全国模試

(自慢注意)私の学生時代の偏差値をこっそり公開します。

今日はあなたに、私が体験した
「リアルド○ゴン桜」(?)のような実話をお届けする。

偏差値。

それは平均点を偏差値50になるように変換し、
基準からどれくらい高い(または低い)点数だったかを表したもの。

自分の実力を相対的に把握できる便利な数値である。

中学、高校、大学・・・

あなたも学生時代、きっとこの数字を意識し
学業に励んだことだろう。

憧れのあの学校に入るために
毎日机に向かっ

もっとみる

vol.65「マンツーマンの効用」(『世界史概観』ランケ 鈴木成高・相原信作:訳/岩波文庫/1941年刊)

vol.65「マンツーマンの効用」

みなさんこんにちは。
今週は歴史の本です。

歴史学というと、哲学以上に「まさしく教養」な印象を受けます。せっかくだから、語って語れる知識は欲しい。
しかし、教科書を読んでいるのでは、なんだか格好がつかない。よって、困った時の岩波文庫。

ランケ、『世界史概観』。
では、どうぞ…。

宗教改革。フランス革命。大シスマ、とか。高校の授業で見知った単語が、並んで登

もっとみる
楽しんでいただけたら幸いです!
6

昨日テスト終わったのに今日は模試。明日は英検。全然準備する時間ないーー!!
といいつつも服を選んでます笑 
お気に入りのブラウスを飛行機に来ていこっかな。

【大学入試物理】SND'19第1回全国模試・物理へのコメント

総論

全体的に物理の本質を外すような問題はなく,適切な時期にじっくりと時間をかけて解く目的では良問ばかりと言えるが,この時期にたった60分の制限時間で解くべき問題群では決してないので,本番にどれだけ点数が取れたかほとんど気にしなくてよい.

ただし,第1問(力学)に関しては現時点としても標準的な問題であるから,出来なかった者は十分な反省が必要ではある.全体の得点は高くとも,力学で落としているよう

もっとみる

駿台全国模試の現代文に採用された自著「まなざしのデザイン」を解いてみる

拙著「まなざしのデザイン」が、2018年12月末の駿台の全国模試の国語の問題に採用された。まさか自分の文章がセンター試験に向けた全国模試で選ばれると思っていなかったので青天の霹靂ではあったが、全国各地の受験生の目に触れたことは素直に嬉しい。
 また現代文の問題に選ばれた理由として、「文化・芸術論をベースにして知や社会の枠組みを問い直そうとする論旨の文章を出題した。」と書いていただいたのも大変光栄に

もっとみる

なぜ俺は書いているのだろう。なぜ世間の「当たり前」の定義に素直になれないのだろう。

今日は悪いが誰に向けて書くつもりもない。ただ自分のためだけに向けて書くと思う。身勝手で申し訳ない。

何で俺って書いているだんろう。

ただ書きたいんだよ。

もっと深く自分を探ったら他に論理的に説明できるかもしれない。でも今はあまり探らなくてもいいかな。ただ書きたい。

つまらないと思われてもいい。本音で書いて読んでくれた人にちょっと共感してもらったら嬉しいけれど。

俺は超偏差値教育の中で生き

もっとみる