「感性」に「完成形」はない

この間、久しぶりに「なるほど・・・!」と感心する出来事があった。
中田ヤスタカのドキュメンタリーを観たときのことだ。

画面の向こうで中田は「作品に“完成”はない」と言っていた。
「どっちが良いとか悪いではなく、そのときどきで気分が違うので、完成形は動いている」

作品は作るそばから絶えず変化するし、目指す完成形も常に変わっていく。
だから、比較するものでもない。ということなのだろう。

「さすが

もっとみる
Follow me❤
31

第三十四回 織田作之助『猫と杓子について』

「戦中・戦後作家」。そんな枠でこの人を捉えるのはあまりにも独創性に欠けるでしょう。
織田作之助『猫と杓子について』を取り上げました。
https://www.aozora.gr.jp/cards/000040/files/46358_26691.html
「大阪」シリーズも熱くて今なお「新しい」ので、オススメです!

今回はやや変則的に関東からもリモートで参加していただいたので、
その方の感想を皮

もっとみる

113.Perfumeから学んだ魅せる力

この世に全く同じ作りの人間なんていない。それぞれが違う身長、体重、能力を持って生まれてくる。
 それなのに複数人が纏まった時でも、まるで一つの意思を持った一人の人間のような表現が可能になる時もあるのだ。

 特に芸術の世界ではそういう事が如実に現れる。
 私はPerfumeが十年以上前から好きだけれど、彼女たちのファンをやめられない理由、もはや生きる指標にしているのにはこういう部分に理由があると思

もっとみる
読んでいただきありがとうございます!

心の状態の指標になる曲 POSITIVE

私の心はうつろいやすいです。
ポジティブに前向きな時もあれば、ネガティブに落ち込んでいる時もあります。
毎日変わるし、手旗信号のようにころころと変わる時もあってとても面白いです。赤上げて🚩白上げて🏳赤下げないで〜🚩白下げる🏳!みたいな調子で。自分大丈夫かい?と思うこともあります。
感情もつかみどころもないし、出てきてしまうもので、自分で塞き止めないで、見て流すようにしています。
疲れるので

もっとみる
ありがとうございます😊
31

サンレコ2018年10月号の衝撃の事実!!

こんにちは!

音楽家の湯川和幸です。

こちらはメールマガジンのバックナンバーです(2018年8月)。

私が毎月楽しみにしてる雑誌。

それは、、、、

=====================
サウンド&レコーディングマガジン!!

=====================

です(笑)。

その2018年10月号に驚くべき
事実が隠されていました。

今回の特集はパフュームと
プロデュ

もっとみる
スキありがとうございます!
3

世界中が彼女のワールドに引き込まれた:きゃりーぱみゅぱみゅ - KPP BEST(2016年5月25日)

きゃりーぱみゅぱみゅのベストアルバム「KPP BEST」は、まるで宝石箱のように彼女のキラキラワールドが詰め込まれています。

世界中が彼女のワールドに引き込まれるのも理解できるほど、ひとつひとつがエンターテインメントとして確立されているアルバムです。

きっと聴けば頭の中をグルグルと回り続ける曲が全て収録されていますよ。

きゃりーぱみゅぱみゅ - KPP BEST(2016年5月25日)
DI

もっとみる
今日もすてきな音楽をっ!
3

プロデューサー中田ヤスタカとのベストマッチング:きゃりーぱみゅぱみゅ - ぱみゅぱみゅレボリューション(2012年5月23日)

音楽シーンに衝撃的なデビューを果たした、きゃりーぱみゅぱみゅのファーストアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」です。

最初にして最高の出来となっていて、聴くと楽しくテンションが上がっていきます。

中田ヤスタカがアルバムの全曲について作詞・作曲・編曲をこなし、きゃりーぱみゅぱみゅの持つ独特のセンスというか感性とぴったりマッチしていてプロデューサーとして最高ですね。

きゃりーぱみゅぱみゅ -

もっとみる
今日もすてきな音楽をっ!
3

Perfumeのアレコレ番付 Part4 |振り付け編|

このシリーズは、Perfume大好きなKUCCHiが、Perfumeに関する様々なテーマについて、独自にランキング付けしていきます。







こんにちは、KUCCHiです。

先日僕が住んでいる地域では梅雨入りを果たしました。

普段生活していて湿度の高さを実感しています。
エアコンの除湿機能を活用する時期がやって参りましたね。

それにしても、ジメジメしすぎて夜が眠りずらい😭

もっとみる

中田を輩出した"渋谷系の遺産”、フューチャーポップのポップな実験性(2008年『「テクノ歌謡」ディスクガイド』)

音楽ジャンル「フューチャーポップ」に関するコラムページのテキストです。この本はたしかPerfumeが有名になりはじめていたからこそ企画が通ったので、80年代テクノ歌謡から00年代Perfumeまでを線でつなぐことがなんとなく求められたんですよね。それでPerfumeを意識したテキストになっています。なお、タイトルや見出しは編集者がつけたものです。

Perfumeは80年代じゃなくポスト渋谷系

もっとみる

素敵な事で泣きたいわ

きゃりーぱみゅぱみゅの問題ガール(中田ヤスタカ)という楽曲にこんな歌詞がある。

嫌いな事で笑うより、素敵な事で泣きたいわ

最近ふと、この歌詞を思い出させる出来事があった。それは、今騒がれている某リアリティ番組での炎上事件である。
わたしは2年ほど前から、その番組にハマっていた視聴者の1人であり、今回の事件は色々と考えさせられる事があった。
いい機会なので、文章にしてみようと思う。

この議題に

もっとみる