見出し画像

写真を撮っていて嬉しいこと。

 今日からトップ画、作品「Floating Blue」の桜の写真に変えました。
 フォトグラファー・佐久間ナオヒトです。

 さて先日の大雨の週末、母方のおじさん・おばさん達を撮影しました。
 母には7人の兄弟がいて、いとこの数を合計すると15人。子供の頃は毎年お正月にはみんなが集まって大騒ぎでした。

 それでもいつからか、顔を合わす機会も減り、もう数年会っていなかった人もいます。
 
 僕には同い年のいとこが二人いて、子供の頃、劣等感からいつも比較されているような気持ちでいました。そんなこともふっと頭をよぎったり。
 だからどんな撮影でも緊張する僕ですが、この日はさらに緊張しました。

 とはいえ、僕も20年近く撮影をしてきたので体が覚えている技術のおかげで、撮影は順調に始まりました。

 僕はあまりたくさんシャッターを切るタイプじゃないから、パソコンには10枚くらいの写真がたまった段階で確認をします。
 初めの方から一枚づつ。あーすげードキドキする・・・。

 そして数枚目で見つけた、見覚えのあるおじさん、おばさんの優しい表情。
 急に僕は子供の頃に引き戻された感じになって、「あー、やっぱり写真ていいなぁ」って思いました。

 僕は、写真って記憶のドアを開ける鍵だよなって、本当に思ってます。

 
 さて僕の中の「東京の原風景を探る旅」の記録がこちらの写真集。ぜひご覧ください!


 

 
 

この記事が参加している募集

最近の学び

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しい〜!
4
写真家|フォトグラファー|1975|東京出身|naohitosakuma||1st写真集「Daydream Believer」|2nd写真集「Floating Blue」| 3rd写真集「nana」 | https://www.ehibi.com