宣伝しない個展
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

宣伝しない個展

 5月19日(月)〜6月16日(日)の間、「公益社団法人 東京都看護協会」で個展「Daydream Believer 2021」を開いていました。

 新型コロナワクチンを打つ目的も、当初は「かからない」と「うつさない」という二つの意味があったように思いますが、ワクチンを打ってもかかってしまうという事例が多く知られてきた今、重症化リスクを下げる「自分のためだけ」の意識が強くなっているように思います。
 でも果たしてそうでしょうか。

 重症者の増加は医療の逼迫を招き、新型コロナとは関係のない患者さんや妊婦さんにも影響が出ています。

「今、自分を守る事って、医療現場を守るのと同じだよね。」
ニュースを見ながら、ふとそんな事をを思いつきました。

 そんなわけで、写真展目的の来訪をなくすため、この写真展は告知をすることなく、看護協会の建物に研修に来る医療従事者の方々のためだけに開きました。

 外出を控えている方々の、いくばくかの目の保養になったら嬉しいです。

 ※この個展は「CATCH LIGHT いつか必ず開かれる写真展」という企画の一部として開催されました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
写真家|フォトグラファー|1975|東京出身|naohitosakuma||1st写真集「Daydream Believer」|2nd写真集「Floating Blue」| 3rd写真集「nana」 | https://www.ehibi.com