囲碁棋士

文字通り、波乱万丈の人生。『呉清源』江崎誠致

作者の江崎さんは『昭和の囲碁』という本を書いた方。1942年に出版したときには、木谷実、呉清源、藤沢朋斎、高川格、坂田栄男という棋士を中心に書いかれたそうです。

戦後になって、林海峰、石田芳夫、橋本宇太郎という新しい囲碁界のヒーローが出てきたので、あらためて彼らの話を追加して『昭和の囲碁』を再版し、さらに平成になって藤沢秀行、加藤正夫、張治勲も加えた『昭和の囲碁』三版を書かれたとのこと。つまり、

もっとみる
ありがとうございます!
4

ヒカルの碁、《棋魂》になって

ヒカルの碁は囲碁を題材とする少年漫画である。

去年の秋に中国ドラマになったが、これがめちゃ面白い!

囲碁とは白と黒の碁石を使った碁盤上の二人だけのボードゲームであって、日本と中国ではルールが違う。

私も初心者の方にしか勝てないので、大した腕の持ち主ではない。囲碁は難しい。でも、囲碁をやってもやっていなくても、運動が苦手な方がスポーツ漫画を読むように、ヒカルの碁は囲碁棋士だけの漫画、と区切りを

もっとみる
Terima kasih!
8

逃げの人生

「これで囲碁の頂点を目指すのは終わりか……」
2019年11月9日。2つ年下の、20戦以上打ってこれまで一度も負けたことのなかった女子に完敗した時に最初に思ったことだ。
わずか7歳のころから10年間夢見たもの。14歳の時に目の前にあったもの。そういった夢が潰えた瞬間は、ひどくあっけないものだった。ここでは、一人の少年が夢を追いかけ続けた記録について書きたいと思う。おしゃれな詩的表現もうまいまとめ方

もっとみる

歴史に翻弄された兄弟の話。『呉清源とその兄弟』桐山桂一

一人は家のために生き、一人は祖国のために生き、一人は才能のために生きた

『呉清源とその兄弟』は、20世紀初頭に生まれた呉家の三兄弟のお話。日本でいえば明治時代。一番下の弟は、碁の天才として日本に招かれ、長男は家族と一緒に来日して満州国の官僚になり、戦後はその経歴を隠すように台湾へ移住。名前も変えました。一方、次男は中国大陸に残って革命活動に参加、共産党員になります。

でも、三男の呉清

もっとみる
ありがとうございます!
8

踊る囲碁の女流棋士がうまれるまで。

皆様こんにちは。囲碁棋士の木部夏生です!
先日Twitterでコラムの題材を募集した際、「踊ってみたについて」というリクエストが何件かあったのですが、著書内のコラムに書くことができなかった為、noteに綴ろうと思った次第です。
踊ってみたに出会うまでと、好きな踊り手さん達について書かせていただきます!

初の著書。こちらのコラムには「ぼくとわたしとニコニコ動画」「あなたはまだグンマを知らない」の二

もっとみる
これからもよろしくお願いします(´ω`っ )3
19

ヴェルドラ

ビニール袋の中にはお菓子に混じり、スマホとMTの生写真があったが、俺は悔しさよりも今晩のオカズにする事にした。

?「よ!」

廊下を歩いてると二人組が絡む

?「今日から開放か(笑)お前は何だ?薬物か?それとも人殺しか?くく」

痩せた方の緑波動をまとった男が声をかけてきた。

俺「俺は感情のままに人を殴ってな〜」

向こうから声を掛けられたのは何年ぶりか、興奮気味に武勇伝を語ったが、こいつらに

もっとみる

毘沙門天との出会い

「マスク付けない方は入店をご遠慮お願いします。」俺はこの言葉にキレてしまう、ふざけんな俺は地下アイドルMTに、このイケメンを見せる為に会いに来たんだ。奥に見える緑に染めた髪のMTに詰め寄ろうとすると、周りの男達、今で言うと囲い、厳密に言えば、その彼氏に真先に止められ、まずはその彼氏の顔をしこたま殴った。周りからは「キャ~」と言う叫び声を聞きながら、十分に殴った後に背後に衝撃を感じて眠りに落ちた。

もっとみる

~囲碁入門動画まとめ~

先日YouTubeに投稿した「囲碁入門動画シリーズ」のリンクをまとめました!それぞれタイトルをクリックすると動画に飛べるようになっておりますので、この機会に是非、ご覧いただけたら嬉しいです☺️

1時限目【どうやってゲームを進めるの?】

2時限目【オセロと違う!石を置ける場所はどこ?】

3時限目【囲碁って何で勝負するの?勝敗の決め方!】

4時限目【楽しさ倍増!相手の石を取る方法】

5時限目

もっとみる
ε( c *´꒳`)すき!
6

NHK杯山下九段vs上野女流最強位の対局が楽しみすぎる

いよいよ、12月6日(日)

第68回NHK杯テレビ囲碁トーナメント 

山下九段vs上野女流最強位の放送です!

解説は張栩九段!

対局者も解説者も大好きな棋士の方ばかりなのでずっと楽しみにしていました。

今回は先生方の好きな所と、楽しみにしている点を書いておきたいと思います。

まず、山下九段は「平成四天王」の1人で、その中でも1番最初にタイトルを獲得した方です。

"魔王"とも呼ばれる事

もっとみる
ありがとうございます。励みになります♪
3

張栩九段1000勝おめでとうございます

張栩九段 1000勝達成おめでとうございます!

事前にニュースで情報としては知っていたのですが、テレビ棋戦としか書かれておらず、誰と対局だったのか分かりませんでしたが、おそらく時期的にも11/8に放送された対局だと思います。

第68回NHK杯テレビ囲碁トーナメント 2回戦第13局

張栩九段(黒)vs安斎伸彰七段(白)

解説:片岡聡九段       

聞き手:星合志保二段

お馴染みのBG

もっとみる
ありがとうございます。とても嬉しいです♪
2