平重盛

私本義経 前史 長兄の日々3

六波羅

果たして清盛殿の、信頼殿への返事など、丸きりの偽りだった。
俺たちを安心させておき、その裏で院政派とも親政派とも、話をつけていたのである。
今上と上皇は、お二方ともに信頼殿が押さえていたはずなのだが、今上は女装にて、牛車で逃げ出され、清盛の住まいする六波羅に入られたという。
上皇は仁和寺に避難された。
お二人とも信頼殿の手の内を出(いで)た。
清盛殿の手の内に陥ちたのだ。
父も俺も怒髪天

もっとみる
あらどうも
1

異香ただよう

雨の匂いのする薄曇りの朝、梅雨の木曜だった。口の渇きを感じながら、私たちは京都を車で走っていた。修理を終えた仏像群に随侍して、2年ぶりの上洛だ。古い御像の運搬は、運転にも相当気を使う。もちろん、梱包や積み付け、縛り方も工夫してはいるが、道路のちょっとした凹凸で肝を冷やしたりする。今回は道が空いていて幾ぶん気は楽だったが、夫も私も緊張していた。

 思いのほか早く安置先のお寺に近づいた私たちは、建物

もっとみる
文殊菩薩✨
28

雑記:幻の都・福原京

これまた、以前に神戸市内の石造物について書いた際に、紹介し忘れた史跡。

兵庫県神戸市兵庫区は、平清盛の別邸があった場所で、後に清盛の晩年、この地に福原京を築いて遷都したが、わずか半年ほどで平安京に還都したため、幻の都となった。

現在の湊山小学校付近が福原京の中心であった雪見御所の跡地と推定されており、小学校近くには石碑も建っている(ただし、発掘調査の結果では、清盛時代のものと思われる遺構は見つ

もっとみる

雨の法楽寺

今日は久しぶりに雨が降った。

雨の量はたいしたことがないけど、傘をさすのは面倒くさい。

まあ、自粛中なので遠出はしないが、人の少ない時間に近所は散歩している。

自粛前にはよく法楽寺にお参りに行っていたけど、緊急事態宣言が出てから行っていない。

写真は3月の雨の日に法楽寺にお参りに行った写真です。

法楽寺は真言宗の寺で本尊には不動明王があります。

名物三重の塔、平清盛の息子の平重盛によっ

もっとみる
ありがとうございます😉👍🎶

東海・北陸地方の石造物⑰:霊山寺五輪塔(伝・平重盛の墓)、宝篋五輪群

名称:霊山寺五輪塔、宝篋五輪群

伝承など:平重盛の墓(五輪塔中央塔)

所在地:静岡県沼津市本郷町 霊山寺

沼津市の霊山寺(りょうぜんじ)は地元では「れいざんじ」と呼び習わされ、はっきりした創建年代は不明であるが、鎌倉時代中期にはその前身となる寺院が造られていたと考えられる。

霊山寺の歴史を物語る鎌倉時代の石塔群が境内墓地には残っており、中でも二メートルを超える巨大な五輪塔が中央に建つ三基の

もっとみる