虎徹書林店主あらたま

文筆家(小説・エッセイ)時々占師見習い(占術研究)。 noteの中の記事もだいぶ書き溜まってきました。 そろそろ現世に引っ張り出しましょうか?

虎徹書林店主あらたま

文筆家(小説・エッセイ)時々占師見習い(占術研究)。 noteの中の記事もだいぶ書き溜まってきました。 そろそろ現世に引っ張り出しましょうか?

ウィジェット

マガジン

  • 希里峰の苗床

    物語を「育て」るために、日々種を撒くように書き綴っていくアイデア。その中には残念ながら物語という形には育たないかもしれない……いわゆるボツネタも存在します。 とはいえ、ゆっくりと育てたならば、もしかしたら可愛い花を咲かせてくれたり、大木になって涼しい木陰を提供してくれるかもしれない。種のまま眠らせておくには惜しい。 そんなアイデアを埋めて・水をやって・日の当たるとこに――皆様がお読みくださり、何がしかの『思い』がポロっと零れ落ちたなら、それが肥料になるでしょう(^^♪ 更新は月二回くらい。 エンタメ寄りの文字だらけnoteです。

  • 光画どろっぷ 「どなた様もご自由にお入りください」ギャラリー

    カメラと遊ぼう。 カメラで遊ぼう。 カメラとの時間の「純度」を上げていきたい。 エッセイのネタでなく、小説の資料でもない、気持ちの揺らぎのままに撮った写真。 小さなギャラリーの壁に掛けるようにお出ししていけたらなと思います。

  • 【虎徹書林のチョイ怖】第三話『そば処 千妖にいらっしゃい』

    虎徹書林ぷれぜんつ 木曜日連載『チョイ怖』シリーズ。第三話にして、読者様感謝企画第二弾!です 第一話『同人誌の夜』のリアタイ読者の皆々様にアンケートを実施、テーマが確定したのが第三話。アンケートにお答えくださった読者様がカメオ出演されます。いつ?どこで?登場する読者様を探すワクワク感もお楽しみくださいませ。 【あらすじ】 河のそばの路地をちょっと入ったところ。 おばあちゃんと「私」が切り盛りする小さな小さな御蕎麦屋さんは、今日も穏やかに営業してます。 ご近所さんや常連さんに愛される御蕎麦屋には、たまーにですが「ちょっと変わったお客様」がいらっしゃいます。おばあちゃん曰く「どちらさまも大切なお馴染みさん」らしいのですけど……。

  • 虎徹書林の週報

  • あらたま流きもの雑記

    【火曜日連載:20:00頃更新】 普段着きもののことを、思いつくままに書いています ・一式ご紹介……Instagramに投稿している「その日のきもの記録」を引いて、こだわりポイントやプチ用語解説などご紹介 ・小話……一式ご紹介からテーマを拾って深掘りしたり、徒然エッセイ書いたり。時たま、研究レポートやお散歩メモも登場します。 ※全文無料でお楽しみ頂けます ※※本文スタート前に、拙著・note作品(マガジン含む)のご紹介を挟んでいます

最近の記事

固定された記事
+4
    • 悪臭

       ※pixiv小説で公開したオリジナル怖掌編小説『悪臭』に加筆修正。  ※実話怪談ではありません。  ※#2000字のホラー応募作品。  最寄り駅に向かういつも通りの、特段変わった場所などない通学路での話。  もうすぐ始まる期末試験の事を考えながら、重くも軽くも無い足取りで歩いていた時の事だ。  反射的にクサぃッ!と言い捨ててしまうほどの強烈さだった。  英語の担当教員が自慢げに纏うしつこいだけの香水より重層的で、故に本能は研ぎ澄まされ、強く危機感を覚える――酷い悪臭。

      スキ
      10
      • 【希里峰の苗床:定期購読マガジン】 2022年9月16日版

         御無沙汰しております。虎徹書林専属作家の希里峰です。  御無沙汰も御無沙汰、noteの新規ファイルに向き合うのがどんだけぶりだ?という話です。  なんなら、定期巡回もお休みしていました。  細く長く楽しく書いていくために、noteとの関係をちょっと見直してみようというかなりぶっ飛んだ試みは、いまのところ良い成果をもたらしてくれているようです。  noteをお留守にしてる間に、ペーパーバックの新刊を一冊上梓し、チョイ怖を一本書いて昨日公開しました。伸び伸びと「書きたいテーマ」

        スキ
        9
        • 【ボツネタの種まき】削除済みのつぶやきより「希里峰流練習之心得」【希里峰の苗床】

           いつもお世話になっております。  虎徹書林所属文筆家の希里峰です。  もうすぐ出版の新刊をコツコツ作り込む日々。初校を出して、束の間の休息を取りつつ、この原稿を書いています。  新刊を書くにあたり掌編作品の特訓をやりました。書きたいテーマとその方向をしっかり定めるために、原稿の作り込みの方法そのものを見直したりもしました。  いくつかの手法を練習する中で、台詞から話を膨らませる、というのがなかなかの難題でした。普段の私の書き方はテーマがあって、舞台を作り、登場人物とその周

          スキ
          7
          有料
          333
          残り10/10

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 希里峰の苗床
          虎徹書林店主あらたま
          ¥222 / 月
        • 光画どろっぷ 「どなた様もご自由にお入りください」ギャラリー
          虎徹書林店主あらたま
        • 【虎徹書林のチョイ怖】第三話『そば処 千妖にいらっしゃい』
          虎徹書林店主あらたま
        • 虎徹書林の週報
          虎徹書林店主あらたま
        • あらたま流きもの雑記
          虎徹書林店主あらたま
        • 妖異の前置き
          虎徹書林店主あらたま

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          『ひとの役に立つモノを書け』 読まれなければ意味が無いというから、役立ちそうなことを懸命に探して書いた 結果は、ちっとも読まれなかった 私の「役立つ」と誰かのそれは必ずしも一致しない 鉄板ネタは既に何百万回と擦られてるし だから 『書きたいモノを書く』 これが一番だと断言する

          スキ
          11

          物心つく頃には基督教に触れ 数人でイベントとか一般物販とかでの収入は 『諸経費差し引いて余った分どうする?→計算めんどいから全額寄付』 が極々自然の流れだったから 「寄付したいんで協力して!」 「全額寄付した証拠に報告します!」 とかって論理回路、マジでわからんのよな

          スキ
          10

          感謝ってなんだ? 自慢か?勲章か? やっと気持ち悪さの正体を掴んだ 私は私のやり方で クドいくらいに濃ゆい小説で こっそり積んでる四行詩で CLIP STUDIOとの格闘で 私の作品を 芯まで味わい尽くしてくださる方々に 感謝と愛を濃縮還元していく

          スキ
          13

          【チョイ怖第四話の制作状況】

          スキ
          7

          先ずは主戦場から ……てことで、note帰還計画は木曜日のチョイ怖シリーズからスタートすることにした 本日プロット書き上げ 来週から新刊の原稿と並走させつつ書きすすめる予定 私は私の進め方で 余所さんのまーけてぃんぐなんぞにかまってられるか ……と背筋伸ばして行きたいものデス

          スキ
          9

          書きたいことは山ほどあって、新規ファイルを立ち上げては下書き保存 noteで作品公開するのが怖くなってる 蓋を開けたら状況は予想以上に悪い でもさ、経験上わかってんの 書くしかねえのよ 書いて、書いて 「どーせ読んでもねえくせに」 と開き直る強さを身に着けねば

          スキ
          14

          有益なものしか読む価値などない。と言われたら、ぐうの音も出ない 私が書くのは、時に埋もれていくしかない無名の人々が託してくれた一瞬を少し加工した話。私が美しいと思って、お節介にも書き残してるだけの話 益は無い けれど一瞬の物語に何かを見出してくださる方が居るのよ、不思議でしょ

          スキ
          13

          【ボツネタの種まき】優しくない私の、鎮魂の話【希里峰の苗床】

           いつもお世話になっております。  虎徹書林所属文筆家の希里峰です。  お久しぶりのボツネタ供養エッセイです。  今回は悩みに悩んで全体公開することにしました。  季節柄タイムリーな話題に触れたというのが一つ、昨今の現世情勢への思いが多分に入ってしまったというのが一つ、私という人間を作る「部品」を知っていただく良い機会になるかもという期待が一つ。この三つが重なることに気付いた時は、即座にお蔵に入れるのを検討しましたが、推敲しながら文中に出てくる人たちへの供養にも繋がるかもし

          スキ
          12

          遠征出店か……やってみたいなあ ↑これくらいの野心は常に持ち続けていたいと思う 来年、一回遠征! あらたな目標

          スキ
          6

          私も人の子。それも凡人の下の方なので、来る者拒まず全力応援!なんてのは無理なのだ それどころか、ちょっと応援するのは遠慮させてもらいたいわあ……てこともたまーにあるから、その時はのーたっち主義を貫かせていただく 遠い宇宙の彼方から見守るつもりで お幸せにね、と祈るしかないのだ

          スキ
          13

          朗読「配信」じゃなくて 「朗読会」をやりたい マジの一回こっきり

          スキ
          10

          【掌編修行】いつだって自由研究【希里峰の苗床】

           いつもお世話になっております。  虎徹書林所属文筆家の希里峰です。  夏らしいテーマで掌編修行をと、テーマ決めから1000字に収めるのを念頭に書き進めてみました。  夏休みのお子様方にも楽しんでいただける、ちょっぴり怖くて切なくてどこかコミカルなお話を目指して!……だったのに、ちっともそうならなかったようです。解せぬ。  ※怖さ激マイルド!な掌編はpixivで修業してます。お子様方にも広く楽しんでいただけますように。推奨年齢は中学生以上。 今回の掌編小説 テーマだけは夏

          スキ
          10
          有料
          120
          残り10/10