4コマ漫画:モルディブ大統領専用の船

世界中のドメインがある島を巡るどめいん探検隊の裏話を4コマ漫画化。
今回はモルディブで大統領専用の船を発見。そこでオタク社長のいつものウンチクが・・・

最後の「聞いてない 誰もそこまで 聞いてない」はどめいん探検隊が所属するインターリンクが毎年開催している「あなたが選ぶオタク川柳大賞」第4回ネ申作品。
https://www.575.moe/four/

どめいん島巡りはこれからも「誰もそこまで

もっとみる
ありがとうございます♪隔週金曜更新!
18

あの旅があったから今がある。初心者、海外移住、パパ、多様なサーファー達で思い出のサーフトリップを記事に綴りました

「サーフトリップ」最高のサーフィンの楽しみ方かもしれない!?
そんなトリップの思い出を綴ったマガジンを作成しました。サーフィンの休憩中や、次のトリップの行先を考えるときにでも読んで貰えると嬉しいです。

▷ マガジンの目次

★ 初日に最高の波に出会ったが出鼻を挫かれたサーフトリップ
★ メディアには絶対に載らない、“アナザーサーフパラダイス”
★ サーフトリップ:バイロンベイは天国
★ リゾート

もっとみる
あなたの記事も拝見させてもらいます✨フォローもしてくれると嬉しいです!
10

リゾート客しかサーフィンできない混雑とは無縁の島|モルディブ フドゥランフシ(ロヒス)

混雑とは無縁の夢のようなサーフアイランド、モルディブ フドゥランフシリゾートのハウスリーフにある『ロヒス』ポイント。

45名限定で、リゾートの宿泊客しかサーフィンができない、Nobody Surfingが楽しめる島なんです!

この最高のサーフアイランドをサーフトリップの思い出話とともに紹介したいと思います。

▷ 『ロヒス』ポイントの楽しみ方

『ロヒス』はハウスリーフにうねりがヒットし綺麗な

もっとみる
あなたの記事も拝見させてもらいます✨フォローもしてくれると嬉しいです!
21

モルディブ入国規制緩和!①入国の手続き

ついに朗報!

モルディブが7月15日から入国規制を緩和しました!しかし出入国にあたって新しいルールやリゾートごとに違うルールがあったりしますので今回は入国前の手続きについて解説していこうと思います!※7月27日現在

入国前の手続き

まずモルディブ入国にあたり自国でPCRテストを受ける必要はありません。ただし出国の24時間前までにモルディブ入国管理当局の特設サイト「IMUGA」に自身の氏名、宿

もっとみる

ベランダ掃除で脳内リゾートトリップ

2020/07/26
今朝も雨音で目が覚めた。今にも降り出しそうな黒い低い雲が迫っている。長女を駅まで送った後、駐車場から戻る時にまた雨が降り始めた。何だよ、今日も梅雨空か?と朝食を食べ終え、テレビを見始めると、ガンガンに陽射しが差し込んで来た。かみさんが笑顔で話しかける。「パパ、ベランダ掃除頑張って!」

夏用のマウンテンハットをかぶり、カンカン照りのベランダに飛び出した。刺すような陽射しを全身

もっとみる

超高速機内食

飛行機の楽しみと言えば、機内食。

狭くて窮屈なエコノミーの旅では、数少ない癒しの時間なのです。といっても、エコノミーの機内食でこれは美味しいというものに出会うのも難しいですが。

スリランカ航空で、スリランカ・コロンボからモルディブ・マーレまで、1時間ちょっとの短いフライトです。
この路線、国際線だからでしょうか、ちゃんと機内食が提供されます。それは、お世辞にも美味しいとは言えない物体で、しかも

もっとみる
ありがとうございます!
2

リゾートホテルレビュー:#03-Gili Lankanfushi (Maldives)

ギリ・ランカンフシは、元々「ソネヴァ・ギリ」と言う、シックスセンシズの上級カテゴリのホテルだったのですが、2012年に売却され、ソネヴァブランドではなく、ギリ・ランカンフシとなりました。
ずっとソネヴァ・ギリの事は知っており、一度行ってみたいと思っていましたが、なかなか行く機会が無く、ようやく最近行くことができました。
さぞかし、シックスセンシズのカラーは、どう変わったのだろう?と思いつつ行きまし

もっとみる

モルディブの伝統料理

今回もモルディブ。

海外に行くと、現地の食事が合うか合わないか、これがとても重要なんです。
特に、私のような胃腸の弱い人間にとっては、最重要課題。

スリランカ、インド、バングラデシュ。
仕事で訪れる機会のある国々は、ほとんどがカレー文化。現地のカレーが楽しみで…と言う方もいるでしょう。
食事は、国や地域、人々にとって大切な文化。尊重して然るべきものです。

しかし胃腸脆弱で、機内食でも「辛くな

もっとみる
ありがとうございます!
2

モルディブはよく「モルジブ」と呼ばれるのだが、誰かモルディブ風の治部煮=「ディブ煮」を作ってくれないだろうか。😉

市街地とリゾートが完全に分離している国、モルディブ|Junichi Shinoda_Linear Inc_Japan https://note.com/linearinc_japan/n/n28e75851b5d1

For the Sophisticated People...😉❤
7