仁禮彩香

アカデミー生紹介 vol.3 鳩間みのん

アカデミー生紹介 vol.3 鳩間みのん

①「美しい海を残したい」 みのんは、atelier minon(アトリエミノン)というジュエリーショップを運営している小学5年生です! 沖縄の海を訪れた時、サンゴが白濁し死んでしまっている姿を見て衝撃を受けた彼女は、「これから生まれてくる子どもたちに美しい海を見せてあげたい」という想いから、事業を立ち上げることを決意しました。 みのんが事業アイデアを考える時に大切にしたのは、「楽しみながら、いつの間にか環境保全に貢献しているようにしたい」ということ。そこで思いついたのが

8
違和感を放置してもいいことない

違和感を放置してもいいことない

昨晩みたこの番組。 若きミライクリエイターのイノベーションを聞きながら、 「自分は今になっても何をしているんだろう」と、無力感に襲われた。 比べるまでもない比較なんだろうけど… 特に教育界で革命を起こそうとしている、仁禮彩香さんは私が小学生の時に抱いた違和感と、ちゃんと向き合って事業として次世代に可能性を与えているから衝撃だった。 『右曲がれ右』的なみんなが同じ方向を向けさせられる学校の雰囲気がいやで気持ち悪かった。私の場合は、留学するという居場所を国外に探し求めること

5
日本の教育観のヤバさ

日本の教育観のヤバさ

1/16(土)「発進!ミライクリエイター」/テレビ朝日 CO2削減のスタートアップで政府も注目する若き起業家、村木風海くん(20才)と、理想の小学校を作ろうとしている起業家、仁禮彩香さん(23才)が紹介された。 スタジオには、MCのサンドイッチマン、建築家の隈健吾さん、演出家の宮本亜門さん、映画監督の河瀬直美さん。 みなさん、多彩でバラエティに飛んだ生き方をされているので、若き起業家とスタジオを囲むメンバーとしては申し分ない!と思っていたが、河瀬直美さんの母親としての発

3
"常識を疑え"前編〜学校教育に感じること

"常識を疑え"前編〜学校教育に感じること

新年あけましておめでとうございます。 昨年は大変だった! 無事に年を越せたぞ! と安堵する間もなく、2021年世情はまだまだ混沌としています。 昨年は、自分にとって何が大切で、何をそぎ落として、何を軸に生きていくかということを多くの人が突き付けられた年でした。 そんな年末年始で強く感じたこと、 「常識を疑え!」 今回は2つの気付きから記しておきたいと思います。 一つ目の前編は、たまたま見つけたこちらの記事から。 大学生の仁禮さんは、小1で学校教育に疑問を持ち、

13
人生はいつも1年生 ~23歳と98歳の間で~

人生はいつも1年生 ~23歳と98歳の間で~

<23歳の衝撃> 衝撃とはこのことを言うのだろう。 いやこの人を前にすれば誰だって衝撃を受けるだろう。 23歳にして経営者。 いやそれだけではない。 何と起業は中2の時。 ("中2"ってなんだっけ...?) つまりすでに10年目の経営者。 学生起業にもほどがある。 中学生なので学生ですらなく生徒起業..! そして今は何と 小中高生のための「起業家教育」を開講。 人生すでに何回目なの? と芦田愛菜ちゃんを彷彿とさせる生き様。 ※調べていまだに愛菜ちゃんがまだ

7
83.WEIN STUDENT SUMMIT

83.WEIN STUDENT SUMMIT

みなさんこんにちは! 今日は昨日参加した最高のイベントについて書いていきたいと思います! それがこちら そもそもこれは何なのか? **私たちの生きる日本は恵まれた国です。 しかし、幸福な国とは言えません。 GDPは世界3位であるのに対し、幸福度は62位。 世界的にも高い自殺率。 誰かがこの状況を変えてくれるだろう。 そう思い続けたまま30年が経ってしまいました。 この現状を、私たちから変えていきませんか。 若者には、社会を変える力がある。 あらゆる時代、あらゆ

31
【知的な人】
こんな人物の存在は知らなかった。

実績もだが、原点であろう幼稚園での訓練(感情と理性の分離)も興味深い。

こんな幼稚園があり、しかも彼女の元から思考力を持つ人間が育つとは心強い。

日本もまだ捨てたものではない。

https://twitter.com/ayakatimeleaper/status/1293361759177150464

【知的な人】 こんな人物の存在は知らなかった。 実績もだが、原点であろう幼稚園での訓練(感情と理性の分離)も興味深い。 こんな幼稚園があり、しかも彼女の元から思考力を持つ人間が育つとは心強い。 日本もまだ捨てたものではない。 https://twitter.com/ayakatimeleaper/status/1293361759177150464

1
Money School 実践編

Money School 実践編

この記事は、Money Schoolでの学びをまとめたものになります。Final Eventで一生懸命、「お土産」を売っていた彼らの背景にこんな学びとストーリーがあったんです。授業が進むにつれプロジェクトが進行していく様を楽しんでいただけたら幸いです! ① プロジェクトの説明 Money Schoolとは、ものを実際に販売するというプロセスを通じて、お金のしくみや社会の仕組み、さらには仲間と協力することなどを学ぶプログラムです。(コンセプト/理論編はこちら) 仁禮よりス

3
Money School コンセプト/理論編

Money School コンセプト/理論編

この記事は、TimeLeapが運営する「Money School」についての記事です。「お金」をテーマにしたプログラムが生まれた背景や、大切にしているコンセプトなどをわかりやすくまとめています。是非読んでみてください! ① Money Schoolとは何か Money Schoolとは、スクール生がものを実際に販売するというプロジェクトに取り組みながら、お金のしくみや社会の仕組みを学ぶことができるプログラムです。 本プログラムは全12回で構成されていて、プログラム終盤には

11
12/1 TimeLeap School ファイナルイベントレポート

12/1 TimeLeap School ファイナルイベントレポート

こんにちは!2019/12/1(日)に、TimeLeap Schoolのファイナルイベントを実施しました!2ヶ月間に渡り、プログラムを受講してきたスクール生のお披露目の場です。 小学2年生〜中学1年生までが通うMoney Schoolでは、「イベント来場者にお土産を売る」というプロジェクト進めてきました。この日は実際に販売する場としてお店を構え、ものを売りました! 小学5年生〜高校3年生を対象にしているLeaper Schoolでは、それぞれが自分にしかできないプレゼンテー

9