deliku@PRONI

unilabo .inc laravel / vue.js / AWS Backend…

deliku@PRONI

unilabo .inc laravel / vue.js / AWS Backend Engineer / SRE / Infra Engineer / なんでもやるマン output https://zenn.dev/deliku0306

マガジン

  • 【PRONI】テックブログ

    • 100本

    PRONI株式会社(旧 株式会社ユニラボ)のエンジニアが、当社が提供するBtoB受発注プラットフォーム「PRONIアイミツ」他サービスに関連する技術情報、開発現場の裏側、働き方やカルチャーについて発信しています。

    • 【PRONI】テックブログ

      • 100本

最近の記事

  • 固定された記事

10年弱続くサービスを1年でシステムリプレイスし、技術的負債を返却しました

アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 私も参画していた、去年の春から始動したアイミツサービスのリプレイスプロジェクトが4月下旬にリリースを迎えましたので、今回はその話をしていこうと思います。 ▶︎ アイミツとは日本最大級のBtoB受発注プラットフォームとして2014年にリリースしたサービスで、ユニラボにとってコアビジネスとなっているプロダクトです。 ▶︎ 技術的負債蓄積による当時の状況およそ技術的負債と向き合った方なら想像に難くないであろう

    • テックブログ100本突破記念 - テックブログを続ける理由について語ってみた

      アイミツ開発チームでエンジニアリングをしているdelikuです! この度、PRONIテックブログは 累計100本 に到達しました!初の大台に乗れたこと大変嬉しく思っています。この節目を機会にテックブログについて振り返りたいと思います! PRONIテックブログ投稿件数推移 なぜテックブログを続けるのか弊社はビジョン "受発注を変革するインフラを創る" 実現を目指す会社です。それを実現するためには "価値のあるプロダクト" を提供し続ける必要があり、それを形にする "エンジニ

      • AmazonQuickSightで、BigQueryにあるGoogleアナリティクス4データを分析してみた

        アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 直近、事業ロードマップ / プロダクトロードマップの達成に向けてアイミツ開発チームは編成が変わり、"社内ユーザー向き合いユニット" と "カスタマー向き合いユニット" に分かれ、それぞれのミッションを達成することにフォーカスしています。 私は "社内ユーザー向き合いユニット" に配属となり、データ分析をしている社内ユーザの作業コストの負を解消するべく、ダッシュボードの開発を行っています。今回紹介する内容

        • RedJourney 中村洋さんを招待して、“ユーザーストーリーマッピング” ワークショップを開催しました

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしているdelikuです! 今回は先日実施した「ユーザーストーリーマッピング」ワークショップの様子を書きたいと思います。 Red JourneyとはRed Journey にはプロダクト開発支援などで継続的にお世話になっています。Red Journeyの代表は、正しいものを正しくつくる、組織を芯からアジャイルにする、カイゼン・ジャーニー の著者でおなじみ市谷さんです。ユーザーストーリーマッピングのワークショップは同社の中村洋さんと一緒に

        • 固定された記事

        10年弱続くサービスを1年でシステムリプレイスし、技術的負債を返却しました

        • テックブログ100本突破記念 - テックブログを続ける理由について語ってみた

        • AmazonQuickSightで、BigQueryにあるGoogleアナリティクス4データを分析してみた

        • RedJourney 中村洋さんを招待して、“ユーザーストーリーマッピング” ワークショップを開催しました

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 【PRONI】テックブログ
          PRONI【公式】 他

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          2023年振り返り

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしているdelikuです! 今年1年を振り返りたいと思います。 アウトプットの振り返りブログについて 技術寄りの内容は zen、それが以外は noteという整理でブログを書き分けているのですが、notionに情報を蓄積するようになって、zen に投稿できていなかったなと思いました。notionは自分用のメモとして利用していたので zenをやめてnotionを公開していくのもアリだなと思いました。 投稿件数は、1本/月は投稿しようと思って

          2023年振り返り

          開発生産性と開発者体験の向上に取り組んできたことの振り返りとこれから

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしているdelikuです! この記事は エンジニア組織の開発生産性・開発者体験向上の取り組みをシェアしよう! by Findy Advent Calendar 2023 の10日目の記事です。 PRONI株式会社の紹介「受発注を変革するインフラを創る」をビジョンに掲げ、発注者と受注企業を適切にマッチングし、企業間取引の利便性向上に貢献する事業を展開しています。当社の事業目的は、経済活動の根幹ともいえる企業間取引に残る「不」を解消し、企業

          開発生産性と開発者体験の向上に取り組んできたことの振り返りとこれから

          輪読会始めました!「ゾンビスクラムサバイバルガイド 健全なスクラムへの道」から健全なスクラムを学ぶ!

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 弊社では不定期に輪読会が開催されるのですが、ついに第三弾を迎えました! 以前開催した輪読会今回開催する輪読会書籍 目的 PRONIでは、PRONIアイミツ(役務)、PRONIアイミツSaaS、PRONIアイミツメンバーズと3プロダクトを提供しており、プロダクト開発チームが分かれていますが、全チームでスクラムを採用しています。なお、スクラムを採用した背景は下記ブログを読んでいただければと思います。 一

          輪読会始めました!「ゾンビスクラムサバイバルガイド 健全なスクラムへの道」から健全なスクラムを学ぶ!

          LayerX Casual Night に参加してきた

          PRONIアイミツ開発チームで、 エンジニアリングをしている deliku といいます。 先日 LayerX  のイベントに参加してきたので振り返りをしつつ、LayerX Casual Night に興味がある人の背中を押すきっかけになれば良いかなと思ってブログにかいておきます。 イベント概要参加するきっかけここ数年弊社ではスクラムでの開発を行っていますが、改めて「なぜスクラムなのか」「スクラムはHowであり目的を達成できているだろうか」「やっている内容は過不足ないだろう

          LayerX Casual Night に参加してきた

          【朗報】Amazon ECSが予測不可能な負荷のスパイクに対するアプリケーションの回復性を向上!

          PRONIアイミツ開発チームで、 エンジニアリングをしている deliku といいます。 先日AWSからECSの新機能の発表がありました。個人的にものすごく有難いアップデートだったので、テックブログを通してまだ知らない人の手助けになればと思って書いています。 なぜサービス中断が引き起こるのか。Amazon ECS はスパイクアクセスなどの予測不可能な負荷急増によりサービスの中断を引き起こす可能性がありました。 具体的には下記のようなケースがあります。 Applicatio

          【朗報】Amazon ECSが予測不可能な負荷のスパイクに対するアプリケーションの回復性を向上!

          ベストプラクティスから学ぶ!Four Keys向上へのトライ~夏の開発生産性LT Week~ でLTしてきました

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 先日、Findy 主催の" 夏の開発生産性LT Week" のトップバッターとしてLTしてきました! 夏の開発生産性LT Weekとは?ハッシュタグ#開発生産性_findyイベントハッシュタグは、#開発生産性_findy となっており、toggeterでまとめを見ることができます。 登壇資料▶ 【PR】ユニラボ に興味がある方へ今回の記事を読んでユニラボに興味を持っていただけた方は、まずはカジュアル面談

          ベストプラクティスから学ぶ!Four Keys向上へのトライ~夏の開発生産性LT Week~ でLTしてきました

          【ユニラボ】輪読会始めました!「組織を芯からアジャイルにする」からアジャイルの本質を学ぼう

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku です! 直近では2ヶ月近く携わっていたプロジェクトが無事リリースされてひと段落しているところです。 以前開催した輪読会以前下記書籍を利用した輪読会を社内で実施しましたが、今回はタイトルにある通り、"アジャイル" について学ぶ勉強会を開催しています。 今回開催する輪読会書籍 なお著者の市谷さんは、個人的にX(元Twitter)でフォローしており、普段からアジャイルについ情報をキャッチアップさせていただいています

          【ユニラボ】輪読会始めました!「組織を芯からアジャイルにする」からアジャイルの本質を学ぼう

          開発生産性Conference 参加レポ

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku といいます。 本日下記イベントに参加してきました。カンファレンス会場が日本橋で自宅からアクセスしやすく有り難かったです。 開発生産性Conferenceとは?なぜ参加したのか下記ブログで開発生産性を向上し続けたい想いを書いており、今もそれは変わらず、ユーザに価値を素早く提供し続けるために重要だと考えています。 カンファレンスに参加することで他社事例から弊社で活かせるものがないか情報収集をしたく参加しました。 【

          開発生産性Conference 参加レポ

          仮説検証型アジャイル開発を行うアイミツ開発チームの技術的負債への向き合い方

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku といいます。 以前開発チームの取り組みについて下記ブログで紹介しましたが、今回はより具体的な開発フローについて紹介したいと思います。またタイトルにあるとうに技術的負債を蓄積しないように考えていることもお伝えできればと思います。 爆速開発を実現するアイミツ開発チーム仮説検証型アジャイル開発とは仮説検証型アジャイル開発とは、ユーザーのニーズを理解し、プロダクトがユーザーにとって価値のあるものかどうかを検証しながら、

          仮説検証型アジャイル開発を行うアイミツ開発チームの技術的負債への向き合い方

          [GitHub Actions]GitHub-hosted Larger Runnersを試してみた

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku といいます。 クラスメソッドさんの記事を見て、大規模ランナー(GitHub-hosted larger runners)が一般提供開始(GA)されたことを知ったので、早速試していきたいと思います。 GitHub-hosted Larger RunnersとはGithub ホステッドランナーはGitHub Actions ワークフローでジョブを実行するマシンです。これまでは利用できるランナーのスペックが十分とは言

          [GitHub Actions]GitHub-hosted Larger Runnersを試してみた

          社内で使われているSlackの人気絵文字を調査してみた

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku といいます。 弊社ではリモートワークで働く人も多く、コミュニケーションはSlackを普段活用しています。そこで今回皆さんが使っている絵文字について調べてみました。 集計対象Publicチャネル 各チャネル直近1000件のメッセージ メッセージに付与された絵文字をカウント 集計方法Slackが提供する下記APIを利用し、チャネル毎のメッセージ情報を取得して集計を行いました 会話のメッセージとイベントの履歴

          社内で使われているSlackの人気絵文字を調査してみた

          スクラムガイド2020を読んで、自分たちのスクラムを振り返ってみた

          アイミツ開発チームでエンジニアリングをしている deliku といいます。 スクラムガイド2020を読み直して、改めてスクラムとは何か、何を達成したいのか、自分たちが行っているスクラムを振り返ってみました。 スクラムとはスクラムガイドとはスクラムガイドは、スクラムの公式知識体系です。定義、理論、価値基準、チーム、イベント、作成物の章に分かれて説明しています。スクラムを実践する際は、このガイドを読むことを推奨します。 スクラムの3本柱3本柱とは「透明性」「検査」「適応」の

          スクラムガイド2020を読んで、自分たちのスクラムを振り返ってみた