宝塔

北関東の石造物㊲:珊瑚寺五輪塔・宝塔(伝・梶原景時、源頼朝供養塔?)



名称:珊瑚寺五輪塔、宝塔

伝承など:梶原景時父子、源頼朝供養塔

所在地:群馬県前橋市富士見町石井 珊瑚寺

現在は合併して前橋市の一部になった赤城山麓の富士見町(旧富士見村)にある珊瑚寺は、平安時代初期の大同年間に開かれたと伝承される古刹であり、その後何度かの無住の期間を経つつ、白井長尾氏などの庇護を受けて、天台宗の寺院となって現在の珊瑚寺と言う寺名が定まったのは、文明年間のことである(そ

もっとみる

東北地方の石造物㉒:中尊寺願成就院有頸五輪塔、月見坂有頸五輪塔(伝・弁慶の墓)



名称:釈尊院有頸五輪塔(宝塔)、月見坂有頸五輪塔(宝塔)

伝承など:弁慶の墓(月見坂有頸五輪塔)

所在地:岩手県西磐井郡平泉町平泉 中尊寺

奥州藤原氏四代の栄華を今に伝える平泉の中尊寺は、奥州藤原氏初代・藤原清衡が創建した寺院で、清衡・基衡・秀衡三代の遺体を安置する金色堂で知られるが、境内には藤原氏が造立に関わったと思われる多くの石造物も残されている。

中尊寺の塔頭である願成就院には、

もっとみる

京都市内の石造物㉜:本能寺宝塔(織田信長の墓)



名称:本能寺宝塔

伝承など:織田信長の墓

所在地:京都府京都市中京区下本能寺前町 本能寺

室町時代には足利氏の保護を受けて洛中の日蓮宗寺院の中でも隆盛を誇った本能寺は、戦国時代末期になって織田信長の京都での宿舎として使われるようになり、「本能寺の変」の舞台になった寺院としてあまりにも有名である。

元来は四条西洞院あたりにあり、現在の場所移ったのは天正十九年で豊臣秀吉の命によるものである

もっとみる

滋賀県内の石造物㉗:西明寺宝塔



名称:西明寺宝塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県犬上郡甲良町池寺

湖東三山の一つ西明寺は、紅葉の名所として著名であり、また鎌倉時代の国宝の本堂と三重塔や、平安・鎌倉時代の仏像群を所蔵することでも知られる。

西明寺にはまた、石造美術として優れた価値を持つ石塔もあり、それが三重塔の裏に建つ鎌倉時代後期の宝塔である。

この宝塔は嘉元二年の銘文を持ち、また「大工平景吉」と言う造立した石工の名

もっとみる

滋賀県内の石造物㉖:石塔寺三重塔(阿育王塔)



名称:石塔寺三重塔

伝承など:阿育王塔

所在地:滋賀県東近江市石塔町 石塔寺

東近江市の石塔寺は、その名の通り多くの石塔を有する寺院で、聖徳太子の開基と伝承される古刹である。

境内にある石造の三重塔は「阿育王塔」と通称され、インドのアショーカ王の仏舎利塔にちなむ伝承を持つが、実際には朝鮮半島の古代の石塔と類似し、蒲生野に移住させられた朝鮮系の渡来人によって造立されたと考えられる。

もっとみる

京都府内の石造物㉙:六波羅蜜寺宝塔(阿古屋塚)



名称:六波羅蜜寺宝塔

伝承など:阿古屋塚

所在地:京都府京都市東山区 六波羅蜜寺

京都市東山区の六波羅は、平安時代末期に平家の邸宅があったことで知られ、その後鎌倉時代にも六波羅探題が置かれた場所でもある。

平家一門の邸宅や六波羅蜜寺があった場所は現在の六波羅蜜寺のあたりと言われるが、この六波羅蜜寺も平家ゆかりの寺院であり、平安時代に空也が開いた古刹で、境内の宝物館には鎌倉時代の肖像彫刻

もっとみる

雑記:京都市内の非公開寺院の墓所

京都市内の非公開寺院の中には、定期的に特別公開を行っている寺院もあり、以下はここ数年で私が訪れた非公開寺院内の墓所について紹介したい。

まずは、養源院の徳川秀忠夫人・崇源院供養塔。

養源院は七条の蓮華王院(三十三間堂)の東隣りにあり、元々浅井長政の供養のために淀殿が建てた寺で、その後に徳川家の菩提所となった寺院である。

淀殿、豊臣秀頼、崇源院の肖像画を有し、境内には崇源院の七回忌に娘の東福門

もっとみる

京都府内の石造物㉗:本満寺石廟(蓮乗院の墓)



名称:本満寺石廟

伝承など:蓮乗院(結城秀康夫人)の墓

所在地:京都府京都市上京区 本満寺

同志社大学の東側の寺町通にある本満寺は、室町時代に本圀寺より分離独立した寺院で、戦国時代には天文法華一揆に参加して本願寺と戦っている。

本堂の脇には石廟が一基あり、これは結城秀康夫人の蓮乗院の墓である。

蓮乗院は江戸氏の出身で結城晴朝の養女となり、後に結城家を継承した秀康の正室となったが、秀康

もっとみる

滋賀県内の石造物㉔:東門院宝塔、層塔、宝篋印塔



名称:東門院宝塔、層塔、宝篋印塔

伝承など:なし

所在地:滋賀県守山市守山 東門院

JR守山駅から北方へ十分ほど歩いた中山道の宿場町の面影を残す界隈に、比叡山延暦寺の子院として建てられた古刹・東門院がある。

東門院は、守山の地名の由来にもなった寺院で、江戸時代には朝鮮通信使の宿舎としても利用された。

境内には、鎌倉時代の石塔が三基並んでおり、宝塔、層塔、宝篋印塔ともに鎌倉時代後期の造

もっとみる

神奈川県内の石造物⑮:久成寺宝塔(長尾氏の墓)



名称:久成寺宝塔

伝承など:長尾定景一族の墓

所在地:神奈川県鎌倉市植木 久成寺

鎌倉の久成寺は戦国時代の開基で比較的新しい寺院であるが、徳川家康から寺領を与えられたと言う格式を持つ。

境内には長尾定景一族の墓と称される石塔群があり、その中には戦国時代の宝塔が数基含まれている。

長尾定景は鎌倉時代前期の武将で、三浦義村の命で源実朝を暗殺した公暁を討ち取った人物であり、その子孫には越後

もっとみる