佐久間ナオヒト

物議をかもした「ハイヒールで着物の帯をふむ」広告について思うこと。

 ヴァレンティノの広告についてちょっとっだけ話したいです。
 批判する人、どちらでもいい人、擁護する人などいろいろな意見があって、どれもそうだよねって思いました。

 変遷を細かく書いていたら文書が途方もなく長くなってしまったので省力しますが、最初にこのニュースを小耳に挟んでから、自分の中で咀嚼していく中で、僕の気持ちは「どちらでもいい」→「擁護」→「批判」→「・・・」へと変わっていきました。

もっとみる

「正解」の安心と苛立ちと悩み。

 専門職であれば必ず経験したことがあると思うんですよね、この問題。
 例えば、フォトグラファーである僕においてはこんなこと。
「佐久間さんってフォトグラファーなんですよね。私もカメラ好きなんです。」
 写真とカメラを同義で語るパターンですね。
 『「写真」はカメラによって映された「イメージ(像)」』
 『「カメラ」は写真を作るための「機械」』
 です。

 最近気になるのが、「マーケティング」とい

もっとみる
嬉しい〜!
4

写真は作るものではなく見つけるものだ。

 もうずっと前のこと。友人のコピーライターが、こんなコピーを書いてTCCの新人賞をとった。

うちの子、いじめられてたらどうしよう。
いじめてたら、
もっとどうしよう。

 親になったばかりの僕はこのコピーにすごくハッとさせられて、コピーってどうやって作るのって聞いたことがありました。

 彼から返ってきた答えは、「作るんじゃなくて見つけるんですよね。」的な言葉だった。そしてその後すぐ、彼は有名

もっとみる
嬉しい〜!
3

笑顔だけが「いい写真」か。

 フォトグラファー・佐久間ナオヒトです。
 今日は僕が駆け出しのフォトグラファーだった頃の話です。
 もう10年以上前の話なのですが、これはいつの時代にも変わらないことだと思うので書いてみたいと思います。
 
 仕事上の写真に限定していうと、「いい写真」とは「必要に応じられる写真」のことだと思います。

 その企業は毎年株主向けに、年次報告書を作成していて、その報告書用の社長のポートレート撮影をご

もっとみる
嬉しい〜!
4

写真を撮っていて嬉しいこと。

 今日からトップ画、作品「Floating Blue」の桜の写真に変えました。
 フォトグラファー・佐久間ナオヒトです。

 さて先日の大雨の週末、母方のおじさん・おばさん達を撮影しました。
 母には7人の兄弟がいて、いとこの数を合計すると15人。子供の頃は毎年お正月にはみんなが集まって大騒ぎでした。

 それでもいつからか、顔を合わす機会も減り、もう数年会っていなかった人もいます。
 
 僕には

もっとみる

その「できる」、本当にできる?

 今日の話はフリーランスになりたて、もしくは、なろうと考えている人には真剣に考えてもらいたいことです。

 大人になれば、ゆで卵でも、インスタントラーメンでも、サラダでも、自分が食べるものを何かしら一つは用意できるはずです。

 プライベートにおいてこれを「料理ができる」と言っていいかどうかはそれぞれの基準があると思いますが、もしこれが仕事上の会話であるなら、「できる」と答えていいでしょうか。

もっとみる

仕事は言葉から作られる

  英語的で広義な意味では、プライベートな作品も、クライアントワークも「仕事(ワーク)」ではあるけれど、今日は日本語的ないわゆる「仕事」を前提に話をします。

 クリエイティブな仕事に関わらず、おそらく3人以上のチームや会社であれば「ビジョン」を掲げるべきだと思っています。
 緊急の用事確認事項が発生して、リーダーに確認をしなければいけない時、リーダーは飛行機の中で音信不通。でももしメンバーにビジ

もっとみる
嬉しい〜!
6

「再現性」の重要性

 前回も少し話をしましたがプロとアマチュアでは何が違うかというと「再現性」というスキルにおいてだと思います。

 では何を「再現」するのでしょうか。

 「写真を作る」には簡単にいうと一人で作り上げるタイプとチームワークを必要とするタイプとがあります。そして仕事のほとんどは後者です。

 その際まず、打ち合わせ」とうプロセスを必ず経ます。
 「打ち合わせ」とは言い換えるなら、自分の頭の中を相手に理

もっとみる

「撮影」とは「時間」との戦い

 インスタグラムなどでアマチュアの方の写真に沢山の「いいね」がついて、機材も手軽に入手・使用できる時代に、「プロとアマチュアの違いってなんですか?」っていう質問を時々見かけたりしますが、僕の回答としては、「再現性」(ネイチャーやスポーツの分野においても)であり、その中には「時間との戦い方」の違いがると思います。

 「人はいつか死ぬ」的な年単位ことから「陸上100m走」みたいなコンマ数秒の世界まで

もっとみる
嬉しい〜!
2

「孤独」の意味

 先日一人で西川美和監督作品 映画「すばらしき世界」を観てきた。

 ネタバレしないようにふわっと書くけど、相対する二つの価値観、例えば正義と悪、みたいなことを考えさせられたんだけど、もう一つ「孤独」というメッセージを受け取った。

 で、受け取った次に考えた。「孤独」の対義語はなんだ、と。

 「連帯感」「一体感」「群衆」「愛」などなど。

 検索してみると、僕と同じように「孤独」の対義語を探し

もっとみる
嬉しい〜!
3