deliku@ユニラボ

unilabo .inc laravel / vue.js / AWS Backend Engineer / SRE / Infra Engineer / なんでもやるマン output https://zenn.dev/deliku0306

deliku@ユニラボ

unilabo .inc laravel / vue.js / AWS Backend Engineer / SRE / Infra Engineer / なんでもやるマン output https://zenn.dev/deliku0306

    マガジン

    • 【ユニラボ】エンジニアブログ

      • 67本

      ユニラボのエンジニアが、当社が提供するBtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」他サービスに関連する技術情報、開発現場の裏側、働き方やカルチャーについて発信しています。

      • 【ユニラボ】エンジニアブログ

        • 67本

    最近の記事

    • 固定された記事

    ユニラボ.incに入社して1年経過したので振り返る

    入社してから半年までの振り返り 9月に入社したのでちょうど1年経ちましたので、ここ半年 - 1年くらいでやったことを振り返ろうかなと思います。入社してから半年までの振り返りはこちらの記事にまとめています。 2021/04 - 05アイミツSaaSという新規プロダクトのリプレイスをやることになり、そのインフラ環境の構築を担当しました。ユニラボにjoinして最初に携わった業務がアイミツのインフラリニューアルだったので、そこでAWSのインフラ面の知識を吸収できていたこともあり、イ

      • Github Action上で、PHPUnitを並列実行し、CI実行時間を1/3にしました

        アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 先日、PR TIMES さんのテックブログを読んだことをきっかけにCI設定の見直しをしました。 CI実行時間が増えることでの悩み 1年以上前になりますが、当時テスト実行時間を短縮するブログを書いた頃は数分もかかっていなかった処理が、現在ではテストケースが増えたことで実行時間が伸びてきていました。 「PR作成する > CIがFailしていないことを確認する > PRレビュー依頼する」の順に作業すれば不

        • 開発生産性を向上し続けたいユニラボの取り組み - 2022年振り返り-

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 今回は開発生産性アドベントカレンダー19日目の記事となります。 なぜ我々は開発生産性を高めていきたいのかプロダクトとはそれ自体に価値はなく、ユーザに価値を提供して初めて価値が付加されるものと思っています。また、最初からユーザが求めているものを正しく開発できれば悩むことはないのですが、確実な答えは誰ももっていません。 「分からないことが多い状態から、分からないことを分かるように進めていき、たくさんのユーザ

          • AWSStartupMeetup #13に登壇しました

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 昨日下記イベントにLT枠で登壇してきました! ▶︎ AWS Startup Meetup とは ▶︎ AWS Startup Meetup イベント様子 ▶︎ re:Invent 2022 re:Cap re:Invent 2022 で発表された新機能をスライド付きで説明いただくコーナーがあったのですが、すごくいいなぁと思って聞いてました。 また、私の発表内容とリンクするのですが、Applicat

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 【ユニラボ】エンジニアブログ
            unilabo 他

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            AWS re:Invent 2022の発表内容をラフに共有する会を開催しました

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 12月も前半がもうすぐ終わってしまい、気が付くと今年もあとわずかとなってきました。忘年会シーズンということもあり毎週なにかしら呑んでいるような気もしますが、体調を崩さず仕事に邁進していきたいと思います。 ▶︎ 宣伝  日本サービス大賞「優秀賞」を受賞しました! 本日コーポレートサイトからリリースがでていますが、弊社(BtoB受発注プラットフォーム「アイミツ」)が、第4回 日本サービス大賞「優秀賞」を受

            CloudFront×AmazonS3環境にランディングページを移行して運用を最適化してみた

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! スプラトゥーン3 新シーズン開幕しましたねー、ポケモンSVもまだ終わっていないので、ゲームする時間をいかに捻出するか毎日困っています。(だいたい睡眠時間を削ってやっています) ▶︎ 今回の話 アイミツでは、広告経由でアイミツサイトに訪れるユーザ向けにランディングページを運用しています。今回はランディングページの運用を最適化するために、Amazon S3にランディングページを移行した話となります。 ▶

            "爆速開発"を実現するアイミツ開発チーム

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 以前ブログで、FindyTeam+ Award 2022を受賞したことを書きましたが、今回はアイミツ開発チームの発足からこれまでの取り組みを紹介したいと思います。 ▶︎ そもそもユニラボはどんな会社か? 私たちは「受発注を変革するインフラを創る」というビジョンを掲げ、 「世の中から発注の失敗をなくし、多くの企業がよりよい受発注をできるようにする」ことを目指しています。そのために、アイミツ / アイミツC

            AWS Startup Loft 再開記念 Cocktail Party! に参加してきました!

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 11月24日に、2年半ぶりに再オープンした AWS Startup Loft Tokyoで開催されたCocktail Partyに招待いただきましたので、弊社から数名で参加してきました! ▶ AWS Startup Loftとは? ▶ オフィスから車で10分の距離 オフィス から AWS Startup Loft Tokyo までは車で10分もかからない距離でして、コロナが蔓延したあたりから閉鎖され

            【Findy Team+ Award 2022 受賞】エンジニア組織の生産性が高い企業として株式会社ユニラボが選出されました!

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 先日ファインディ株式会社から発表された Findy Team+ Award 2022 【 Small Div. 】(対象:エンジニア組織が50人未満の企業)にて、弊社が選ばれ、受賞式に参加してきました!表彰式は品川プリンスホテルで行われ、美味しいご飯に夕方から飲めるお酒は格別でした! ▶︎ 受賞したときの社内slackの様子 ▶︎ Findy Team+ Award 2022 とは ▶︎ Findy

            アイミツ開発チームの開発生産性をFindyTeams-DevOps分析してみた

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 弊社で導入している「Findy Teams」にて、開発生産性指標 ”Four Keys” を可視化・分析する「DevOps分析」機能の提供が開始されたので、計測結果をみていきたいと思います。 また下記記事にて Four Keys(記事中では キーメトリクス の名称) と企業分析結果について言及されておりますので、参考までに紹介しておきます。 ▶︎ 前回の記事 ▶︎ 他チーム(アイミツSaaS開発チー

            ユニラボ.incに入社して2年経過したので振り返る

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! ユニラボにjoinして9月で2年経過となりました。 去年も区切りのタイミングでブログを書いたので、振り返りを兼ねて今回も書いておこうと思います。 ▶︎ 去年の記事はコチラ▶︎ ユニラボにjoinして何を為してきたか携わってきたことを時系列に並べてみると、リプレイスに関するインフラ寄りの仕事がメインでしたが、現在はプロダクト開発のバックエンドを中心にやっています。各PJTについて簡単に振り返ります。 ▶

            GithubActions + CodeSnifferでコーディング規約を自動チェックする

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 直近で Larastan と reviewdog の導入をしたことをブログに書きましたが、 コーディング規約チェックも同様の仕組みを利用して、開発フローに組み込んでいきます。 コーディング規約 プログラミング品質を均質にするために定めるルールのことです。 チームで開発をするうえで、個々に好きな書き方をしてしまうと保守性や可読性の低下につながり、不具合が発生する要因になります。 PSR(PHP Stan

            GithubActionsでreviewdogを飼ってみた

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 前回の記事で、Larastan を導入し、NextActionで CIで実行することを掲げていましたので、今回は実際にそれに取り組んでみた記事になります。 ▶︎ 前回の記事▶︎ reviewdogreviewdog は、linterなどの実行結果をGitHubのプルリクエストにコメントしてくれるもので、PHPの静的解析ツールであるPHPstanの実行結果を渡すことで、静的解析した結果をコメントしてくれるよ

            Larastanで静的解析はじめます

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 他チームのLaravelを利用したプロジェクトでは、Larastan がすでに導入されているのですが、アイミツ開発チームでも この度 Larastan を導入する運びとなりました。 静的解析とは? コードを実行せずに行う検証を指し、コードの記述内容から構文チェック、未知のクラス、未知の関数、デッドコードなどを検知し、バグ発生要因を発見することができます。これによりシステムの保守性 / コード可読性の向上に

            【ユニラボ】輪読会始めました!「良いコード/悪いコード」で学ぶ設計入門

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 直近は、爆速でプロダクト開発を推進しています。 さて、みなさんはスキルアップをするとき、どのように勉強をするでしょうか?趣味で好きな言語でいじったり、個人開発したり、技術書籍を読んだり、カンファレンスや勉強会に参加したり、業務でペアプロやペアワークをしていくなど様々な方法があるかと思います。 私の場合、課題を解決できる技術書籍を読み漁ることが多いですが、1人だと詰まったり、続かないケースもありますよね。

            【ユニラボ】 爆速で価値を提供したい!アイミツプロダクト開発フローを紹介します!

            アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です!アイミツサービスは今年の4月下旬にリプレイスプロジェクトを完遂し、プロダクト開発を推進していける状態になりましたので、今どんなフローで開発しているのか?を説明していこうと思います。 ▶︎ 開発フローの全体像アイミツプロダクトのエンジニアチームは、お客様の要望や各部署からの要望、プロダクトロードマップで策定した施策の開発などを行います。 そのため、チーム外から知りたい情報(主に、この開発要項はいつ実装される