春日野道

神戸市中央区「春日会商店街(かすがの坂)」で気のいいなまずちゃんのアーチをくぐる

兵庫県神戸市中央区の「かすがの坂」にやって来ました。JRに乗っていたら見えますよねこのなまずちゃんのアーチ。

 よく見るとなまずの両端は龍なのですね。どういうことなの……? 例によって例によってこの地域恒例の民話シリーズの1つでして、ここは「かすがの坂の気のいいなまず」。龍神様の真似をして「こうすれば願いが叶う」とでたらめを言ったなまずの運命はみたいな話なのですがまぁ詳しくは検索してみて下さい。

もっとみる
ありがとうございます! 嬉しいです!
1

神戸市中央区「春日野道商店街」で可愛い店名看板に出会った話

春日野道商店街を歩く

 兵庫県神戸市中央区の「春日野道商店街」にやって来ました。南に阪神電車の春日野道駅、北に阪急電車の春日野道駅と2つの春日野道駅に挟まれた商店街です。阪神電車側からスタートします。
 のっけからインパクトのある絵がお出迎えです。港町ならでは? のカモメにポートタワーが小さく描かれています。

 立派なアーケードに路面も綺麗に舗装されています。左手の「喫茶パン神戸屋」の渋い看板

もっとみる
ありがとうございます! 嬉しいです!

5月の憂鬱と6月のこれから、そして新事業のはなし

5月に入ってから、売上比率がいままで見たことない感じになった。

 テイクアウトが増大しすぎて、持ち帰り専門店みたいな感じに。

 喫茶売上は激減し、この先、これが戻るのかどうか不確定で、さらに5月前半は世間的な小麦粉不足でお菓子が作れなくなる日があり、4月とくらべるとまさにジェットコースターのようなアップダウンとなった。

 小麦粉不足・・・。

 ステイホームの影響で、家でお菓子を作る方が増え

もっとみる
読んでいただき有り難う御座います!!!
5

コロナウイルスで売上が上がったカフェ

全国の飲食店が泣いてる、というかもはや阿鼻叫喚な状況なわけで、ご多分に漏れず、当ぴらにやカフェも売上は・・・

 上がった。(マジか・・・)

 3月よりもどう考えても4月伸びてる。

 4月ももうすぐ終わるけど、現時点で3月の売上はとうに越えてる。

 なぜか???

 さまざまな要因・要素が重なって、そうなったのだろうけど、ひとつひとつ分析をしていきましょうか。

①テイクアウトと宅配(ube

もっとみる
読んでいただき有り難う御座います!!!
10

ぴらにやカフェ10周年

ミニマムな生活を10年ほどしてしまった。

「ミニマムな生活」という表現も10年という年数も正確か?といわれたら、自信がないし、ぜんぜん違うような気もするけど、ぴらにやカフェがオープンして、今日で丸10年経ったのは間違いない。

 コーヒー豆を焼いたり、お菓子を焼いたりして、それを売り、幾ばくかの生活費を得て暮らす。そういうサイクルがとても好きで、今でも大好きだ。

 できることなら、このサイクル

もっとみる
読んでいただき有り難う御座います!!!

新川スラムの流れを汲む、神戸下町の真髄「生田川地区」の市営住宅とお好み焼きと賀川記念館

大阪では日本橋にあった「長町スラム」、京都では東九条に崇仁地区、かたや東京では四谷の鮫河橋…大都市にこそスラム街というものは必然的に生まれ、人間社会における貧困と差別と不幸が世代を超えて繰り返されている。

こちら神戸においても、そのようなスラムを源流とした地域がある。兎角、神戸でそのような地域はどこかという話題で何かと槍玉に上がるのは「長田区」ばかりなのだが、その陰に隠れるようにあまり見向きされ

もっとみる