小堀鷗一郎

書いてみる

新着の記事一覧

折に触れて読み返すことになる素晴らしい本【感想文】「いつか来る死」糸井重里 小堀鷗一郎

死を受け入れること 生と死をめぐる対話 小堀鷗一郎/養老孟司2020年祥伝社№435

リヴァーフェニックス③

1年前

「いつか来る死」を読みました

頑張らない不真面目でいい介護

1年前

40代で出会えてよかった。『いつか来る死』発売です。

70歳を超えた今だからー『いつか来る死』糸井重里さんの「はじめに」全文公開

紀伊國屋書店『いつか来る死』刊行記念オンラインイベント開催のお知らせ

お守り札を持ち歩くように、「死」についての考えを頭の片隅に持ち歩く。

生と死をめぐる対話。A dialogue about life and death.