彼女になりたくない物語(4)

前回の物語
↓↓↓
https://note.com/kitaruaki_28/n/n3c5dd4887425

酔っ払いの足は遅い。
麻友子さんは、左に私を、右に彼を従えて歩いている。
ヒールが不規則に地面を鳴らす。
夜のコンクリートはよく響き、なんだか不気味だった。

麻友子さんは彼と腕を組み出した。
性を全面に出していた。
苛立つ私を余所に、くっついて歩く2人。
疎ましい。
ひと回り下の私に

もっとみる

オレオレ御曹司 1

『もしもしばあちゃん?おれだよおれ』
「まあまあ、おれおれさんですか?」
『実はさ、折り入って相談があるんだ。こないだ友達から借りたバイクで事故っちゃってさ、怪我自体は大した事ないんだけど俺って未成年じゃん?とーぜん無免許で……しかもぶつけた相手っつうのが最悪にタチ悪くてさ、わかるかな、ヤクザなの。もー超やべえ、今脅されてんの。無免許でダチのバイク乗り回した挙句ヤクザの車にぶつけたなんて親にばれた

もっとみる
読んでくれてありがとうございました!SNSでのシェアも歓迎です。
15

小説家になろうのおすすめ【完結作品】

和尚と申します。
独断と偏見に基づいた、小説家になろうの完結済のおすすめ作品について、紹介させて戴きます。

ランキングだけじゃ無くて、とにかく面白い完結済みの作品を一気読みしたいんだよね、と言う人向け。
小説家になろうのサイトは、noteのリンクで画像にならないので、あらすじと共に。

未完結のおすすめはこちら

個人的には一つの物語を完結させられるだけで、その作者さんを尊敬して止まないですが。

もっとみる
ありがとうございます!あなたにも良い一日でありますよう!
75

【SF小説】同乗者たち【目次】

あらすじ
輪廻転生が科学的に証明された世界。前世犯罪を取り締まる『前世監理官』である主人公ヨーイチは、自身の来世である少女と出会う。彼女が言うには、これからヨーイチはSランクをつけられるほどの罪を犯すというのだが……。

第1章 監理者たち
01 / 02 / 03 / 04

第2章 売魂者たち
05 / 06 / 07 / 08 / 09 

第3章 嘘つきたち
10 / 11 / 12 /

もっとみる
ありがとうございます🐈これからも頑張ります
4

『感傷よりも青い月』10(完)

「まず、狼京介が犯人であるという前提を考えてみたんです。警察も、事件は狼京介が犯人であるという前提条件から動いている。では、どうして狼京介が犯人と思われているのか? これは綾子さんが実際に犯人を殺害現場で見ているからですね。もちろん、それだけではありません。現場から逃走したという経緯もあります。思えば、狼京介は私が十年前の事件について話すまでは、綾子さんの正体に気付いていなかった。旧姓の楪綾子とし

もっとみる
完結したので、暫くは小説の投稿はしないと思います。Thank you!
2

チェスの神様 【第一章~エピローグ】

第一章

 今年の春は珍しく入学式まで桜が保った。
 昨日まで肌寒い日が続いていたが、今日は澄み切った青空が広がり、気持ちのいい陽気だ。
 真新しい制服に身を包んだ新一年生が、桜の下で写真に納まっている姿があちこちで見られる。初々しい、と感じてしまうあたり、僕もすっかりこの学校に慣れ切ったということか。
 二年前を思い出す。あの日の桜はとうに散ってしまっていたが、わずかに花の残った桜の木の下で記念

もっとみる
よろしければ、フォローもお願いします♡
13

綾瀬川晴美の復活 解説&感想記事

 無事に書き切ることが出来た。終わり方はいろいろ考えたけど、タイトルを回収した以上はあれでいいと思っています。

 さて。この記事は続編でも番外編でもありません。物語を書き切った記念の記事です。【綾瀬川晴美の復活】という物語はあれでおしまいです。

・各キャラクターの解説
・物語を書こうとした切欠
・各話の解説及びメッセージ性
・選曲理由
・転生などに思う事
(上記を順不同にやっていきます)

もっとみる
読了感謝いたします!
1

Vtuber綾瀬川晴美の復活 第七話最終回【復活と配信】(後編)

 綾瀬川晴美の引退から半年以上が経過しようとしていた。彼女のファンの大半は、別のVtuberたちを推して過ごしていた。興味関心の薄れ、時の過ぎるごとに少しずつファンは離れていく。それを薄情だと思う者もいるが、「去る者は日々に疎し」という言葉がある以上、やむを得ないことだ。

 ましてや綾瀬川晴美は、いまなんじ内での評価が割れる問題児だった。復活を願う者は一様に「復活するとしたら個人でやった方がいい

もっとみる
クリックのひと手間に感謝!
5

XedNi 鯨う謳を春 (逆引き索引・官能編)

【合わせて読みたい:これは大村鈴香という複雑なひとの心の奥に悠々と横たわる、訪れる者のない美しい湖、の水面を、みんなでひっそりと覗き込む連載小説、『春を謳う鯨』の、完結記念の号外!逆引き索引です。あのシーンだけ読みたい時だって、これでもう迷子にならない。第一弾は、逆引き索引・官能編♡】

こんにちは、こんにちは世界ですこんにちは! 

やったあ完結♡   達・成・感!

というわけで、まだねちっこ

もっとみる
ご縁に感謝
18

命在るカタチ 第二話 日常の狭間(過去作品)

合作小説『命在るカタチ』(life exist form (Life's existe a Form))

第二話
「日常の狭間」

 ブラインドで光をさえぎり、光を落とした会議室。
 ここでは現在重要な会議が開かれていた。

 カシャッ カシャッ

 OHPのスライドに未羅が映っている。
 ゲームセンターの未羅。
 泣き出してしまう未羅。
 喫茶店でオレンジジュースを飲む未羅……

「……以上が

もっとみる