【体験記】南米アマゾンのシャーマンのセレモニーとアヤワスカ

以下はわたしがかつて文字通り「世界を旅していた」ときに訪れた南米のアマゾン、そこで受けた「シャーマンのセレモニー」という儀式のことである。

======================

イキトスのジャングルに日が暮れゆく。 普段、めったに緊張しないわたしもこのときばかりは少し緊張していた。 そう、今日はここイキトスのジャングルでシャーマンのセレモニーに参加することにしていたのだ。
南米に入った

もっとみる

ぶどう10粒に込めた願い

その夏、同棲までしていた彼との別れを決めたわたしは、気がつけば勢いで27万円の往復航空券を購入していた。

やけになった訳ではない。

「今しかない」
そう思っただけである。

行先は、ずっと憧れていた南米だった。



あの日買ったっ航空チケットは、オランダ経由のペルー行き。

アメリカの西海岸経由もあったのだけれど、オランダに行ったことなかったし、このチケットならオランダで宿泊できると思った

もっとみる
心からありがとうございます〜!
10

ペルーで豆腐は④ 休憩 食べたもの編1

ちょっと休憩して、本日は食べ物編。

旅行をスタートしたら食べ物は全て写真におさめます。

今回は振り替えると…芋がとても多いなと。
そしてお米と同時に芋食べるんだなと。

さて、ざざっといってみましょー!!

芋どれくらいでてくるかな?!

まずは機内食から。ディナー

若手有名シェフが手掛けるーみたいな。
容器も凝ってるよね。シチューとパスタの下に潜む芋。

デザートは機内限定フレーバーのハー

もっとみる

ペルーで豆腐は① はじめに

2019年とーふは突然日本の裏側、ペルーへと旅立った。

(ペルーのイメージはマチュピチュしかなかった)

 なぜか 自分のルーツ、母のルーツを見てみたいとずっと思っていた。 もう14年?も、経つのかな?父が他界したのだが、それを期に母が痴ほう症になってしまった。公的な手続きを三人姉妹でやることに。

その際初めて見たのが母の戸籍に書いてある彼女の生誕の地である。

ペルー国ワチョ市

筆で書いて

もっとみる

チリの港町 プエルト・ナタレス

12月24日 クリスマスイブでした⛄🎄✨
エル・カラファテで朝とった写真

私たちが宿泊していたホテルから歩いて15分くらいのところにバスターミナルがありました。

そこから、チリの港町 プエルトナタレスに向かいます。

バスチケットは事前にネットで購入していました。

私たちは超絶ハイシーズンに行ったので
アクティビティ然りですが、移動手段は基本的には予約していきました。

本当に飛行機とかバ

もっとみる

南米旅行 エル・カラファテ編

前の記事はこちら!

私たちはフィッツロイがそびえたつエル・チャルテンを旅立ち、
次の街、エル・カラファテにたどり着きました。

ペレト・モレノ氷河、世界遺産ロス・グラシアレス国立公園へアクセス便利な小さな街エルカラファテ。
ほとんどの人が氷河を見に来ているのではないでしょうか?

そんなエル・カラファテでの宿泊先はこちら!

http://www.booking.com/Share-AyXGrA

もっとみる

南米移住、パラグアイつづき2

また前回からの続きです。

友達からのチケットのプレゼントを受け取った僕は、ベリーズから一度出たメキシコはカンクンにもう一度戻り、意気揚々とガラパゴス行きの飛行機に乗り込みました。

まさか他人のお金で飛行機に乗れる機会があるとは夢にも思ってなかったし、しかも普段はLCCばかり乗っているので、普通のキャリアの飛行機なんてまあ長いこと乗ってなくて、本当に内心はウキウキしていたけれども、なんか航空会社

もっとみる

南米移住、パラグアイ、つづき。

前回のつづきになります。

とりあえずメキシコに憧れて、メキシコに行くことを考えて生きてきた私でしたが、その後、オーストラリアから帰国して、某自動車メーカーの期間工として三ヶ月間働き、約100万円貯金することができたので、その資金を元にまた旅に出ることにしました。

いつも旅のルートは直感で決めているので、今回はまず、北海道に渡り、それから、船で北海道の上の島のサハリンに渡り、それからロシアをシベ

もっとみる
Muchas gracias!
5

南米旅行(フィッツロイ・イグアス・ブエノスアイレス・パイネ)

大学の卒業旅行でアルゼンチンのパタゴニアに行きました。
パイネ国立公園やイグアスの滝、フィッツロイ、ブエノスアイレスなどを10日間くらいで訪れました。弾丸です。。

コロナで暇なので思い出や記録がてら書いていこうと思います。

一般の旅行ブログのように細かい写真はありません。
精一杯文字におこします。

パタゴニアについて

パタゴニアといえば、洋服ブランドをイメージする人も多いのではないでしょう

もっとみる