ユニラボ

+4

コードレビューのフォーマットに「GOOD」を追加した想い

こんにちは。アイミツの開発を担当している木崎と申します。 この記事では、「アイミツ開発チームで行っているコードレビュー文化 」でも触れられている、コードレビューのフォーマットにGOODを提案した想いとその後の反応について詳しくご紹介いたします。 なぜGOODを提案したのか上述の記事でも触れているように、アイミツ開発チームでは、レビュー時の意思疎通を円滑にするため、「修正必須、こうして欲しい、私的な意見、細かい指摘ですが」というニュアンスを、レビューコメントに「must, w

スキ
8
+3

女子がベンチャーで働くってどうですか? ユニラボの女性メンバーにぶっちゃけてもらいました。

こんにちは、ユニラボ採用チームです。採用面接の時に、女性の候補者さんにお会いするとこんな事を聞かれることがあります。 「正直、女性がベンチャーで働くのって大変じゃないですか……?」 そんな不安を解消すべく、今回はユニラボで働く三人の女性にお話を聞いてきました。女子会のようなゆるい雰囲気の中、仕事の楽しさや女性の働きやすさについて赤裸々に語ってもらっています。「ベンチャーに興味はあるけどどうなんだろう」とお悩みの女性にぜひ読んで頂けたら嬉しいです。 💎「ユニラボ女子会」参

スキ
15
+3

アイミツ開発チームのテスト実行時間を1/2にしました

アイミツ開発チームでエンジニアリングしてる deliku と言います。 私の自己紹介やユニラボでどんなことをしているかは、下記の記事を読んでいただければと思います! 開発サイクルを高速にまわすうえで、CIの時間効率化はどこの現場も悩みの種ではないでしょうか?結論はタイトルの通りですが、今回はアイミツ開発チームで取り組んだ施策について話したいと思います。 Seeder依存したテストケースをFactory利用へ。アンチパターンですが、開発当初はテストを行うためにSeederに

スキ
18
+3

課題を楽しむことが、成長につながる。ユニラボ新卒MVP受賞者の語る、結果を出すための心構え

こんにちは、ユニラボ採用チームです。本日は、営業チームの佐藤さんをお招きして、「新卒でもどんどん営業として結果を出すための心構え」について伺ってきました。 2021年にユニラボに新卒した佐藤さん。なんと一年目にして、5ヶ月連続で個人の営業目標達成という素晴らしい成果を残し、第3クオーターでのMVPを受賞しました。そんな佐藤さんは、「目の前の課題の解決を純粋に楽しむことがモチベーションの源泉」と語ります。ユニラボの誇る大型新人の彼の、結果を出すための心構えを深堀りします。

スキ
17
+2

プロダクト開発にScrumを導入した話【前編】

ユニラボでEMをやっています、みね@ユニラボです。 株式会社ユニラボでアイミツCLOUDという新規事業のプロジェクトでエンジニアのマネージャーをしています。 アイミツCLOUDのプロダクト開発にスクラムを導入2021年9月入社して、プロジェクト開発にスクラム(Scrum)を導入した話を書こうと思います。 アイミツCLOUDがどの様な想いで作られたのかは、↓この記事を読んでください。 新規事業と飽くなき探究心 アイミツCLOUDは2021年4月にリリースしたwebサー

スキ
25
+3

はじめてのベンチャー企業勤務でも結果を出せる。ユニラボのキャリア面談を公開!

こんにちは、ユニラボ採用チームです。実はユニラボは、「初のベンチャー入社」メンバーが多い環境。だからこそ、入社後のサポートには力を入れています。今回は、人事部の上田さんに、ユニラボのオンボーディングについて伺ってきました。 さらに、実際にオンボーディングを受けたメンバーの「今」を知るため、上田さんと島村さんのキャリア面談の様子を公開。ユニラボに入社して変わったこと、学んだことについても深堀りします。 人事に聞く! ユニラボのオンボーディングではどんなことをしているの?まず

スキ
13
+8

アイミツ開発チームで行っているコードレビュー文化

アイミツ開発チームでエンジニアリングしてる deliku と言います。もはやコードレビューをすることがデファクトスタンダードになっている業界ですが、会社やチームによってやり方やルールが違っていて面白いなと思っています。今日は、アイミツ開発チームで取り組んでいる施策について話したいなと思います。 Draft Pull Request 実装が完成してから Pull Request を作成すると、コード変更量が多くレビュワーが差分を読み解くのが大変なこと、実装方針が間違っていると

スキ
19
+2

もう一度、大きなチャレンジを。社会を良くするための大きな挑戦

こんにちは、ユニラボ採用チームです。ユニラボの魅力を人の面から探る公式連載、「ユニラボメンバー紹介」。今回は、取締役CPOとして入社された中村さんにインタビューを行いました。グルメサイト「食べログ」の初期に参画し事業化を推進してきた中村さんが、「受発注の不」の解消に挑む理由とは。 中村哲朗 取締役CPO/CPO室 室長 2007年に株式会社カカクコムへ入社。グルメサイト「食べログ」の初期に参画し事業化を推進。飲食店販促支援、ネット予約ビジネスを中心に拡大。2013年より食べ

スキ
19

元外資戦略コンサルが、ユニラボで壮大なビジョンを追うことにした理由

こんにちは、ユニラボ採用チームです。ユニラボの魅力を人の面から探る公式連載、「ユニラボメンバー紹介」。今回は、CPO室とアイミツ事業部を兼任する太田さんにインタビューを行いました。外資系の大手戦略コンサルファームでの経験を経て、ベンチャー企業であるユニラボに入社した太田さん。実は社内でも、「ユニラボ愛が強い」と自他ともに認めるメンバーです。太田さんがユニラボに見た「受発注の未来」について、伺いました。 太田拓 2021年4月 ユニラボに入社。大学院を卒業後、ボストンコンサル

スキ
17
+3

まっすぐ制定から一年を振り返る――会社を導くコンパスのその先

ユニラボのコンパス(バリュー)が改定されて1年。この1年、資金調達を経てユニラボは大きく組織を拡大しました。1年前に改定されたコンパスは「まっすぐ」。急速に変化していく組織の中で、制定したコンパスがどんな役目を担っていたのか。そして、上場を目指すユニラボの次の1年を、コンパスがどう支えていくのか。 今回は、HRの森さんにお話を伺ってきました。 コンパス(バリュー)改定から1年。改定からの道のりを振り返る ――ユニラボコンパス(バリュー)が新しくなって1年。コンパス刷新か

スキ
19