愛のカタチ

熟成社会

【結婚する】というより【誰かと暮らす】
ことに重きを置いて
生きていくことを考えると少し楽だ。

プレッシャーやしがらみ、
焦りから解放されると同時に
自分が思い描く【幸せ】を表現するにはちょうどよいと思う。

愛にはいろんなカタチがあって、
それを受け入れるよう社会が熟成していくのを願っている。

Kiitos!(フィン語)
6

愛のカタチはどんなカタチ

私は今日という日を心からの愛をもって迎えよう。

 今朝そう誓ったはずのわたしは、5時間後に大声で仲間を罵っていた。会う約束の時間10分前にドタキャンの電話。迎え入れることを楽しみにしていたわたしは張り切って昼食と彼女のバースデーケーキを準備していた。食事の準備もケーキの準備も誰も頼んだわけじゃあいない。わたしが勝手にやったこと。それでもカーッと頭に血が上り、はらわた煮えくりかえり、怒りが収まらな

もっとみる

ポリアモリーと浮気の違い。それは罪悪感。

〜「一人すら愛せない」んじゃなくて、「全員愛せる」だけだった〜

結局浮気とどう違うのか。

ポリアモリーを語るときにみんな一番頭を悩ますのがこれなんじゃなかろうか。

浮気とポリアモリー

結論から言うと

やっている事は全く同じ

その行動の裏にあるフィーリング、意図が違う

というのがわたしが経験から得たこと。

浮気の根底の根底にあるのは

「私は一人の人もろくに愛せない人間だ」

「この

もっとみる

人を愛するということ

「ごめんね。」

貴方と出会った時はとてもワクワクして、もっと貴方が知りたくて、ドキドキして、そんな感じを味わいたくて、傍に行きたくて。

「でも、一緒にいられなくなってごめんね。」

私は貴方とずっと一緒にいたかったんだ。この世界のルールに乗ろうとするよりも、純粋に一緒に心地よく過ごしていたかったんだ。

地球の恋愛は、どうしてこんなに息苦しいのだろう。
本当に人を愛する事が、限りなく困難な状況

もっとみる
ありがとうございます!💕
5

誰かと暮らすということ。

【結婚する】というより

【誰かと暮らす】ことに重きを置いて

生きていくことを考えると少し楽だ。

プレッシャーやしがらみ、

焦りから解放されると同時に

自分が思い描く【幸せ】を表現するには

ちょうどよいと思う。

愛にはいろんなカタチがあって、

それを受け入れるよう

社会が熟成していくのを願っている。

Kiitos!(フィン語)
8

ほのぼの

最初の記事では恋人の聖地をUPしたが、今回はほのぼのとした場所を見つけたので撮ってみました。

カメラ台も用意されていたりとなかなかのサービス。
ホントならベンチに座ってパチリなんだろうけど、今日はスーパーカブと。

#愛のカタチ #画像 #風景 #バイク #バイクのある人生 #愛 #恋 #みんなのフォトギャラリー #オートバイ #スーパーカブ #写真 #ほのぼの

もっとみる

愛のカタチ?

はじめてのnoteへの投稿。

久々バイクに乗って眺めの良いところへ。

ここに恋人の聖地というものがあります。

近づいてみると

南京錠がたくさん。

え〜と、、愛ってなんだっけなんだっけ? そうか!南京錠だから軟禁なんだ。笑
缶コーヒーを飲んで春の陽気を感じ楽しんできました。^_^
心を縛るものを少なくしてハツラツと生きたい^_^ #バイク #ツーリング #バイクのある人生 #恋人の聖地

もっとみる

「フランス流“愛のカタチ”」

「愛」の国フランスと言われていますが、今回はそんなフランス人の愛の形についてお話します。

そもそもフランス人は日本人と違って人の“年齢”や“職業”をあまり気にしません。
若い女性が大好きな日本の男性とは違って、フランスではむしろある程度の年齢に達している女性の方が魅力的とさえ言われているのです。
という事からフランスの女性は幾つになっても恋愛を楽しむ事が出来る。
“自由でいたい”という思いがやは

もっとみる
ありがとうございます!すごく嬉しいです(⋈◍>◡<◍)。✧♡

名言から「カスタマー愛」を考えてみた

前回のプロダクト愛についての恋愛タイプごとの愛し方の続きで、
今度はカスタマー愛についてまとめてみました。

今回は恋愛タイプではなく、愛についての「名言」と照らし合わせながら、果たしてどう考えていくのが良いのかをざっくりと。

それではいってみましょう!

・何でこんなに戸惑っているんだろう・・・

戸惑えば戸惑うほど、
それは愛しているということなの。
 
- アリス・ウォーカー -
(米国の

もっとみる
ありがとうございます!少しでもお役に立てたら嬉しいです!
6

恋愛タイプから見るPMとしてのプロダクトの愛し方

愛とは動詞である。愛という気持ちは、愛という行動の結果にすぎない。

これはスティーブン・R. コヴィーの「7つの習慣」という本の中でかかれてある一文です。愛とはそこに存在するもの「名詞」ではなく、何かの行動が表すという「動詞」であるということで日本語で「愛」というと名詞でしか成立せず、動詞にするには「愛する」なのですが、英語圏だと「LOVE」という言葉で名詞でも動詞でも成立するという何とも不思議

もっとみる
ありがとうございます!少しでもお役に立てたら嬉しいです!
3