プロセスエコノミーの履修条件

プロセスエコノミーの履修条件

昨日のnoteから一夜、取り上げたイベントの運営メンバーとLINEで話をし、バイトをして今に至る。 引き続きクラウドファンディングはされているので是非支援のご検討のほど、よろしくお願いします。 さて、昨日の記事でも触れていた「プロセスエコノミー」の概念について先輩からどんなものなのか聞かれることがあったので少し考えてみた。 ざっくり言うなれば、過程を売るという考え方になる。 今は流行っているのかよく分からないけど、NiziUとかがそれになる。 女の子たちがアイドルを

スキ
8
99%の会社はいらない(メモ)

99%の会社はいらない(メモ)

箇条書きメモです↓個人的に刺さった 2016年労働人口は6396万人。そのうち8割は雇用者。 高度経済成長期のルートの方が稀。 日本では市民革命が起こってない。明治維新は下級武士が西洋の革命後の制度をそのまま導入したこと。 ゆえに哲学がない。 世界で最も成功した社会主義国だと言われている。 高校まではエースで4番が賞賛、プロでは二刀流が批判。 異端の技術者や経営者が疎まれる。 仕事は教えてもらうものでなく、勝手に真似して、改良していくもの。 積読の人が多い。

スキ
4
本音で生きる

本音で生きる

30秒で読める本紹介!今回の本はこちら👇 読んでいくうちに、行動したい!!と促してくれるモチベーション本です! 読むことで新しい価値観や知識を 受け入れ、今の自分より一歩 成長できるチャンスになると思います! チャンスを逃すなっ

スキ
5
02/03 大の大人が金かけてバカ騒ぎするからエンタメは面白い

02/03 大の大人が金かけてバカ騒ぎするからエンタメは面白い

写真は2年前のホリエモン万博2年前は六本木で2日間開催されたホリエモン万博に両日とも行きました。 確か18000円のチケットを購入したのですが、トークショーで座席が確保されるとか、中で使えるコインが多くもらえるとかで、意外とバックされるものがあってお得感を感じたので高い気がしませんでした。 六本木にあるいくつかの会場をホリエモンがひっきりなしに移動して、また仕掛けられたエンタメも豆まきやらボクシングやらお酒の品評会とか、とにかくやりたいことを詰め込んでワイワイガヤガヤ、大人の

スキ
3
HIUの変化と進化

HIUの変化と進化

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
23
「ホリエモン」堀江貴文現象とはなんだったのか、なんなのか

「ホリエモン」堀江貴文現象とはなんだったのか、なんなのか

現在目下炎上中の堀江貴文こと「ホリエモン」とはなんなのか。人気者の有名人なのか、元起業家のおじさんなのか、前科一犯の犯罪者なのか、日本のインターネッツが生み出した「怪物」なのか……。 ある意味ですべてがそれぞれ少しずつ正しさのスペクトラムを持ち、見る人の求める像を結んで七色以上に輝きを放ち続ける、日本においてほかにないエンターティナー、それこそが堀江貴文ことホリエモンであります。その来歴を少し掘り下げて見ましょう。 まず彼は東大起業家として「金八先生」のような奇っ怪な風貌

スキ
3
ミュージカル HIU版 クリスマスキャロル ドキュメント 第二十話(最終話)「団円」

ミュージカル HIU版 クリスマスキャロル ドキュメント 第二十話(最終話)「団円」

AM10時頃、そこそこ体力も取り戻した俺は、ホリエモン万博の会場の様子を見て回ってみた。 一階に上がってみると、昨夜は判らなかったが、このフロアでもホールに色々なブースが展示されていた。お客様の入場も始まっている。 我々のステージは地下一階のメイン会場。壁沿いには幾つもの飲食ブースが立ち並んでいる。一日を通してHIUに縁の有る豊富な種類の食材の数々をここで買い求め楽しめるのだ。 我々からすると、演じている最中にも食を求めたざわつきを覚悟しなければならないと言う事だ。 舞台

スキ
5
ミュージカル HIU版 クリスマスキャロル ドキュメント 第十九話「臨界」

ミュージカル HIU版 クリスマスキャロル ドキュメント 第十九話「臨界」

しかし、まぁ、何ともでかい箱だ。 ホリエモン万博2020は、幾つもの会場に分かれ、様々なコンテンツが催されていた。 我々の舞台の場所は、万博のメイン会場となっているベルサール六本木と言うイベントホールの地下大ホールで、入れようと思えば1,000人位は楽に入れるだろう。 ゆとりを持って配置されてはいるが、組まれているのはざっと300席程だろうか。天井も高い。 素人のキャスト達だけでこんなところでミュージカル舞台を演じるとは。やはり普通なら有り得ない事だ。 度を越したバカさ加減

ミュージカル HIU版 クリスマスキャロル ドキュメント 第十八話「一意」

ミュージカル HIU版 クリスマスキャロル ドキュメント 第十八話「一意」

その時のたっちゃんにしてみれば、「話が違う!」どころのものでは無かったかもしれない。しかし、そのたっちゃんにしたって、最初に稽古場に来た頃からすれば、この時点で確実に変化はしていたのだ。 『演じると言う事に対する心構え』 稽古時間の少なさ故のハンディは仕方が無いにせよ、間違いなくそれは彼にも有るのだ。 とにかくだ。後はたっちゃん自らで何とかして貰うしか無い。 何はともあれ、遂にキャスト全員が初めて揃ったのは1月30日。驚くなかれ、稽古最終日だ。 誰もが到底満足がいく程の

スキ
1
ミュージカル HIU版 クリスマスキャロル ドキュメント 第十七話「窮場」

ミュージカル HIU版 クリスマスキャロル ドキュメント 第十七話「窮場」

また、物語の終盤でロバートは、なほが演ずる妻に言う。 「父方の親戚が言うにはね、ボクの母は、おじさんにすごく愛されていたって」 「別れてしまった婚約者の事も、本当はとても愛してたみたいだし」 俺は、この台詞から逆算して、少年スクルージと妹ジャニスのシーンや、過去のケイトと対面する場面の演技を考えてみた。 ロバートを見送る場面と同様に、舞台を観ている人たちに向けてスクルージの人間味を滲ませなければならない。 たとえそこ迄は叶わないにしても、少なくともこれらのロバートの台詞が、

スキ
1