院ビジネスを舞台とした【医療ミステリー】連載。毎週火曜日更新! -著者プロフィール- ●田中幾太郎/ジャーナリスト 1958年、東京都生まれ。『週刊現代』記者を経てフリー。医療、企業問題を中心に執筆。著書は最新刊として『歯

スキ
717
【医療ミステリー】裏切りのメス―第38回―

【医療ミステリー】裏切りのメス―第38回―

【前回までのあらすじ】 「チーム小倉」の蒔田直也と白木みさおが不審死した事件で、リーダーの下川亨とチームの一員であり妻の佐久間君代は警察で事情聴取を受けた。聴取を行ったチーム小倉の湯本利晴の後輩、佐山翔刑事から警察も事件性があると考えていることを聞かされる。  その晩、湯本と落ち合った下川はより詳しく警察の見解を聞くことができ、より殺された可能性が高いことを知ることとなった。下川の胸には約4年前にチーム小倉の前に現れた尾方肇の姿が浮かんでいた。  陰謀渦巻く病院ビジネスを舞台

スキ
738