小池一子

これはアートの仕業👀いつもの東京が見なれぬ景色に!これから2か月は都内が旬☀旅行に出なくても退屈しない!

これはアートの仕業👀いつもの東京が見なれぬ景色に!これから2か月は都内が旬☀旅行に出なくても退屈しない!

東京の街を舞台に開催する国際芸術祭東京ビエンナーレが7月10日からスタート☀9月5日まで☀そのキャッチ・フレーズは「見なれぬ景色へ」!! 近年、都内アート散歩の魅力にとりつかれていた私にとって、夢のような芸術祭が始まりました~♪ 開催エリアは、東京都心北東エリアにあたる千代田区・中央区・文京区・台東区の4区にまたがりますが、広がりすぎずにちょうどいい感じ☀ 1区につき1日づつとか、たっぷり巡りたいな~と今からウキウキ♪ 総合ディレクターは、中村政人さんと小池一子さん。 今

54
FONT POST BOOK REVIEW 【No.054】/ 美術/中間子 小池一子の現場

FONT POST BOOK REVIEW 【No.054】/ 美術/中間子 小池一子の現場

今日の一冊はコチラ! 美術/中間子 小池一子の現場(小池一子著、平凡社) #フォントポスト #fontpost #フォント #タイプフェイス #書体 #ロゴ #logo #デザイン #design #雑誌 #magazine #本 #book #出版 #publishing #広告 #advertising #アート #art #小池一子

草の根の東京ビエンナーレ|小池一子

草の根の東京ビエンナーレ|小池一子

文・小池一子(クリエイティブ・ディレクター) 東京は神田、末広町というめでたい旧名のある町に私の今の美術現場はある。かつては受験競争の名門として知られたという練成中学が閉校となり、その後に千代田区の文化施設として現出した「アーツ千代田 3331」で、私は長年の美術活動のアーカイブ資料と格闘している。 2018年の初めに、3331のディレクターである友人、中村政人が私の部屋に来て宣言したことから全ては始まった。東京ビエンナーレをやろう、と。先に「現出」した文化施設と書いたが

8
書籍:『美術/中間子:小池一子の現場』、オルタナティブであること

書籍:『美術/中間子:小池一子の現場』、オルタナティブであること

先日15日で、新型コロナウイルスの感染者が国内で確認されてからちょうど1年が経ったという。当初、新聞記事でも扱いが小さかった。たしか、同じ時期にアメリカで別のインフルエンザが猛威をふるっていて、わたしはしばらくそれとコロナを混同していた。そして、クルーズ船での感染があった。聞こえは悪いがそれまでは「リアリティーショー」のように眺めていたが、その後、あっという間に無関係ではなくなった。今年も何が起こるか分からない。ひとりにできることはまず、じっとしていることだ。今年も本を読み続

1
コピーライターとデザイナーの理想の関係とは?『田中一光とデザインの前後左右』

コピーライターとデザイナーの理想の関係とは?『田中一光とデザインの前後左右』

コピーライターという仕事がよくわからなかった。一方でアートディレクターという人もよくわからなかった。そんなぼくにその秘密を教えてくれたのは、コピーライターの小池一子さんとデザイナーの田中一光さんとのやりとりを知ったときだ。 二人は西武やパルコ、いわゆるセゾングループのクリエイティブを支え、そして、「無印良品」を生み出したレジェンドだ。消費社会へのアンチテーゼとして無印良品の思想を作り上げたのがこの二人だった。 この二人のやりとりで、とても刺激的なエピソードがある。 『田

80
無印良品

無印良品

無印良品は西友のプライベートブランドとしてスタートしたことを知ってる人は一部になってしまったか⁉︎ セゾングループの創業者、堤清二氏が、ブランド品がもてはやされる消費文化に対するアンチテーゼとして、世に放ったのが無印良品だ。 その時のクリエイティブ・ディレクターの小池一子さん。無印良品の前の西友ラインというプライベートブランドも絡んでいたようだ。 今や海外店舗数が国内よりも多くなり大繁盛。 まさに小池さんが産んで育てたブランドと言っても過言ではない。 バブルで世の中

TALK:小池一子×中村政人対談

TALK:小池一子×中村政人対談

東京の街を舞台にした国際芸術祭「東京ビエンナーレ」。現在進行形で様々なプロジェクトが進みつつある「東京ビエンナーレ」とは、いったい何なのか? 目指すものは? 乱立する“芸術祭”と何が違うのか。総合ディレクター中村政人と小池一子の2人が語り合った。(2020年1月15日収録) 聞き手:佐藤直樹(アートディレクター)、上條桂子(編集者) 写真:土田祐介 東京ビエンナーレ構想とは? 上條桂子(以下、上條):中村さんが3331 アーツ千代田を立ち上げられた際、企画書に東京ビエン

62